2022年8月 7日 (日)

漁師めし

2022年6月8日(水)

Izdc104

<朝定食>PowerShot*画像は2020年訪問時のものです

泊まったホテルは食事を付けておりません。素泊まりってやつです。でも、ちょっと歩いただけでこんな朝食が食べられることがわかっていたので、心配ありませんでした。

では、出撃します。

Jdc0593

<実物>PowerShot

金目亭という、下田漁港・下田魚市場に唯一ある飲食店です。従業員は漁師ということはないでしょうが、おそらくは市場の関係者が経営に関わっていますね。

券売機で食券を買い、カウンターに券を渡します。出来上がったら、番号で呼ばれ、セルフで自分の席に運んでいくシステムです。

Jdc0599

<芸能人のサイン>PowerShot

実は7:00~9:30は朝定食(650円)のみです。他にはまったく何もないです。

水揚げによって朝定食の内容が変わるということなので、その日に来てみて注文しないと何が出てくるかはわからないという店ですね。

11:00~15:00は通常営業で金目鯛を中心にいくつかのバリエーションのある料理を安価で提供してくれる店ですね。でも、夜はやってないんですね。

Jdc0594

<鯵でしょう>PowerShot

前回、2020年の暮れに訪れた時もこれだったような…。でも、美味そうだから許す。

Jdc0595

<フノリ汁>PowerShot

これもまったく同じ。具はフノリのみです。一番大量に提供されそうだから、手軽にできるものなんでしょうね。

でも、下田に住んでないとこういった味噌汁は味わえないよな。

Jdc0596

<小鉢>PowerShot

魚を叩いたなめろうみたいなものでした。前回はネバネバ系ではあるけれど具は山菜やキノコでした。

Jdc0597

<醤油を投入>PowerShot

もちろん、ワサビを溶いた醤油ですね。ほぼ、前回と同じものですけど、美味いものは人を黙らせます。

ここ、泊まったホテル(前回と同じ伊東園ホテル)の宿泊客がかなり来てました。朝風呂で見かけた研修中のサラリーマンなんかも来ていたし。ホテルで朝食をつけると軽く1000円以上ぶっ飛ぶでしょう。その朝食も美味いとは保証がないし。だったら、ここですよね。

一番いいのは、日中に立ち寄って昼飯を食べることですかね。

夜はやってませんが、道の駅 開国下田みなとに回転ずしが営業してます。当然素材はこの魚市場からでしょう。

金目亭

Jdp0403

<出発>KP/DA18-50mm

さ、朝風呂も入ったし、美味い朝食も食べたのでそろそろ、出かけますか。

てなことで、あと数回続きます。

↓クリック及びコメントを下さると飛び上がって喜びます。

 
国内ランキング

 
B級グルメランキング

 
カメラランキング

| | | コメント (0)

2022年8月 5日 (金)

