« セントラルマーケットのサンバルフライドライス | トップページ | ペナン第1食 »

2019年9月 9日 (月)

ETSでバタワースへ

2019年8月4日(日)

Mrc0168

<ETS改札口>PowerShot

この日、ETSという特急列車でKLセントラルからバタワースまで移動しました。ETSとは「Electric Train Service」の略称です。沢木耕太郎が旅した時代からつい最近まで、KTM(マレー鉄道)の長距離列車は電化されてなくて、本数も少なかったのです。2010年にイポーまで、2015年にタイ国境のパダンベサールとバタワースまでが電化・複線化され、この列車が走るようになりました。

2013年にもイポーまで利用しています。この時はまだ、イポーから先は走っていなかったです。

KLセントラルはわかりにくい構造ですが、改札口が違います。KTMコミューターの改札やチケット売り場からひとつ階を上がったところです。同じレベルにETSのチケット予約窓口もあります。また、スバン空港(旧クアラルンプール国際空港)行きの列車の改札もあります。ETSとは別になりますが、プラットホームは共用のようです。

改札が開くのは約10分前。8:05発なので、KLセントラルではなく、クアラルンプール駅から乗ればもっとゆっくりでもよかったですが。

Mrc0169

<車両案内>PowerShot

改札ではチケットは見せるのみ。もっとも、自分のチケットはネット予約したものを印刷したものでしたが。階段を降りると車両の案内があります。A~Fまでの6両編成です。先頭車はFになります。

Mrc0173

<車両内>PowerShot

きれいな車両です。予約段階でA号車にしてしまい、その前方あたりの席を取りました。完全にAが先頭と思い込んでいたんですね。座席の向きは変えることができません。車両の中央付近で向きが変わります。結局、終始後ろ向きでバタワースに向かうこととなりました。

Mrc0172

<荷物置き場>PowerShot

車両の端、運転席近くに荷物置き場があります。でも、終点まで乗るので、頭上の棚で問題ありません。でも、でかい荷物はここでしょうか。

Mrc0182

<モニター>PowerShot

停車駅が表示されます。この列車はETS Goldで止まる駅はやや少ないです。以前イポーまで行ったときはETS Silverでした。これはほぼ各駅停車でした。やや少ないといってもクアラルンプール近郊のコミューターが走る区間はすべて止まります。

モニターは車両の端にもあり、そこには速度表示や時刻などの情報が出ます。

ETS Goldですが、バタワースまで59リンギ。その上のPlatinumは79リンギでしたか。違いは停車駅の数程度だと思いますが。ちなみに、イポーまではETS Silverで25リンギ。6年経っても料金は据え置きでした。バタワースまではゴールドかプラチナだけでシルバーはありません。

Mrc0178

<トイレ>PowerShot

初期状態では非常にきれいなトイレです。きっちり鍵もかかるし、ノズルも付いています。

Mrc0180

<洗面台>PowerShot

これって普通に日本や欧米並みの列車のトイレですよね。液体石鹸まであります。

ただ、時間がたつうちにマレー人が床をびしょびしょにしてしまいます。インド人かもしれませんが。使うならば早い時間帯がいいです。

Mrc0181

<検札>PowerShot

以前は改札にいたようなヒジャブを被った女性が受け持っていましたが、普通におじさんの職員になっています。列車には女性職員が乗っていませんでした。

Mrc0184

<チケット>PowerShot

自宅で印刷したチケットです。ここにたどり着くまでが結構面倒でした。まずはアカウントを取る必要があります。その後、予約に進みますが原則1か月前の列車しか受け付けません。でも、希望の日時はかなりあとのものも出るんですよ。

ともかく予約と支払いに成功したら、メールが送られてきますので、チケットを印刷で終わりですね。検札は鋏ではなくスタンプが押されました。使用済みチケットは回収されませんでした。でも、パダンベサールでは回収していましたので、そのあたりはよくわかりません。

Mrc0190

<前方モニター>PowerShot

速度表示が出ます。クアラルンプール近郊のコミューターが走る部分はゆっくりと走行しますが、そこを過ぎると信じられない速さとなります。なんと、140km/h出ます。最高速度はモニターを信じれば144km/hでした。

ま、電車ですから性能はいいですよね。でも、マレー鉄道はゲージが1000mmちょうどのメーターゲージなんです。日本のJR在来線や私鉄の大半は狭軌と呼ばれ、1067mmです。半端な数字ですが、イギリス流に読み替えると、3フィート6インチとなります。日本の狭軌では最高時速が120km/hとされているそうです。逆にいうと、新幹線やTGVなどの標準軌、1435mm(4フィート8.5インチ)では300km/h以上の走行も可能なわけで、マレー鉄道の電化複線区間はレールや基盤をしっかり作っていることになるでしょうか。ま、140km/h以上出す区間は直線だけでしたが。

