« 庶民の店で麺2種 | トップページ | 瑞豊夜市も撃沈 »

2017年3月 7日 (火)

駁二芸術特区

Kt0930

<謎のオブジェ>K-7/DA21mm

これまで長らくB級グルメと宿の話ばかりでしたが、久々に観光スポットの話です。

昼食後、MRTを乗り継ぎ駁二芸術特区に行きました。最寄り駅はこれまた読めない書けない文字で、MRT紅線の美麗島でMRT橘線に乗り換え、終点西子灣のひとつ手前です。ちなみに高雄のMRTの車内放送では主要駅で日本語が流れます。ま、パリのメトロでも日本語アナウンスがあるくらいだから、これくらいで驚いてはいけません。

ここは高雄港の使わなくなった倉庫群をリノベーションしてショップや映画館、カフェなどに転用したところです。

倉庫群は3つのエリアに別れていますが、道路を渡れば簡単に行き来できます。

Kt0949

<蓬莱倉庫>K-7/DA21mm

ここにはミニトレインが走っています。お子様専用かと思ったら、けっこういい大人も楽しんでいます。

8の字を描くように線路があります。列車は2タイプありました。これは新幹線ですが、驚くことはございません。すでに台湾では高鐵(台湾高速鉄道)という新幹線の技術と車両を導入したものが運行されています。

Kt0923

<壁画アート>K-7/DA21mm

こちらは台鐵の自強號かな。

Kt0956

<SL>K-7/DA21mm

蓬莱倉庫は打狗鉄道故事館とも接しています。「打狗」は高雄の旧名称。「ダアゴウ」のように発音するようです。つまり日本人が「たかお」と呼んでいたものに台湾語の読みの文字を当てたものです。

Kt0973

<旧高雄港站>K-7/DA15mm

ここに鉄道博物館のようなものがあるのは、2008年まで臨港線が走っていて、ここに高雄港站が存在したのです。

その広大なバックヤードを利用したところです。この日は一番晴れていて気持ちがよかったです。それにしても、台湾は使わなくなったところを上手く活用しています。

Kt0991

<巨大オブジェ>K-7/DA15mm

広大な敷地にはあまり鉄道と関係ないオブジェも置かれていました。でも、台湾の人はこういうものを自然と受け入れていますね。

Kt1015

<台湾のガンダム>K-7/DA15mm

大有倉庫へと足を延ばしました。最も港が近いところです。

Kt1046

<赤いモンスター>K-7/DA15mm

必然性がないんですが、何気なく置かれています。

Kt1047

<手にモップ>K-7/DA15mm

こちらは台湾人の遊び心かな。

この2つのオブジェの背後にフェンスがありますが、ここはまだ工事中なんです。何を工事しているのかというと、LRT、ライトレールがここを走るのです。一部区間はすでに運行しているようですが、そろそろ開通のニュースが聞こえてきてもいい頃かも。

そのLRTですが、なんとエコシステムで、架線はありますが、走っているときはパンタグラフを降ろし、停車中にパンタグラフを上げて急速充電するシステムです。ブレーキのエネルギーも蓄電するらしいですよ。つまり、電気自動車と同じ。

Kt1055

<放水壁画>K-7/DA15mm

あたりがずぶ濡れですが、ランダムに放水する子供の壁画です。こういうものを作ってしまうと何かともの申す今の日本ではすぐに撤去されそうですけど。

ここでカフェに入るとか、なんにも目的なしで訪れたんですが、かなり楽しめました。オススメの観光スポットです。

今日の台湾人

Kt1086

<瓶釣り>K-7/FA50mm

世界でも有数のIT産業の集積地でありながら、夜市ではこんな単純なゲームも行われています。

それに挑戦する大の大人。まだまだ台湾には純情とかピュアな部分が残されていますね。

|

« 庶民の店で麺2種 | トップページ | 瑞豊夜市も撃沈 »

923t South Taiwan」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

コメント

来月急に高雄に行くことにしたので現在情報収集中。
この芸術特区、行く価値ありですか。
ところで「打狗」と「たかお」。最近お勉強したところによると原住民が「ダーゴウ」と呼んでいたのに漢民族が「打狗」と当て字、あまりに字面が悪いと言うことで日本人が音の似ている「高雄」と改名、今はその漢字を中国風に読んで「カオシュン」になっているそうです。
漢字って面倒なんだか便利なんだか。

投稿: Lunta | 2017年3月 7日 (火) 23時52分

モップのおじさん
どうやって絞ろうか?と悩んでいるみたい
脈絡がない展示ですが
とても面白い

投稿: trintrin | 2017年3月 8日 (水) 08時16分

sun
Luntaさん、こんにちは。
来月ですか。
ワタクシは行く価値はあると思います。
何がといわれても困りますが、何となく和むんです。
「打狗」の解説、フォローありがとうございました。
やっぱりこれじゃ、身も蓋もありませんし。

投稿: ヒョウちゃん | 2017年3月 8日 (水) 21時36分

boutique
trintrinさん、こんにちは。
まだ作りかけって感じですね。
完成したらどんな風になるか気になります。
カフェなどもあるんですが、台湾人が大挙して入っているので、ちょっと二の足を踏むんですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2017年3月 8日 (水) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/64985040

この記事へのトラックバック一覧です: 駁二芸術特区:

« 庶民の店で麺2種 | トップページ | 瑞豊夜市も撃沈 »