下田のLINE飯

2022年6月7日(火)続き

Jdp0409

<下田内港>KP/DA18-50mm

このような眺めを堪能しながら、一旦宿に戻ります。

それにしても、腹が空かない。それに、眠くなってきましたよ。さすがに、早朝から頑張ってきたからですね。

さて、どうするか。とりあえず、早めに温泉に入って気を紛らわすことにしましたら、眠気はなくなり、何か食べられるくらいにはなってきました。

Izdc079

<伊豆急下田駅>PowerShot*画像は2020年のものです

さて、下田駅に出ますが、思ったよりも店が開いてません。朝食の目途はつけているのですが、地方都市は厳しいですよね。

下田駅に居酒屋がありましたので、そこにします。

Jdc0583

<とりあえず>PowerShot

え?LINEに友達登録すると、ドリンク初めの1杯が無料ですかい?もちろん、登録させていただきました。

Jdc0584

<大河ドラマあやかり>PowerShot

ここでもやってますね。

でも、北海道の天然パーマ(大泉洋=源頼朝)ではなくて、小栗旬なんすね。ここも伊豆ですからね。

さて、注文を済ませますと。

Jdc0585

<デリバリーロボ>PowerShot

こんなのがやってきました。

幸楽苑で体験してますから、もう驚きません。

Jdc0586

<少食>PowerShot

ロボットが運んできたものです。まだ、完全に腹が減ってないです。

Jdc0587

<タコ好き>PowerShot

肉類もありましたが、さすがに下田では海のものだろうと。

タコ好きなんですよね。イカも好きですが。

Jdc0589

<寿司>PowerShot

果たして、これが下田でとれたものかどうかは不明。多分違いますね。

でも、下田にはマグロ船もあるそうだから、可能性はなくはない。

やや寂しい内容でしたが、これにて満腹。LINE割引によって、わずか1000円ちょいで済みました。

さかなや道場 検索してみると、LINE登録あっても、対応してない店舗もあるようです。

LINEの友達登録、近くのガソリンスタンドでもやってますね。週末限定だけど。

↓よろしかったら、クリックお願いします。コメントくださるとさらに嬉しいです。


国内ランキング 


B級グルメランキング 


カメラランキング 

お知らせ

Jdp0410

先日の通院で、手術から約3週間経ったわけですが、すべてが終了いたしました。とはいえ、一部の神経と患部を引きはがした影響で、耳の一部から顎の横にかけては、術前の感覚が戻っておりません。

ま、これは神経が息を取り戻すにつれて、感覚も戻ってくるらしいですけど。

自宅に戻ってからは当初、普通に食事をしてましたが、その頃は右顎の感覚が弱くて、かなり時間をかけなくてはならない状態でした。しょうがないので1週間くらいはお粥と柔らかいもの中心にしてました。今は戻ってきたけど。

傷跡も結構目立ちます。これも、時間とともに解決するってことかな。

 

| | | コメント (2)

2022年8月 3日 (水)

ペリーロード

2022年6月7日(火)続き

Jdp0452

<ペリー像>KP/DA18-50mm

下田へ急いだのは、いわゆる黒船、幕末に来航し日本を開国させたペリー艦隊が、日本初の開港地のひとつである下田にやってきた際に、上陸したといわれるこの地点から歩くためでした。

ここから、日米和親条約の最後の詰めを行う了仙寺(りょうせんじ)までの通りを「ペリーロード」と呼んでいます。ちなみに、前のクルマのカーナビでは「ペリーロード」は出ませんでしたし、約40年前のガイドブックには「ペリーロード」という名称はなかったので、割と近年になってそのように呼ぶようになったのではないかと思います。

Jdp0447

<紫陽花>KP/DA18-50mm

6月の下田は「あじさい祭り」を開催してました。ま、場所は下田公園ということで、このあたりではないのですが、それでも十分に奇麗でした。背後の山が下田公園となります。

Jdp0430

<川沿いの紫陽花>KP/DA18-50mm

紫陽花の右側の通りがペリーロードとなります。ペリーロード沿いには小川が流れています。

平滑川(ひらなめがわ)という川ですが、地図で見るとペリーロード沿いにまっすぐ流れ、下田湾にそそぐ手前で左に湾曲しています。これは明らかな河川改修ですね。地図によれば、了仙寺付近では地下に潜り、地上からは見えなくなっていました。さらに上流と思われるところは国道136号線のあたりで、そのあたりでは地形に応じて蛇行しています。

幕末期とはいえ、ほぼ西洋の技術が入り込んでいない、しかも江戸から遠く離れた下田にこのような人工的に河川改修をした跡があるとは、ペリー一行も驚いたことでしょう。

Jdp0443

<レトロ感満載>KP/DA18-50mm

左がペリーロード。右は赤い欄干の橋あたりから小径が続いてます。せいぜいバイクか自転車くらいが走行可能です。特に右側の家並みはいずれも古い家屋で、一部はカフェなどになっています。

