« 終戦記念日 | トップページ | 最近お気に入りの場所 »

2018年7月 8日 (日)

タイのビール

Bi0171

<チャオプラヤー川>KP/DA18-50mm

ワールドカップもあと4試合を残すのみとなりました。決勝トーナメントも終盤戦となり、毎晩眠れないということはないんですが。わたしゃ、日本を破ったベルギー押しです。

さて、やはりネタがないことはご承知なので、しばらくはビールシリーズで行ってみましょうか。定番、タイのビールです。

Mt1552

<ビアシン>GR DIGITAL

シェアは落ちたみたいですが、タイビールの代名詞とでもいうべき存在です。当然ながらタイで最も古くから生産されているビールです。アルコール度数5%。以前はもっと高い度数だったらしいですが。

このアルコール度数、最初びっくりしたんです。アサヒスーパードライと同じですが、辛口ではありません。むしろ、甘い感じもするんだよな。自分の感覚ですが。氷を入れて飲むのが前提みたいなところがありますかね。

アルコール度数3.5%のビアシンライトもあります。

ブンロート・ブリュワリーが1933年から生産しているようです。ラベルにガルーダが印刷されていますが、優れた製品ということでタイ王室から授かったものだそうです。

今や「シンハービール」などという人はいないと思いますが、「ビアシン」をそのままカタカナ読みしても、通じないらしいですよ。「シン」の「ン」にアクセントを置くように発音するそうで。このあたり、kimcafeさんやじんさんから教わりました。

Il2351

<ビアチャーン>GR DIGITAL

ビアシンを蹴り落とし、シェアNo1に輝いたビールです。こちら、アルコール度数6.4%。しっかり氷を入れたほうが美味いと思います。

ヤムの会ではビアシンよりもビアチャーンの方が評価が高いですね。タイビバレッジの製品でアユタヤに工場があります。アユタヤ方面からバンコクにバスやロットゥで向かうとこの工場を見ることができるかもしれません。工場見学などやっていたら是非とも行きたいです。

こちらも、ビアチャーンドラフトやビアチャーンライトなどの製品がありますね。

こちらは、「チャーン」の後半部分を上げ気味に発音するとか。ま、それでも結構通じちゃうようですが。

Bi2461

<ビアリオ>GR DIGITAL

こちら、ブンロートブリュワリーがビアチャーンに対抗して出した廉価版のビールです。多分一番安いと思うんですが、店で頼むとそんなに価格差がないどころか一番高くなっていたりします。

それは、ビアチャーンが大プロモーションをかけているようなところですかね。薄利多売ってことで。

ウドンのフードコートではリオのプロモーションをやっていますから、珍しいビアリオガールもいます。

その他、ビアプーケットとかビアタイなんかもあるそうです。また、タイではハイネケンも現地生産されているようです。日本料理店に行くとスーパードライなどがよく置いてありますね。

タイ料理はビールとよく合います。次の旅まで1か月切りましたからね。思う存分飲みたいですわ。

|

« 終戦記念日 | トップページ | 最近お気に入りの場所 »

02a Thailand」カテゴリの記事

Drink」カテゴリの記事

コメント

もう早く夏休み来ないかなあ、と待ち遠しい感じですね。
早くスリランカのコースを知りたいところですが、現地に行くまで内緒かな。
スリランカカレー食べたくなってきた。
味にうるさい関西では既にスリランカカレーが流行っているらしいですよ。
ライス アンド カレーというのが正式なメニューの名前のようです。あちらこちらでこのライス アンド カレーを注文してみてください。
スクムビット

投稿: スクムビット | 2018年7月10日 (火) 21時17分

golf
スクムビットさん、こんにちは。
あとちょっとなんですが、これがまた長いですね。
コースというか、宿をすべて予約しましたので、決まりですね。
今回じたばたしてもしょうがないので、いつか発表しましょうかね。
カレーは楽しみです。
南インドのティファン以来かも。

投稿: ヒョウちゃん | 2018年7月10日 (火) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/66916486

この記事へのトラックバック一覧です: タイのビール:

« 終戦記念日 | トップページ | 最近お気に入りの場所 »