« 白いスープのカリーミー | トップページ | 極楽寺のふもとでアッサムラクサ »

2018年1月 7日 (日)

お粥食ってバンコクへGO

年末年始のマレーシア旅行で盛り上がっているところ、水を差すようですが、夏の旅レポも忘れちゃなりません。更新頻度を上げていきますのでよろしくです。

Bi2396

<托鉢>GR DIGITAL

アユタヤのホテルは朝食が付いていませんので、外に食べに行きます。

駅前には朝食用の屋台が出ているのですが、僧侶たちが托鉢を行っていました。こういう場所で行うと便利ですよね。確実に食べ物をゲットできますし。まわる屋台も決まっているんでしょうね。

Bi2392

<お粥>GR DIGITAL

お粥の屋台に入りました。砕かれて売り物にならなくなった米を形がなくなるまで煮込んだ、ジョークというものです。

Bi2393

<具>GR DIGITAL

半熟卵に豚肉のミンチ、ネギにショウガです。胡椒のようなものが卵にかかっています。豚肉は完全にできあがっていないルークチン風でもありました。

Bi2394

<トロトロ>GR DIGITAL

どうです?この煮込み具合。お粥じたいには味が付いていないので、具と一緒に食べるのがいいでしょうね。

これで、20バーツです。美味かった。安いのもいいですね。

実はこの前日もお粥を食べているんです。お粥屋台がなぜか2軒並んでいるんですね。

Bi2165

<前の日のお粥>GR DIGITAL

こちらも20バーツでした。お粥には何も入っていません。別皿で漬け物のような野菜が付きました。

こちらは米を煮崩さないカオトムでしょうか。

個人的にはあとで食べたジョークの方が美味しかったです。

さあ、最終目的地のバンコクへ列車で向かおう。

今日のコンタイ

Bi2388

<老僧の托鉢>GR DIGITAL

アユタヤの托鉢ですが、この僧侶だけ椅子に座ってお経を唱えていました。横着してるのかなと思いましたが、前方に回り込むと相当な老人であることがわかりました。

もっと若い僧侶が頑張ればいいのにと思うのですが、ありがたいお経はこのあたりの年齢でなくてはダメですかね。

|

« 白いスープのカリーミー | トップページ | 極楽寺のふもとでアッサムラクサ »

Food」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

924t Isan & Bangkok」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お粥食ってバンコクへGO:

« 白いスープのカリーミー | トップページ | 極楽寺のふもとでアッサムラクサ »