« ペジェンのオダラン(2) | トップページ | Sari Laba Boga Cafe-ナシ・ゴレン・イカン »

2006年9月28日 (木)

収穫に感謝-ペジェンのオダラン(3)

*「ペジェンのオダラン(2)」よりの続き。

翌日も自転車でペジェンへ。上り坂にも慣れたのか、ノンストップで到達。入口で記帳し、サロンと帯を巻く。受付の女性とは顔なじみ。早く着いたのか、記帳の2番目であった。

Bl0937

<イベントを待つ人々>by MZ-3/FA35mm F2.0(E100VS)

境内はぎっちり混雑している。本日の皆さんの衣装は、もちろんバリの正装だが、シンプルに白が基調のようである。それにしても何を待っているのだろうか。

Bl0938

<舞台にて>by MZ-3/FA50mm F1.7(E100VS)

境内にある建物のひとつでは、その間も仮面劇(トペン)が演じられていた。きちんとガムランの楽隊もあるのだが、なぜかこれに見入っている人は皆無。

Bl0943

<楽隊>by MZ-3/FA50mm F1.7(E100VS)

こうした踊り手や演奏者は村から選び抜かれた人たちだというが、なぜ誰も見ようとしないのか。ならば、自分が見させてもらおう。これは言葉がなくても何となくわかる仕組みになっている。

そのうち、傍らの人に肩を叩かれた。見ると、境内から人々が外に出て行く。何かが始まるようである。

Bl0961

<開始前>by MZ-3/FA50mm F1.7(E100VS)

Bl0966

<寺院の周りを回る>by MZ-3/FA50mm F1.7(E100VS)

Bl0968

<行進1>by MZ-3/FA50mm F1.7(E100VS)

Bl0969

<行進2>by MZ-3/FA50mm F1.7(E100VS)

Bl0970

<行進3>by MZ-3/FA50mm F1.7(E100VS)

Bl0975

<行進4>by MZ-3/FA50mm F1.7(E100VS)

先頭に武器のようなものを持った集団。続くのは、鎌や鋤などの農機具を持った集団。その次に、田畑で獲れる収穫物を下げた集団。そのあとには、動物を持った集団。いずれも食べるもののようで、どうやら収穫に感謝するような意味合いがあるようだ。

動物は、豚、山羊、仔牛、アヒル、鶏など。それにしても驚いたのは、こんな内陸にあるところなのに、海亀を抱きかかえる男がいたこと。これも食べちゃうんだろうなあ。

Bl0976

<海亀を抱く男性>by MZ-3/FA50mm F1.7(E100VS)

この行列は寺院の周りを3周して、境内に戻る。内部では、バラモンによって祈りが捧げられる。こちらもそのエリアに立ち入ったが、座って聞くように諭されたので、舞台前に行き、トペンの続きを見る。なんと、トペンは周回前から延々と演じられていたのであった。

ようやく、終わったらしい。動物たちは、その場で処理されるわけではないらしく、血を見ることはなかった。人々が吐き出されていく。この日のイベントはどうやら終了。後日また訪れたが、その時の様子は割愛させて頂く。また、アパのマデさんは後日夜のイベントを見に来たらしい。

次回よりは食べ物シリーズなどをやろうかと。

| |

« ペジェンのオダラン(2) | トップページ | Sari Laba Boga Cafe-ナシ・ゴレン・イカン »

901t Bali & Lombok」カテゴリの記事

コメント

前に見ましたが、もう一度、葬式と比べようと思いやってきました。
50年に一度のオダラン、派手できらびやかですね。練り歩く人の数も多い。
葬式と比べると、葬式は動きが激しいけど、こちらは静かな感じですね。ペジェンという不便な場所のせいか、見物人はあまりおおくなさそうですね。
ウブドとお祭りのつながりということでTBしますね。

投稿: とんび | 2007年2月 9日 (金) 20時32分

4ヶ月も前の記事に反応してもらい、ありがとうございます。
こちらは、確かに村の祭りという感じです。
村総出でやっているためか、絶対的に観客の方が少ないです。
かなり前の記事なので、トラックバックされているものの、すぐには反映されません。
こちらが、ログインして許可となりますので、よろしくです。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年2月 9日 (金) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 収穫に感謝-ペジェンのオダラン(3):

» ウブドのお葬式 [ユーラシアブログ]
バリ島のウブドに滞在中に大規模なお葬式があった。元王族のお葬式だが、亡くなってからかなりの期間が過ぎていて、遺体もいったん火葬されていて、今回はセレモニーが大々的におこなわれるのだという。しかも、このような大規... [続きを読む]

受信: 2007年2月 9日 (金) 20時35分

« ペジェンのオダラン(2) | トップページ | Sari Laba Boga Cafe-ナシ・ゴレン・イカン »