« 極楽寺のふもとでアッサムラクサ | トップページ | これがパッセムブールだ! »

2018年1月10日 (水)

チュラロンコン大学のフードコート

深夜特急の足跡を追うVol.29

Bi2478

<チュラロンコン大学>KP/DA18-50mm

バンコクに舞い戻りました。バンコクには4泊することになります。前半のバンコクではタマサート大学に行ったので、チュラロンコン大学に行くことにします。

深夜特急の中で、沢木耕太郎氏はシープラヤー通りのタイ人向け旅社に泊まりしばしば、チュラロンコン大学の学生食堂で食事をしたという記述がみられます。

宿のあるプロンポンからサヤームに出ます。サヤームスクエアを抜けると校舎が見えてきます。2015年の年頭、やはりチュラ大の学生食堂に向かったことがあります。その時はあまりにも学生食堂にこだわりすぎて、大学の中ほどにある門から入り込もうとしましたが、ほぼすべての門が閉まっていてミッション・インポシブルだったのです。

Bi2481

<フードコート>KP/DA18-50mm

門を入り、すぐに購買部のようなところにたどり着きました。なんか普段着の人たちが買い物をしています。学生向けのはずですが、ほかで買うよりちょっと安いからか、いろいろな人が利用しています。

そこを抜け階段を降りるとすぐにフードコートにたどり着きました。ここも一般人であふれかえっています。購買部もフードコートもいってみれば業者が入っていますから、たくさん売れれば細かいことはいわないですね。マイペンライでございます。

まだ、朝食を食べたばかりなので構内を歩き回ります。

Bi2484

<健康器具>KP/DA18-50mm

ここも一般人が使っています。まあ、大学生は授業もあるでしょうから、まるで姿が見えません。

Bi2505

<学生>KP/DA50-200mm

おお、やっと学生がいました。ここは普通に木製のテーブルと椅子が置いてあるスペースです。大学生になっても、基本、白シャツと黒のパンツかスカートですから、高校生くらいにしか見えませんね。

でも、この人たちはタイの最難関大学に入る頭脳があるのですね。また、そこまでたどり着くには相当な投資が必要なわけで、この人たちは良家のお坊ちゃんやお嬢さんでもあるわけです。

Bi2487

<掲示板?>KP/DA50-200mm

こういうものもありました。何気に英語で書かれていますよ。

Bi2511

<マンゴージュース>i Phone5c

フードコートに戻りますが、まだ腹がすかないので、カップに果物を入れたものを直接ミキサーにかける店でジュースにしてもらいました。20バーツと確かに安いです。

Bi2509

<食事中>KP/DA18-50mm

そのうち授業が終わったのでしょうか、学生たちが繰り出してきます。

それにしても、エリートは辛いですね。夏でも、長袖のシャツです。女子は半袖ブラウスなのでちょっとは楽かもしれません。

沢木氏はここで食事をしていると、隣の学生に話しかけられたそうです。当時起こっていた民主化要求デモの影響でしょうか、反日的な批判をされたようです。沢木氏がドンムアン空港で100円玉と1バーツ硬貨を交換したキャン君も大学生でしたが、ほとんど英語は話せなかったようです。タイ語ができない沢木氏に英語で政治の話をする。やはりエリートですね。

当時の民主化要求デモはチュラロンコン大学の学生やタマサート大学の学生が、権力と戦い、それを迎え撃ったのが職業学校の学生だったようです。

これを現代に置き換えてみると、どうでしょう。いわゆる赤シャツ派と黄シャツ派のことです。おそらく、この学生たちは持っている利権を維持する黄色い方に加担するでしょう。

今日のコンタイ

Bi2447

<モタサイ信号待ち>KP/DA18-50mm

ちょっとわかりにくいと思いますが、これは歩道橋の真下なんです。停止線より少し前に出た状態。つまり、普通の位置で信号待ちをすると太陽がまともに当たって暑いですよね。

少しでも涼しいところで信号待ちをするという、タイ人ならではの思考の一つです。

|

« 極楽寺のふもとでアッサムラクサ | トップページ | これがパッセムブールだ! »

People」カテゴリの記事

Midnight Express」カテゴリの記事

924t Isan & Bangkok」カテゴリの記事

コメント

2.3日前に前首相がイギリスにいるというニュウスを見ましたよ。この方もお嬢様ですね~エルメス持ってるお姿が写真で公開されていました。

投稿: trintrn | 2018年1月11日 (木) 08時58分


trintrinさん、こんにちは。
インラック女史、バンコクのエリート大学は出ていませんが、アメリカ留学していますし、超エリートなんでしょう。
そう、チュラロンコン大学やタマサート大学で赤シャツ派がいるとすれば、そのリーダーになるのかな。

投稿: ヒョウちゃん | 2018年1月11日 (木) 19時22分

歩道橋の日陰で信号待ちという部分は笑ってしまいました。
タイ人にしてみれば当然のこと以外の何物でもないですから。
スクムビット

投稿: スクムビット | 2018年1月11日 (木) 19時57分


スクムビットさん、こんにちは。
白い肌は美徳ですから。
そのタイでもSPF50という日焼け止めも売られるようになりました。

投稿: ヒョウちゃん | 2018年1月11日 (木) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チュラロンコン大学のフードコート:

« 極楽寺のふもとでアッサムラクサ | トップページ | これがパッセムブールだ! »