« スリランカとタイの休日概要 | トップページ | パヤタイのフロリダホテル »

2018年8月25日 (土)

トムヤムピーオーでナムサイのバミー

では、旅レポを始めます。相変わらずだらだら長いです。お付き合いのほどを。

Sl0124

<ムスリム街>KP/DA18-50mm

前半のバンコクで泊まったのはパヤタイにあるフロリダホテルです。

この近くに日本のテレビ(「世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?」)の取材も入ったことのある、トムヤムピーオーという店です。

ペッブリー通りのソイ7に入ります。パヤタイ通りとの交差点から西にひとつめのソイです。そこは画像のようなところで、モスクもあるムスリム街です。

Sl0111

<トムヤムピーオー>KP/DA18-50mm

ソイに入ってひとつめの路地に入るとその中ほどに店がありました。完全にタイ語だけの世界なんですが、ここだけは英語表記があります。

Sl0116

<店内>PowerShot

店の外はごちゃっとした感じですが店内はきちっとしていますね。テーブルにスープの残りが垂れているようなこともなく、清潔といっていいんじゃないでしょうか。

Sl0114

<有名人写真>PowerShot

よくわからないんですが有名人でしょうね。PUNCHはいなかったけど。

Sl0115

<巨大エビ>PowerShot

こんな写真もあります。当然メニューも写真入りかつ、アルファベット表記ですから、タイ初心者でも頼みやすいのではないでしょうか。

Sl0121

<手長エビ>PowerShot

「うちのは正真正銘川エビだよ」と主張している写真ですね。画像の店員はいません。モデルさんでしょうね。

このピーオーはトムヤムとうたっていますが、麺の店なんです。つまりはスープがトムヤム。そして、具は手長エビだけでなくいろいろ選べます。巨大ロブスターの入った特大スペシャルだと、とんでもない価格になりますんで。

Sl0113

<パンダンジュース>PowerShot

注文をいたしましたが、飲み物も必ずきかれます。開店直後みたいでしたが、数名のコンタイの客もみんなドリンクを頼んでいます。ここで「なし」っていうのも、ケチケチしていると思われそうなので、頼みましょう。

タイ語でバイトゥーイ。パンダンの葉を使ったドリンクです。パンダンの葉を使った菓子などもタイではありまして、ほとんど緑色ですね。また、パンダンはどちらかというとマレーシアでよく使われるようです。

味はごく普通。さっぱりした味でした。20バーツです。他にもラムヤイ(リュウガン)なんかがあったような。ちなみにマムアン(マンゴー)とかマラコー(パパイヤ)などの高級食材はありません。

Sl0118

<ナムサイ・バミー・プラームック>PowerShot

ワタクシのオーダーしたものはこれです。エビは高いですから、イカで。麺はバミーにしました。

Sl0119

<拡大>PowerShot

「え?あんた、トムヤムってスープが全然赤くないじゃん」といわれそうです。

実はトムヤムのスープにココナッツミルクを入れるようになったのは最近のことのようです。たびたび登場してもらう、下川裕司氏によると、下川氏が初めてバンコクにやって来た約40年前は、トムヤムのスープはクリアで、それでも酸っぱく辛かったそうです。

トムヤムにココナッツミルクを入れ、コクを出し、さらにはトウガラシもたっぷり使っているおなじみのやつは「ナムコン」。ワタクシの頼んだ昔風のさっぱり系トムヤムが「ナムサイ」といいます。

でも、さっぱりしすぎだよな。もしかしたら外国人向けにマイルドにされた可能性はありますね。それでも、結構美味しかったですが。

ナムコンの方は試してないのでわかりませんが、ナムサイにはレモングラスやコブミカンの葉は除去してありました。

また、この店は麺類にお約束の4つの調味料が置いてありません。まあ、トムヤムという強い味なんで当然かもしれませんね。

さて、ナムサイのバミー、50バーツでした。

TripAdvisor

Sl0127

<鳥籠>KP/DA18-50mm

余裕のある家は鳥を飼う。ムスリム街でも変わりませんね。

ちなみに、ほぼ何もないと思われたパヤタイ界隈ですが、ペッブリー通りまで出ると、外国人向けのゲストハウスなどが並んでました。

トムヤムピーオー、BTSのラチャテーウィーからも近いです。次は具はやっぱりエビで、ナムコン食べますか。

|

« スリランカとタイの休日概要 | トップページ | パヤタイのフロリダホテル »

Drink」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

926t Sri Lanka/Thai」カテゴリの記事

コメント

ここは前に行きました。よく覚えていますよ。何もないような住宅街の中にこんな有名店があるとは思いませんよね。ここの名物はロブスター入りのもののようですが、高いので注文する人がいるのでしょうか。今度行ったときはヒョウちゃんが食べた白いスープのほうを食べてみますね。赤いほうもおいしかったですよ。ヒョウちゃんはこのいらっしゃったら赤いほうを試してみてくださいね。

自分がブログをはじめてから、3年間ほどはトラックバックできるようしたあったのですが、トラックバックをはずしました。なんだか閑散としているようにみえてしまうので。でも、こういう場合は、ちょっと不便ですね。かわりにURLを書いておきます。
http://tombi00.sblo.jp/archives/20170927-1.html

投稿: とんび | 2018年8月28日 (火) 09時53分


とんびさん、こんにちは。
わたしゃ、とんびさんに先を越されたなと思っていました。
ま、今度はナムコンですかね。
エビも食べてみたいです。
ま、最近は滅多にトラックバックもないのですが。
こちらはトラックバックが機能していますから、送ってみてください。

投稿: ヒョウちゃん | 2018年8月28日 (火) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トムヤムピーオーでナムサイのバミー:

« スリランカとタイの休日概要 | トップページ | パヤタイのフロリダホテル »