« 99バーツ食べ放題 | トップページ | 辛さに挑戦、ガパオタレー »

2017年11月22日 (水)

ウドンのゲストハウス

Bi1417

<Surada Guesthouse>KP/DA18-50mm

ウドンタニーで泊まったのはここです。スラダ・ゲストハウス。1泊1600円程度でした。

このすぐそばに線路があるのですが、ほとんど列車が来ないので静かなものです。こうしてみるとゲストハウスというよりごく普通の民家ですね。

Bi1557

<共用スペース>GR DIGITAL

ソファーの後ろがフロントです。お湯の入ったポットが置いてあり、インスタントコーヒーと紅茶はいつでも飲むことができます。

ここに到着してトゥクトゥクドライバーの写真を撮っていたら、宿の人に出迎えられてしまいました。家族経営ですね。

お金を扱うのはおばあさんでしょうか。その補助でハウスキーピングなどを行うのがその娘。と、いってもおばさんです。さらにはゲストに英語対応をするのが孫娘。といっても、結婚しているようで子供もいました。

でも、みんなわかりやすい英語で対応してくれます。

Bi1562

<朝食スペース>GR DIGITAL

なんと、朝食付きでした。なんとおおらかな朝食タイムでしょうか。

Bi1560

<朝食>GR DIGITAL

まあ、できるのはトーストと目玉焼きにサラダだけですが、心遣いが嬉しいです。飲み物は共用スペースから自分で運びます。ここにジャムやバター、調味料も運んでくれます。

Bi1772

<調味料>GR DIGITAL

右側に見えるのはワタクシの部屋の鍵です。鍵のデポジット、200バーツですが、もちろんチェックアウト時に返却されます。

この鍵はチェックアウトまで自分で管理します。夜、入口を閉めてしまいますので、入口の鍵も付いています。

Bi1410

<部屋>GR DIGITAL

セミダブルベッドが2台。カーテンが掛かっているのがわかると思いますが、仕切りが全部ガラス戸なんです。閉めないと丸見えになってしまいます。

でも、部屋には外に面した窓がありません。もちろんエアコンもありますがタイル張りだし、全体的にひんやりしているんです。

Bi1411

<反対側>GR DIGITAL

ほぼホテルと変わりませんね。ただ、まともな机がありません。ブログの更新などはベッドサイドの小さいテーブルを使いました。写っていませんが小さい椅子もあり、それをベッドサイドに運びました。

Bi1412

<広々>GR DIGITAL

カーテンとかはないのですが、トイレとシャワースペースは壁のようなものでしっかりと区切られています。ゲストハウスですがもちろんお湯はふんだんに出ます。

Bi1416

<洗面台>GR DIGITAL

ラオスのゲストハウスなどは蛇口をひねると蛇口ごとひねった方向に回転する情けなさですが、ホテル並みですね。ここも狭苦しい感じがまったくありません。

2日目、外出から戻ると、「タオル替えますか?」ときいてくれました。もちろん交換してもらい、その場で簡単な掃除もやってもらえます。

客室がいくつあるのかわかりませんが2階にも部屋があるようでした。また、えてしてゲストハウスではとんでもない客がいることもありますが、ここはゲストハウス一家の人柄なのか、本当に静かでした。

朝、朝食を外で食べていると、ロットゥのようなミニバンが横付けされました。するといったいいままでどこにいたのか、10人ほどの集団が乗り込みます。ファランなどではなくタイ人風でした。

よくよく考えてみると、ラオスからここにダイレクトにやってきて、1泊。そしてウドンの空港からバンコクへ行くラオス人なのではないかと。

ちょっと気に入った宿でした。またウドンに行くことがあったら、泊まってみたいですね。やや中心部からは外れていますが、駅と第1バスターミナルまでは徒歩圏内です。

今日のコンタイ

Bi1758

<合唱中の大学生>KP/DA50-200mm

母の日イベント。動画で紹介した大学生ですね。各自手にはイベント用のろうそくを持っています。

でも、高校生くらいにしか見えませんね。

Bi1767

<ろうそく>KP/DA18-50mm

ちなみにこんなやつでした。

|

« 99バーツ食べ放題 | トップページ | 辛さに挑戦、ガパオタレー »

Hotel」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

924t Isan & Bangkok」カテゴリの記事

コメント

家庭的でいいですねここ
机が欲しいところですが、ベッドに座って寄りかかれるといいんですがね
300バーツに値切ったらダメかな(^^ゞ

投稿: kimcafe | 2017年11月23日 (木) 23時17分


kimcafeさん、こんにちは。
ここはagodaで取りましたが、当たりでした。
別のところでは、椅子にパソコンを置いて、床にべたっと座り込んで作業したこともありました。
次の旅ではウドンに寄るんでしたっけ?
行かれたなら、是非とも立ち寄ってみて値切ってみてください。

投稿: ヒョウちゃん | 2017年11月24日 (金) 20時51分

ホテルというよりは民泊って感じですね。多少の不便をがまんすれば、たまにはこういうところで泊まるのもよさそうですね。

投稿: とんび | 2017年11月26日 (日) 13時44分


とんびさん、こんにちは。
そう、ここは比較的ゲストハウス一家との距離感が近いですね。
通りまで出れば大衆食堂もあるんですが、リスもやってくるような庭で朝食を取れるなんてことも、めったにないので、朝食付きでもよかったです。
ここ、お勧めします。

投稿: ヒョウちゃん | 2017年11月26日 (日) 16時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウドンのゲストハウス:

« 99バーツ食べ放題 | トップページ | 辛さに挑戦、ガパオタレー »