ペリーロードは自動車の走行が可能ですが、さすがにここをぶっ飛ばしていくクルマはありません。

Jdp0432

<なまこ壁の家屋>KP/DA18-50mm

こちらはバーあるいは居酒屋のようです。古民家を居抜きで買ったのでしょうかね。

Jdp0420

<さらになまこ壁>KP/DA18-50mm

こちらのなまこ壁の建物はさすがに近年に作り直されたような感じですね。

Jdp0435

<平滑川>KP/DA18-50mm

ちょっと立ち寄りたくなるような店も結構ありました。とかなんとかいって、自分は立ち寄らなかったんですけど。

ともかく、ここを進むと了仙寺にたどり着きます。時間切れで、了仙寺も立ち寄ってないんですよね。でも、了仙寺のサイトを見てみると、結構面白そう。また、いつか行くかな。

また、正直いいまして、見た目と同様の写真を一眼レフでイメージ通りに撮ることのできた数少ない場所でした。

続きます。

↓よろしかったら、クリックお願いします。コメントもよろしくです。


国内ランキング


カメラランキング

| | | コメント (0)

2022年7月30日 (土)

下田へ

2022年6月7日(火)続き

Jdc0575

<新たな道の駅>PowerShot

さて、加山雄三ミュージアムを満喫した後、この日の最終目的地、下田に向かいます。

そのまま、国道136号線を進めば、やがて下田に到着するのですが、この道は松崎を過ぎたころから急激に道が狭くなり、アップダウンも激しいくなるというのは前回経験済み。ま、走っていて楽しくはあるのですが。

松崎で県道15号線を経由して下田に向かいます。こちら、ずっと山の中ですが、何しろ所要時間が大きく短縮されますのでこの選択ですね。

その途中にあったのが「道の駅 花の三聖苑 伊豆松崎」という長ったらしい名前の道の駅です。当然、スタンプ集めのために立ち寄ります。

Jdc0572

<旧大沢学舎>PowerShot

「三聖苑」とは、この松崎出身の幕末から明治期に活躍した3人のことを表しているとのことです。詳細は省きます。

Jdc0574

<三聖会堂>PowerShot

こちらは3人の業績や松崎の歴史を紹介する建物です。

桜の名所であると同時に花が名前に冠してありますので、各種の花も植えられているようです。ただし、この季節は緑一色でしたね。

Jdc0577

<スタンプ>PowerShot

天城茶房というお食事処の建物内に設置されてました。

道の駅 花の三聖苑 伊豆松崎

さあ、先を目指しましょう。

Jdp0461

<観光船サスケハナ号>KP/DA18-50mm

ということで、午後2時過ぎに下田に到着いたしました。

ホテルにチェックイン。まだ早かったですが、部屋に入ることができました。

Jdp0465

<道の駅 開国下田みなと>KP/DA18-50mm

こちらも忘れないようにしますか。

Jdp0460

<スタンプ>KP/DA18-50mm

こちらも無事にゲットです。

道の駅 開国下田みなと

では、観光に出かけることにしますか。続きます。

↓よろしかったらクリックお願いします。コメントも下さると嬉しいでございます。


国内ランキング 


カメラランキング

番外・入院話

Jp0652

<病室からの眺め>Star Wars Mobile

手術後3日経過した日に、首のドレーンを抜去いたしました。これで、入浴(シャワー)も可能に。この日からパジャマではなく、おしゃれ番長を見習ったわけではありませんが、Tシャツとジャージに着替えです。

パジャマというのは前開きであるため、聴診の際に都合がよいといわれておりました。でも、もう両手も自由に使えますので、Tシャツをめくりあげれば大丈夫だろうと自主的に判断してのことです。

これで翌日には娑婆に出られるだろうなと思っていましたが、結局はその日は見送りで16日の土曜日になりましたです。

この窓からの眺め、自宅付近がよく見えるんですよね。もう、すぐにでも帰りたかったですけど。3週間旅に出ていても帰りたくないという願望に満ち溢れていたあの頃からやがて3年。

そろそろ、もうちょっと長い旅に出たいなという今日この頃です。でも、抜糸は終わったんですけど、まだ経過観察が入っていたりするんですよね。

| | | コメント (0)

2022年7月26日 (火)

