« パヤタイの朝食 | トップページ | MRTパープルライン »

2018年8月31日 (金)

バンコクで散髪&イムちゃん情報

出発前、体調が悪いという話は書きました。

もう、荷物を作るのが精いっぱいで、身の回りのことなど一切手付かずでした。で、ようやく自由になる時間を作ることができたのが、バンコクだったと。

つうことで、床屋に行くことにしました。2ヶ月以上放置状態です。

Sl0136

<使用前>PowerShot

自撮りです。もう、加齢とともに髪が伸びてくるとなかなかまとまりません。当時の東京(40度越え)に比べれば暑さも大したことはありませんでしたが、こういう時はボッサボッサになってしまうんですね。

バンコクにもQBハウスとかあるんですよ。それでも、普通の床屋より高いと思います。いくらだったか忘れましたが。ま、普通のコンタイがやっている床屋でもいいんですが、ある程度は自分の意思を反映したヘアスタイルでいたいもので、日本人経営の日本語が通じる床屋に行きました。

そこは、スクムウィットソイ41にある、スーパーTops近くにあるところです。スーパーと棟続きになった2階にひっそりとある、「ミナト理容室」でございます。

なんでそんなことを知っていたかというと、昨年ソイ41のサービスアパートメントっぽいところに泊まって、このスーパーにはよく出向いていたからですね。

待合の椅子が並ぶスペースには漫画本がびっしりです。でも、結局はここに座ることはなく、すぐに理髪の椅子に案内されました。でも、髪をカットするのはある程度日本語ができるコンタイのおばさんでした。

暑いので髪も短めを指定します。耳も全部見えるように。ワタクシ、眼鏡をはずすと強度の近視のため、カットされている過程はよくわからないんですね。一通り終わると、日本の床屋でもやるように、鏡で横や後ろを見せてくれます。やや刈り上げ気味でもあるようですが技術はしっかりしてますね。

客はあと数名いて、いずれも現地在住の日本人の老人でした。職人(全部女性)とは日本語とタイ語でやり取りしてます。

髭剃りは頼まなかったんですが、顔は剃ってくれました。今、日本の床屋では危ないからでしょうか、耳のあたりなどは剃刀を使わず電気のシェバーみたいなものでお茶を濁すところが多いんです。でも、ここはきっちり剃刀で剃ってくれましたよ。これが気持ちいいんだな。コンタイだけの床屋もこれはやらないでしょう。

Sl0137

<使用後>PowerShot

かなりすっきりしました。でも、まあ、このあとプロンポンの60バーツショップでキャップを購入いたしましたが。ま、それはスリランカの暑さに備えてではあったのですが。

以前、プーケットでコンタイの床屋にカットしてもらったこともありましたが、イマイチでございました。

ワタクシ、台湾でも香港でもその他の地域でも中国語で話しかけられることがよくあるんですが、今回はかなりタイ語で話しかけられました。ある程度コンタイの好みが反映されたヘアスタイルだったのかもしれません。

Sl0131

<イムちゃん分裂?>KP/DA18-50mm

プロンポンの北側にあるイムちゃんです。真ん中に道路があって分断されています。その道もソイ37になりますね。ペプシのシェードが見えている方が以前からあるイムちゃんです。画像の店はあとから買収したといわれています。

その買収したほうが「アロイちゃん」に変わっていました。ま、料理自体はほぼ同じだと思いますけど。値段も変わらんだろ。味も。何かの戦略ですかね。

今日のコンタイ

Sl0246

<ターミナル21の敬礼おじさん>KP/DA18-50mm

バンコクの巨大商業コンプレックスには入口に荷物チェックの警備員がいますね。エンポリアムとかゲイソーンとかにもいます。BIG Cにはいませんね。一応、機械のゲートを通るんですが、全然の甘々です。で、敬礼なんかしてくれるんですけど。

やっぱりターミナル21がインパクトありますよね。トイレの清掃員までコスプレですし。一応、ターミナル21は空港と世界の都市がコンセプトですね。でも、空港にはこんな制服の人いませんよね。

いまやターミナル21はコラートにもあるんですね。そして、パタヤにも建設中でした。お決まりのように、Grand Centrepoint 21というホテルもできるようです。

|

« パヤタイの朝食 | トップページ | MRTパープルライン »

926t Sri Lanka/Thai」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

コメント

おおー床屋かあ。
確かに上の写真はいつも見るヒョウちゃんに見えます。
ところが下の写真はいつものヒョウちゃんと感じが違うんです。
タイ人になったヒョウチャイってな感じですね。horse

投稿: スクムビット | 2018年9月 1日 (土) 06時24分

毎度です、長くならないように心掛けます。
前も申したように、タイ人風にカットが
仕上がるんですね、
周囲にカメラを向けなければ、十分に地元民に
化けられますよ。
次に、アロイちゃんですが。
左端の商家はメニューが2種類あります。
イサーン料理と通常のイムちゃん用です。
イサーン用は、前半にソムタムやヤムがたくさん。
後半はコムヤーン類の他に、川魚や川エビの料理。
ちょうど、伝説の店の「タムさん」のラインアップに
似てますが。彼のような創作でなく、
東北料理の定番が頂けます。
値段は日本の1/3 程度で300から1000円ぐらい。
またまた通う回数が増えそうです、ワタシ。

投稿: ペンタのQ | 2018年9月 1日 (土) 16時34分

golf
スクムビットさん、こんにちは。
コンタイですか。
そう見えなくもないっていわれたことあるんですよね。
ミナト理容室が日本にもあると、スクムビットさんもコンタイに変身ですね。
バンコク出張時には是非ともご利用ください。

投稿: ヒョウちゃん | 2018年9月 1日 (土) 23時31分

aquarius
ペンタのPさん、相変わらず「Q」ですが、こんにちは。
やっぱり、タイ人風でしたか。
今は少し伸びたので、職場でも何にもいわれませんが。
ま、アロイちゃんは前を通りかかっただけ。
今度行ってみます。
でも、向かいのイムちゃんでも注文できるんでしょうね。

投稿: ヒョウちゃん | 2018年9月 1日 (土) 23時34分

どうもです。
南のイムちゃんには
イサーンのメニューはないですね。
さて、前にも書きましたが
シャワートイレが全館そろっているのは
センターポイント ホテル グループ
くらいですね(あともう一つくらい有るんですが)。
ドアマンが大げさなのは サイアムパラゴンや
エンポリアム タイムズスクエア も同様ですよ。

投稿: ペンタのP | 2018年9月 2日 (日) 10時00分

aquarius
ペンタのPさん、またどうもです。
ま、南のイムちゃん、通りの反対側ですから、料理人が違えばできないんでしょうね。
トンローのイムちゃんはどうかな。
まあ、どこのドアマンも独特の制服を着て大げさに敬礼するんですが、やっぱり、ターミナル21が一番インパクトあるんじゃないでしょうか。
写真も撮りやすいし。

投稿: ヒョウちゃん | 2018年9月 2日 (日) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/67117361

この記事へのトラックバック一覧です: バンコクで散髪&イムちゃん情報:

« パヤタイの朝食 | トップページ | MRTパープルライン »