« 南のイムちゃん | トップページ | 史上最高のソムタム »

2018年1月23日 (火)

蝋人形の館@バンコク

-Bi2518

<お出迎えのトム・クルーズ>KP/DA18-50mm

この日は降ったりやんだりの雨模様で、一度は行ってみたかったマダムタッソー蝋人形館に出向きました。場所はサヤームディスカバリーの6階です。

ちなみにトム・クルーズは6階ではなく、BTSと直結するフロアの案内所にいます。料金990バーツ。高いです。

Bi2747

<マハトマ・ガンジー>KP/DA18-50mm

まずは世界の政治的指導者から。故人もかなりいます。

Bi2752

<毛沢東>KP/DA18-50mm

この辺りはだれが見てもまあわかります。蝋人形はさすがによくできていて、そっくりです。…といっても、個人的にはお会いしたことがないので、本当にそうなのかという感じもあります。

Bi2762

<ダライラマ>KP/DA18-50mm

マダム・タッソーはフランス人なんですが、ロンドンの蝋人形館が元祖ですね。日本ではお台場にあるそうです。アジアでは香港のヴィクトリアピークにあります。ロンドンでも香港でも入場してみたかったのですがものすごい行列で諦めました。バンコクは空いていますよ。並ばなくてもいいです。

Bi2768

<プーチン>KP/DA18-50mm

政治的指導者や王室の人物なんですが見事にタイ人はおりません。いや、いたかもしれませんがわかりませんでした。タイだとラーマ9世あたりが出てきそうですが、やっぱり不敬罪に当たってしまうんですかね。また、軍事政権なのに、タクシンやインラックを陳列するってのも具合が悪いですね。

Bi2770

<オバマ夫妻>KP/DA18-50mm

このご時世ではやっぱりトランプ大統領だろうと思うのですがなぜかこの人が。間に合わないってことでしょうか。

Bi2800

<唯一わかったタイ人>KP/DA18-50mm

カオサイ・ギャラクシー。ボクシングWBAスーパー・フライ級の元王者で、19回の防衛に成功したタイの英雄です。

Bi2797

<タイガー・ウッズ>KP/DA18-50mm

この人はタイ人とのハーフです。まあ、そうでなくても普通あるでしょう。

Bi2819

<芸能部門>KP/DA18-50mm

パンチ・ウォラカン・ロジャナワットさんあたりいるかなと思いましたが、いません。左、マドンナ。右、レディ・ガガ。タイの俳優や歌手はいたのかもしれませんが見事にわかりませんでした。カラバオくらいあってもいいと思いますが。

Bi2785

<マーク・ザッカーバーグ>KP/DA18-50mm

Facebook創設者。世界的には有名かもしれませんがタイではどうなんだ?日本のマダムタッソーには壇蜜がいるそうですが、そうだとすると孫正義やホリエモンあたりも置いとかないと。

Bi2856

<タッソー夫人>KP/DA18-50mm

入場者は圧倒的に外国人ばかりです。当然自国の有名人を前にツーショット写真を撮るわけで、これらの写真を撮るのにもかなり時間を要しました。

中国人も多かったですが、インド人が意外に多いんです。蝋人形だけじゃなくて蝋人形にまつわる簡単なゲームを楽しめるところもあって、そこで真剣にゲームに興じてしまうのがインド人でした。写真が撮れねーつーに。

かつてロンドンにはマダムタッソー別館としてロック・サーカスというものがありました。そこではビートルズにローリングストーンズ、ロッド・スチュワートなんかがいましたけど。それら、まったくありません。マイケル・ジャクソンはありました。

まあ、結構いい時間つぶしにはなりましたけど。

今日のコンタイ

Bi2661

<アマチュア>KP/DA18-50mm

プラトゥーナム付近。伊勢丹の反対側あたりです。

多分、この人がやりたいことは、手前のバケツにコインを入れてもらい、機械仕掛け的な動きを披露することでしょう。

でも、扮装が動物的だったり機械的だったりせず、なんか人間臭いですね。ヨーロッパのこの手のパフォーマーは凄いですよ。

|

« 南のイムちゃん | トップページ | 史上最高のソムタム »

People」カテゴリの記事

924t Isan & Bangkok」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
タッソー夫人の髪型が盛りすぎだ~
もうひと盛り上にしたらアントワネットさまに
なってしまいそう

投稿: trintrn | 2018年1月24日 (水) 08時25分


trintrinさん、こんにちは。
タッソー夫人、結構前にお亡くなりになってます。
こういうヘアスタイルの人、いることはいましたね。
ン10年前、自分の関係するところでも、たまに現れる人がいました。
その度に話題になっていましたです。<ヘアスタイル。
エクステンションってことも考えられます。

投稿: ヒョウちゃん | 2018年1月24日 (水) 20時23分

タッソー夫人はフランス革命の時代にフランスからイギリスに逃げた人で、ギロチンにかけられた人の首を蝋人形にしたのが始まりだったかと。
子供の頃、ロンドンの蝋人形館にギロチンの場面があって、これがしばらくはトラウマでした。
そんな所に子供を連れて行く親に問題アリですよね。

投稿: Lunta | 2018年1月24日 (水) 21時02分


Luntaさん、こんにちは。
タッソー夫人、そんな前の人でしたか。
ヘアスタイルも納得ですね。
Luntaさん、ロンドン育ちでしたか。
バンコクのはかつては王室関係の展示室があったようです。
いまや、軍事政権なので多分クレームついて、なくなったみたいですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2018年1月24日 (水) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蝋人形の館@バンコク:

« 南のイムちゃん | トップページ | 史上最高のソムタム »