ヴィンテージ

2022年6月7日(火)続き

Jdc0525

<加山雄三ミュージアム>PowerShot

2022年6月いっぱいで閉館する加山雄三ミュージアムですが、なんと入場料無料という粋な計らいでした。

では、入場します。

内部はいくつかの部屋に分かれております。

Jdc0529

<光進丸のミニチュア>PowerShot

光進丸というのは加山さん自らが設計を行ったプレジャーボートで、もちろんオーナーは加山さんです。

彼は若いころから船にあこがれを抱いていて、東宝に入社して俳優となってからその夢をかなえました。光進丸ははじめは小さなヨットでしたが、二代目、三代目と徐々に大きな船を作っています。

その三代目光進丸ですが2018年に停泊中に出火し、沈没するという最後を迎えました。そんな事件も加山さんが終活を決意する一つのきっかけだったのではと思います。

加山さんは俳優であり歌手でもあるマルチタレントの走りですけど、本当は船乗りになって自分の船で航海して回るという夢を実現するために、この道に入ったともいえますから。

このブースには光進丸のスクリューやコックピットの一部なども展示されてました。

Jdc0536

<写真の展示>PowerShot

次のブースは写真の展示です。

Jdc0541

<青大将とのツーショット>PowerShot

ワタクシがきちんと加山さんの映画を見たのは実は若大将シリーズではなくて、黒沢映画である「椿三十郎」でした。しかし、すでに「若大将シリーズ」は始まっていて、「椿三十郎」には加山さんも青大将こと田中邦衛氏も出演していたのでした。

Jdc0542

<植木等とのツーショット>PowerShot

この二人が当時の東宝の二大看板です。若大将シリーズは18本製作されました。一方の植木さんやクレージーキャッツ映画はなんと30本以上制作され、この二本立てで興業が成り立っていたのですね。

Jdc0546

<映画のブース>PowerShot

加山さんは多彩な趣味を持っていますが、このブースの前にはご本人が描いた絵画の部屋がありました。そこは、撮影禁止です。

そして、最も広く展示物がたくさんあったのがこちら。若大将シリーズのポスターが並びます。

Jdc0547

<エレキの若大将>PowerShot

この映画はまだDVDのない時代に東宝から出ていたビデオテープを購入いたしました。なんと、19800円でございます。まだ、もらえるサラリーが少ない時代で、本当に思い切って買いました。思い入れのある映画でございますよ。

Jdc0552

<田能久>PowerShot

若大将映画の若大将こと田沼雄一(加山雄三)の実家、すき焼きの田能久(たのきゅう)のセットです。

右の有島一郎が若大将の父で田能久の経営者、田沼久太郎です。左は飯田蝶子が演じる若大将の祖母、田沼りきです。

若大将映画は田沼雄一の所属する大学の部活のシーンが中心になりますが、田能久でのシーンも重要です。

このセットにはちょっと感動しました。

Jdc0553

<シングルジャケット>PowerShot

加山雄一という人は俳優であるとともに歌手でもあるわけで、数々のシングルレコードのジャケットも展示されていました。

Jdc0560

<ゴールドディスク>PowerShot

これ、本当にあったんですね。日本ではゴールド認定が10万枚、プラチナ認定が25万枚、ミリオン認定が文字通り100万枚です。

「君といつまでも」が300万枚といわれております。トリプルミリオンということになりますね。

Jdc0556

<モズライトギター>PowerShot

「モズライト」というのはアメリカのギターブランドです。特にベンチャーズが使用したことで、有名になりました。加山さんもモズライトを使用しています。映画「エレキの若大将」でもモズライトを使っております。

Jdc0592

<買っちゃいました>PowerShot

ということで、存分に楽しませていただきました。

手ぶらで帰るのもなんですので、DVDをふたつほど購入させていただきました。1枚2500円(税別)。結構面白かったです。いい買い物したわ。

↓よろしかったらクリックお願いします。コメントもいただけると嬉しいです。

 
国内ランキング

 
カメラランキング

 
音楽評論ランキング

| | | コメント (6)

2022年7月22日 (金)