ま、バスよりはちょっと早いといえます。

Mrc0189

<売店>PowerShot

暇なので車内探索してみました。B号車にトイレ、C号車に売店がありました。売っているものはサンドイッチなどの軽食の類と飲み物だけです。

Mrc0188

<祈祷室>PowerShot

同じく売店の隣にありました。使う人はいると思いますが、車内のムスリムが全員これをやると大変なことになります。

ちなみに、全車WiFi完備ですが、速度が遅く使い物になりません。

Mrc0187

<割れた窓>PowerShot

KTMコミューターなどでもこれをよく見かけます。走る側面ですから明らかに、投石などをされた跡です。はじめはデザインなのかなと思いましたが、ひどいものです。

Mrp0245

<バタワース>KP/DA18-50mm

列車は数分遅れでバタワースに到着しました。ここは行き止まりの構造で、パダンベサール方面から分岐しています。でも、分岐の部分がわかりませんでした。列車の方向が変わることもなかったです。

Mrp0244

<乗ってきた列車>KP/DA18-50mm

2013年にイポーまで乗った列車とはまた違うタイプです。以前の記事。第二世代ということでしょうか。

今日の中華系マレー人

Mrp0306

<フードコートのシンガー>KP/DA50-200mm

ジョージタウンのレッドガーデンフードパラダイスというところにはステージもあり、こういう人も出演しています。マレーシアの巨大フードコートでは誰も聴いていないはずですが歌と演奏があるんですよね。

本日のぼやき
台風一過となりましたが、なんと電車が動かず、その先のJRの復旧も不明なのでやむなく休みとなりました。

|

« セントラルマーケットのサンバルフライドライス | トップページ | ペナン第1食 »

Vehicle」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

929t Malay&Thai Railway」カテゴリの記事

コメント

なんだかDB(ドイツ鉄道)のICEか昨年ロシアで乗ったСапсан(サプサン)に形が似てますね.

投稿: おりんぴあ | 2019年9月10日 (火) 02時53分

あら、隣国を旅行されていたんですね。
行こうと思えば日帰り可能な国ですが、14年行ってないです。
もう行く機会はないかもしれません。貴ブログで楽しませて
いただきます♪

投稿: Naozo | 2019年9月10日 (火) 21時52分

おりんぴあさん、こんにちは。
こちらclsss 93というタイプで、マハティールが嫌いなはずの中国製でした。でも、発注は前首相がやったんでしょうけど。
ワタクシ的にはイギリスの高速鉄道(ドーバー・ロンドン)に似ているなと思いました。

投稿: ヒョウちゃん | 2019年9月10日 (火) 23時33分

Naozoさん、こんにちは。
結局はバンコクまで行きました。
週末が入ってなかったので、お会いできませんでしたが。
ワタクシもマレーシアは駆け足で、1週間くらいでした。
年末にヤムの会でバンコクに行きますので、その時よろしくです。

投稿: ヒョウちゃん | 2019年9月10日 (火) 23時35分

えっ、年末にヤムの会でこちらへ??
超多忙な時期なので、今年の年末年始は12月31日と
1月1日しか休めないかもしれません。
その前の12月28日の夜か29日なら何とかスケジュールを
調整できる可能性があります。
まあ、バンコクに来るときには早めに連絡をください♪

投稿: Naozo | 2019年9月11日 (水) 21時47分

Naozoさん、こんにちは。
ヤムの会最大4名が訪タイします。
でも、それぞれ日程が違うという。
12月28日なんとかなりませんかね。
元旦でもOKかな。
後で連絡しましょう。
今、ボスのkimcafeさんが南米なので追って調整します。

投稿: ヒョウちゃん | 2019年9月12日 (木) 21時45分

2日しか休めないかもしれませんが、12月31日は
妻の実家へ帰省して翌1月1日にバンコクへ戻ります。
元旦は100%無理なので、28日の夜になんとか行けるように
努力します!
毎回、バンコク中心部まで2時間以上かけて行くので、できれば
我家の近所でヤムの会をやって欲しい!!
kimcafeさんは来てくれたことがあるので、場所は知っています。
イサーン料理の屋根しかないオープン食堂へご案内しますよ♪

投稿: Naozo | 2019年9月14日 (土) 16時09分

Naozoさん、こんにちは。
バンカピにBNK48シアターがあるんです。
kimcafeさんと、訪れることにしたので、その時運河ボート終点まで行くというのはありですね。
なので、28日キープで決まりでしょう
よろしくお願いします。

投稿: ヒョウちゃん | 2019年9月14日 (土) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セントラルマーケットのサンバルフライドライス | トップページ | ペナン第1食 »