« キャンディだけど甘くない | トップページ | スリランカの中心にて »

2018年8月13日 (月)

スリランカ人は歯が命

Sl2171

<仏歯寺>KP/DA18-50mm

ども、スリランカ9日目です。

予告通り仏歯寺に行ってきました。プージャが9時半からで余裕を持って出たつもりでしたが、入口ゲートで入念なチェックがあり、履物の預けや、チケット購入などに時間がかかりました。

そして、このありがたい時間にはスリランカ人が殺到するわけでして、シギリヤと同じく牛歩の歩みです。ま、それでも画像の場所でドラムと管楽器を演奏しているところを見ることができました。プージャのようです。

この上階でスリランカ人というか仏教徒のシンハラ人は花や供え物を奉納いたします。混んでいるのはそこまででした。あとはまあ、自由に見ることができました。

ここ、付属のミュージアムがあるんですが面白いことに外国人は無料なんです。結構楽しめました。

また、本日のキャンディは雨時々曇りという具合です。雨は時にスコールとなり、あまり外に出たくないということで、ほとんどの時間、午前中は仏歯寺で過ごしました。

午後は駅に様子を見に行きました。今日は駅構内に入ることができました。コロンボ行きの時間をチェックすると早朝が多いんです。あとは、昼頃のインターシティバスですね。

インターシティバスもチェックしましたが、やっぱりミニバスのようです。頻発しているようですが、凄い並んでいました。明日、鉄道が動いているようならそれでコロンボに向かいましょう。始発だから絶対座れるし。明日の天気も予報は雨です。バスを待っているうちに降られたら話になりません。

さて、宿問題ですがAgodaからメールが来ました。とりあえずは領収書などを送ってくれれば返金可能とのことです。

Sl2242

<キャンディ駅>KP/DA18-50mm

面白いことに、本日日本人の泊り客がやってきました。この人の分を自分が支払ったことになっているそうですが、宿側の言い分もかなり怪しいです。この人も、予約が受け付けられないといわれたそうで、現金払いしたとのこと。

ま、そんな縁もあって夕食はその名古屋のOさんとご一緒させてもらいました。Oさんはパソコンもスマホも持参していないので、Agodaへのクレームの付け方などをお伝えしました。

Oさん、ここ見ていたらいつかコメントください。こちらこそ、お世話になりました。

さ、明日はコロンボ。でも、手持ちのスリランカルピーが少なくなってきました。両替するっていっても万単位じゃちょっと困るので、ドルを使いますか。

ではまたです。

|

« キャンディだけど甘くない | トップページ | スリランカの中心にて »

News」カテゴリの記事

コメント

私の経験ですと、キャンディは始発でも座れない人がいました。
なんとコロンボまで立ち続けでしたよ。ストライキ明けだったせいかもしれませんが。
保証はできませんが出発より1時間は早く行って席を確保したほうがいいかもしれませんね。

投稿: スクムビット | 2018年8月13日 (月) 19時41分

golf
スクムビットさん、こんにちは。
スクムビットさんがたぶんお乗りになったのが10:40あたりの列車じゃないかと。
すでに記事にしちゃいましたけど、インターシティやエクスプレスは予約可能ですので、楽々でした。
その分、2倍以上の料金でしたけど。
でも、遅れてやってきましたけどね。

投稿: ヒョウちゃん | 2018年8月14日 (火) 02時09分

連投です、恐縮です。
予約のトラブル、解決に進んでいるそうですか。
読まずにコメント書いたので、失礼でした。
さて、別方向に行きますけど
エレファント カシマシの新曲
Wake Upが 現在開催中のアジア大会の
NHK放送で 一部テーマ曲に採用されて
おります。
飛躍しますが、2年連続紅白歌戦 当選に
進んでいるかも!?

投稿: ペンタのQ | 2018年8月14日 (火) 23時25分

aquarius
ペンタのPさん、こんにちは。
まあ、そういうことです。
紅白ですが、J-Popやロック系の出演枠は毎年変わっていますね。
サザンとかゆずあたりになると常連になるんですけど。
そこまでメジャーかという気もしますね。
今年出るなら、「悲しみの歯て」か「俺たちの明日」でやってほしいですが。

投稿: ヒョウちゃん | 2018年8月15日 (水) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/67050466

この記事へのトラックバック一覧です: スリランカ人は歯が命:

« キャンディだけど甘くない | トップページ | スリランカの中心にて »