若大将のレストラン

2022年6月7日(火)続き

Jdc0523

<加山雄三ミュージアム>PowerShot

実は今回のミニトリップ、ここが本命のところだったんです。

最近加山さんはコンサート活動からの年内の引退を表明したわけですが、この日の時点ではまだ発表されてませんでした。しかし、昨年のうちにこの堂ヶ島にある「加山雄三ミュージアム」を8月に閉鎖するというアナウンスがあったのです。

それが、今年に入ってコロナ禍を理由に6月いっぱいで閉鎖することに早まりました。そんなこともあって、行ってみようと思った次第です。

☆加山雄三ミュージアムについては後日きっちり記事にいたします。

つうことで、昼食にします。ここの付属レストラン、Windyへ。

Jdc0567

<店内>PowerShot

堂ヶ島の風景が眺められ、明るい日差しが差し込むカジュアルなレストランです。

実はここに立ち寄るのは二度目です。一昨年の箱根・伊豆ミニトリップの途中にたまたま訪れました。

Jdc0568

<ピリ辛カツオたたき丼>PowerShot

前回はカレーを食しました。ここは値段も比較的安く、見栄えのいい料理を提供してくれます。

今回…といってもすでに存在しないのでこれが最後になります。季節限定メニューであるこちらをオーダーしました。

Jdc0570

<キンメクッキー>PowerShot

こちらは、サービスだそうで。上階の土産物コーナーでも売っているとのこと。

さりげないプロモーションでしたが、わざわざ購入するほどのものではないかと。でも、ありがとうございました。

Jdc0569

<丼>PowerShot

カツオのたたきというよりは、漬けのような感じです。カツオ自体は柔らかいですね。その上にマヨネーズがかかっています。

比較的多めの刻み葱に温泉卵がのってます。ご飯はその下にあり、その姿は見えません。

この手の料理で最近はどこも卵黄を「どうだ」といわんばかりにのっけているものが多いんです。個人的な話になりますが、タイで超レアなゆで卵に当たったことがありまして、見事に腹を下し半日寝込んだことがあります。日本の卵はサルモネラ菌がほぼ存在せず、安心してTKG(卵かけご飯)が味わえるといいますが、ワタクシにとってはトラウマでございます。

でも、温泉卵なら大丈夫ですね。

こちら、激辛ではなく、ほんのり辛い料理ですかね。しかし、朝も定食。ちょっと前にコロッケなどをつまみ食いしてますので、かなり満腹になりました。身体が重いでございます。

シーサイドレストラン「ウィンディ」

念のため検索してみるとレストランは閉鎖されてませんでした。堂ヶ島の遊覧船・クルーズ船乗り場あたりではかなり重宝する場所ですね。意外に食べるところが少ないんですね。

↓よろしかったらクリックお願いします。コメントも下さるともっと嬉しいです。


国内ランキング 


B級グルメランキング

番外・入院話

Jp0661

<病室>Star Wars Mobile

1週間入院していたわけですが。最初に気になったのはWiFi環境があるかどうか。当初はPCも持ち込めますといわれていましたが、入院前の入院支援センターで確認するとPCは「医師の同意が必要」とのことで、スマホだけを持ち込みました。WiFiはありますがアクセス時にメールを送って再び確認されるというやや面倒なものでした。

テレビはありますが、テレビカードを購入し、イヤホンで聴くというもの。持参のイヤホンはMP3プレイヤー用のもので長さが足りず、結局見ませんでした。スマホにラジコをインストールしてみましたが、これも聴かず。小さいラジオを持ち込んでもよかったかも。

荷物は2019年12月以来となるキャリーバッグを持ち込みました。旅よりも先にここで活用されるとは…。

手術が終わってしまえばものすごく暇でした。一番の暇つぶしは談話室においてあった本(漫画を含む)でしたね。

| | | コメント (0)

2022年7月19日 (火)

