« ペナンの福建蝦麺 | トップページ | フードコートでチャークイッティオ »

2018年2月18日 (日)

ナゴール通りでニョニャ料理にリベンジ

Kg0412

<ナゴール通り>KP/FA35mm

滞在しているホテルはラングーン通りでした。ラングーン通りの東の出口でビルマ通りにぶつかります。ビルマ通りを少し北上し、東に右折するとここにやってくることができます。まあ、至近距離ってことで。

Kg0425

<ウォールアート>KP/FA35mm

近年のジョージタウンは壁面を利用したウォールアートが有名になりました。一番有名なのが自転車を壁に埋め込み壁面に描かれた子供が自転車を操る構図のものです。

それにはとうとう出会えませんでしたが、それに味をしめたかのように様々なウォールアートが続々できています。中には落書きとしか思えないようなものもあるわけですが、ナゴール通りもウォールアートだらけです。

これはまだマシなほうですね。

Kg0426

<Nyonya Baba Cuisine>KP/FA35mm

そのナゴール通りはかなりの数のレストランが集まっています。予備知識が何もないのですが、ニョニャ料理の店に入ることにします。

龍鳳餐室という店です。

Kg0427

<渡されたパンフレット>GR DIGITAL

日本人ということを確かめられると、日本語のパンフレットを渡されました。以前はDragon Kingという店だったそうですが、こちらへ移転してきたそうです。プラナカン様式の家具に囲まれ、値段も高そうですが。

Kg0428

<アンカードラフト>GR DIGITAL

メニューを見て検討しますが、そこにマダムが登場。おすすめ料理をハーフサイズでどうかとの提案を受け入れます。

Kg0429

<パイティ>GR DIGITAL

定番中の定番だそうですが、初めてでしたし、知りませんでした。

Kg0430

<前菜>GR DIGITAL

Pie Tee表記だそうです。パイ皮で器を作り、野菜を詰めて揚げた料理です。これをサンバルソースで頂きます。淡白な野菜で味は薄いです。どちらかというと、シャキシャキ感を楽しむ料理でしょうか。

ともあれ、メインの料理が出てくるまでのつなぎですね。

Kg0431

<カリーカピタンチキン>GR DIGITAL

これでハーフサイズです。もちろん鶏肉入り。骨付きです。

Kg0433

<甘いカレー>GR DIGITAL

色合いからしてカレーですね。どちらかというと甘い味付けです。砂糖を加えたということではなく、玉ねぎを煮詰めているためのようです。

「カピタン」はマレー語でキャプテンの意味でしょう。元はインド料理がマレー化したものみたいですね。ココナッツミルクがベースのようですが、それにニョニャ的な味付けをしたものではないかと。

Kg0435

<ホンバッ>GR DIGITAL

Hong Bak表記のようです。これもハーフサイズ。

Kg0434

<意外な味>GR DIGITAL

これまたカレーっぽい。なんと、コリアンダーの味がします。具は豚肉です。コリアンダーは見えませんがしっかりとソースに溶け込んでいるようです。これは美味かった。

こちらは純粋プラナカン料理だそうです。

ご飯も付けて38リンギットでした。

Nyonya Baba Cuisine 食べログマレーシア TripAdvisor facebook

Kg0444

<夜の美食街>KP/FA35mm

店を出るとこんな感じでした。KLのプラナカン料理より安くて楽しめました。

 

|

« ペナンの福建蝦麺 | トップページ | フードコートでチャークイッティオ »

Food」カテゴリの記事

Restaurant」カテゴリの記事

925t KL & Penang」カテゴリの記事

コメント

同じニョニャ料理でシンクロしちゃいましたね。
でもこちらはずっと高級店。
コリアンダー風味というホンバッに興味あり。
ニョニャ料理はハーブ使いが特徴みたいですね。

投稿: Lunta | 2018年2月19日 (月) 00時02分

おはようございます
パイティとボンバッがのっているお皿!
プラナカンっぽくて
可愛いです!
このお皿売ってたら買っちゃいます

投稿: trintrn | 2018年2月19日 (月) 08時06分


Luntaさん、こんにちは。
値段的にはそんなに高級ではないと思います。
近くにHot Wokというニョニャ料理の有名店があるんですが、たどり着けなかったです。
ホンバッは美味かった。
これで今回のニョニャ料理はおしまいです。
Luntaさんのレポに期待しております。

投稿: ヒョウちゃん | 2018年2月19日 (月) 21時02分


trintrinさん、こんにちは。
やっぱり女子ですね。
プラナカンの食器とか買いたくなるらしい。
ビーズサンダルにはまっている人もいるしね。
男は見るだけですわ。

投稿: ヒョウちゃん | 2018年2月19日 (月) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナゴール通りでニョニャ料理にリベンジ:

« ペナンの福建蝦麺 | トップページ | フードコートでチャークイッティオ »