堂ヶ島へ

2022年6月7日(火)続き

Jdc0521

<土肥金山のモニュメント>PowerShot

道の駅 くるら戸田から堂ヶ島を目指します。そのまま、県道18号線を戸田漁港まで進み、左折して県道17号線に。

これが、あーた、前日の豪雨で崖崩れはあるわ、倒木はあるわ、おまけにものすごいカーブの連続で道幅も狭いわで、スリルの連続でございます。もう、路面なんか豪雨で落ちてしまった葉っぱだらけ。そんな道をダンプが走ってくるし。…ということは、この道をバスも通るんだろうなと思いました。隣町の土肥(行政単位上は伊豆市土肥、旧田方郡土肥町)に向かう道はこれしかありませんしね。

まったく海が見えません。それどころか、子犬くらいの大きさの小鹿も出没して狭い道路を駆け抜けていったり。

小1時間程度のドライブでしたが、土肥金山(観光施設です)でトイレ休憩です。

Jdc0517

<販売中>PowerShot

ここ、駐車場が広いんですよね。ドライブイン的な場所でもあり、土産物だけ買うこともできるし、食事だけでも大丈夫。もちろん、トイレだけでも文句はいわれません。

Jdc0520

<飲みたいっすか?>PowerShot

特に入場して観光しなかったのには、以前仕事できたこともあったから、ほぼ内容は把握しているのと、その割に入場料がかなり高いからですね。ま、先を急ぐし。

Jdc0518

<当地のキャラ>PowerShot

こちら、「おぎん母ちゃん」というキャラです。マスクをしているのはコロナというより、ここで販売している「黄金のマスク」のプロモーションのためのようです。

金山なのに「おぎん」とは?実はあと2つのキャラがあって「きん太父ちゃん」「どう吉くん」と合わせ、そろい踏みしているということで。ちなみに、銀も産出されていたとのことです。。銅はありませんでしたが。

さ、先を急ぎましょう。

Jdp0398

<堂ヶ島>KP/DA18-50mm

到着いたしました。ここに何があるというと、こちらです。

Jdc0562

<加山さん>PowerShot

こちらなのでした。ちょっと引っ張っちゃいましたが、さらに続きます。

↓よろしかったらクリックお願いします。さらには、コメントも下さるととっても嬉しいです。


国内ランキング 


カメラランキング 

番外・入院話

Jp0647
<入院初日の夕食>Star Wars Mobile

常菜食500kcal アジフライ(ボイルキャベツ、パック中濃ソース) なすの煮浸し わかめと大根の和え物 キウイ1/2

箸は持参。ま、普通の食事ですね。脱カフェインということで、お茶に見えるのは温めた麦茶でした。これだけは美味しくなかったです。

病院といっても入浴(シャワーだけですが)ができるわけでして、こちらは許可制。身体にカテーテルが付いていたりそのような患者さんはシャワーもできないわけですが、そのような制限のない患者さんもいるわけで、ワタクシが秘かに「おしゃれ番長」と名付けていた患者さんが男女それぞれ1名ずつおりました。

ワタクシなんざ、手術後は首から血液を少しずつ取り出す「ドレーン」がしばらくついていたわけで、彼らが羨ましかったです。朝から念入りに洗顔していたり、シャワー後は盛大にドライヤーを使うしで、そのうちの女子のほうはなんと顔にパックまでしているという。

いったい何の病気だったんでしょうね。

つうことで、こんな話も挟んでいきます。

| | | コメント (0)

2022年7月16日 (土)

I'm Alive !

Jp0662

<なぜにリストバンド>Star Wars Mobile

ここしばらく音信不通でございました。

と、いうのも、入院していたのでございます。

上の画像は某病院で入院患者がつけさせられるリストバンドですね。バーコードが付いていて、これで何をどうしたと一元管理できるのですね。

詳しくはおいおい、書いていきますが、入院期間は7/10(Sun)~7/16(Sat)の本日の午前中まで。

何をどうしたのかといいますと、右の耳下腺付近にできた腫瘍を取り除く手術をしたのでございます。ま、腫瘍といっても当初のCT、MRI、腫瘍内部の成分抽出で悪性のものではないだろうといわれていたので、その点はほとんど心配はしてませんでした。それでも神経がかなりある部分で結構な大手術だったとは思いますが。

現在は縫合して首から耳にかけて傷が残っているような状態ではあります。手術個所も腫瘍とは別の腫れが残りますが、ほとんど痛みもなく、手術後に摘出した腫瘍の精研で悪性のものではなかったと、お墨付きが出ました。

まずはめでたしでございます。

次週に抜糸。そして、入院費用の支払いなど手続きもあります。また、保険で入院給付金も出るのでこちらの手続きも行っていきます。

7日間の入院で入院初日の夕食のみ普通食で、手術当日は胃腸を空っぽにするためOS1という経口補水液などを摂取したのち、1日置いてからはすべて全粥食(おかずは柔らかいものが出ます)が続き、帰ってきてから体重を計ると約3.0kg減ってました。

そして、禁アルコール、禁ニコチンはいうまでもなく、禁カフェインだったですね。現在は制限はないのでぼちぼち日常生活に戻っていけると思いますよ。ただし、事前にいわれていたように、右耳の耳たぶから顎にかけての部分の感覚が取り戻せないでおります。これは徐々に戻るとのことですが。

それでも本日は手術個所のケアの用品などを求め、運転などもしちゃいましたが。特に、耳の聞こえが悪いとか、信号の色が判別できないとか、左右の感覚がつかみづらいなどもなく、ほぼ以前と変わらないと思いました。ま、しばらくは慎重さが必要ですけど。

 

つうことで、Chicagoの1978年のシングル(ビルボード14位)、「Alive Again」でした。収録アルバムはなぜか数字のつかない『Hot Street』からのファーストシングルですね。リードヴォーカルはPeter Cetera(ピーター・セテラ)で作者はトロンボーン奏者のJames Pankow(ジェームズ・パンコウ)なのでした。

と、いうことで、お知らせでした。入院をしたという貴重な経験でしたので、この後もちょくちょくネタを挟んでいきますね。

| | | コメント (6)

2022年7月12日 (火)

ギョギョギョ、深海魚

2022年6月7日(火)続き

Jdp0392

<道の駅 くるら戸田>KP/DA18-50mm

道の駅 伊豆のへそからは修善寺道路を使わず、国道で修善寺近くに出ました。修善寺は観光せず。

Jdp0395

<峠越え>KP/DA18-50mm

国道136号線をカーナビに導かれるまま、修善寺はショートカットし戸田(へだ)方面へのバイパスのようなワインディングロードを上り下りします。この道は途中で県道18号線に合流し道幅が狭まります。さらに、戸田峠からはきつい下りカーブの連続です。

あの山を越えてきたことになります。以前のクルマより性能が格段に向上したので不安もストレスもなく、無事到着いたしました。

Jdp0387

<入口ののれん>KP/DA18-50mm

「くるら」というのは「いらっしゃい」という意味の土地の言葉でしょうかね。

スクムビットさんのご指摘では「来るでしょ」という意味だそうです。伊豆のご出身なので間違いない。

Jdp0391

<タカアシガニの案内表示>KP/DA18-50mm

この道の駅は観光案内所と地域のコミュニティセンター(沼津市の出張所でもある)があり、温泉施設も入ってました。

タカアシガニがモチーフになってますが、ここ戸田の近海の駿河湾は水深が深く、深海魚がよく獲れるそうです。タカアシガニも深海生物なんですよね。

Jdp0389

<展示物>KP/DA18-50mm

そう、こんな具合で。

Jdp0388

<道の駅スタンプ>KP/DA18-50mm

戸田は他の伊豆のスポットと比べ、やや外れたロケーションであることと、アクセスがちょっと難しいことからか、道の駅はやや閑散としてました。

Jdc0512

<3つ目ゲット>PowerShot

タカアシガニのデザインです。

ちなみに、戸田の漁港近くには深海魚料理のお店もあるそうで。さすがに、まだ時間が早くいくことはなかったのですが、いつか行ってみたいですね。

Jdc0513

<キンメコロッケ>PowerShot

こちら、食堂はないのですが、おにぎりなどを提供するキッチンがあります。それも、注文を受けてから作るというシステムです。

おにぎりは普通のものもありますが、タカアシガニや深海魚を使ったものも。また、深海ザメバーガーも。それも魅力的でしたが、まだまだお腹がすいてません。

Jdc0515

<揚げたて>PowerShot

つうことなので、やはり深海魚でもあるキンメダイのコロッケにいたします。250円です。

こちらも揚げたてで作り置きじゃないんです。店のおばちゃんが「今から作りますので10分くらいかかります」と申しておりました。おにぎりやバーガーもそうなんでしょうね。

Jdc0516

<美味し>PowerShot

タルタルソースはおばちゃんがつけたほうが美味しいとのことで、素直に従いました。

高級魚キンメダイですので、身はわずかなものです。どうやらキンメの煮汁を使用しているみたいですね。メインとなるのはジャガイモですが。これはこれで、いいと思いました。

昨年、某所でイノシシコロッケなるものをいただきましたが、比較になりません。肉でなくてもこのコロッケは美味いです。

道の駅 くるら戸田

さらに続きます。

★今回、予約投稿にいたしました。ただいま、某所に缶詰め状態でPCも持ち込めないので、これ以降の記事は長くて1週間ほど空くことになります。ワタクシからのコメントもスマホでは難しいので、後日まとめさせていただきます。ちなみに、コロナ感染ではありませんので。

↓よろしかったらクリックお願いします。コメントいただけるともっと嬉しいっす。


国内ランキング 


B級グルメランキング


カメラランキング

| | | コメント (6)

2022年7月 9日 (土)

伊豆の「へそ」

2022年6月7日(火)

Jdc0499

<富士山>PowerShot

さて、ホテルチェックアウト時には、富士山頂もよく見えるようになってきました。天気の心配はなくなりましたね。

昨日通った道を進みます。下道でもいいかなと思いましたが、この日の道のりは結構あるし、まだ暗くならないうちに最終目的地に到着して、観光もしたかったので、伊豆中央道に入ります。わずか200円という通行料ですが、ただでさえ高速料金はドカンと来ますからね。

Jdc0502

<道の駅 伊豆のへそ>PowerShot

大仁で降ります。すぐに目的の道の駅です。広大な施設のように見えますが。

Jdc0504

<観光案内所兼道の駅>PowerShot

道の駅はこれだけです。イチゴのイラストがあるのはここらの名産ということらしいです。しかも、オープンするのは9時ジャストということで、まだ閉まっておりました。

Jdc0507

<Izu Village>PowerShot

どうやら、メインはこちらのようです。見えている建物はホテルですね。その名も「Heso Hotel」。

宿泊料金は安く表示されてますね。しかし、ここに泊まると食事から何からここでのみ完結させるようなことになりそうです。最寄り駅は伊豆箱根鉄道の田京という駅で、徒歩圏内ですがかなり不安を覚えそうなところですね。

Jdc0508

<クラフトビールあり>PowerShot

こちらはやや魅力ありですが。ちなみに、伊豆半島はクラフトビールまたは地ビールの生産が盛んです。

これらが飲めるのだそうです。

Jdc0503

<オブジェ>PowerShot

これが出入り口近くにありました。

サイをモチーフにしているのか、それとも古代生物か。近づくと匂います。牛糞ならぬ象の糞を周囲の肥料に使っているようでした。オブジェもそれを加工して耐水性を持たせて作っているのでしょうかね。特に説明はありませんでした。

さ、やっと道の駅が開きました。

Jdc0509

<スタンプ>PowerShot

道の駅ではIzu Villageなどを含めて「食べる」「買う」「遊ぶ」「泊まる」ことのできる施設として売り出しているようでした。

Jdc0510

<3つのスタンプ>PowerShot

なんとか、余白に3つが収まりました。さ、次に急ぎましょう。

続きます。

道の駅 伊豆のへそ

↓よろしかったらクリックお願いします。コメントもいただけると嬉しいです。


国内ランキング 


カメラランキング

| | | コメント (2)

«コスパ十分な清水町のホテル