« インドネシア独立記念日 | トップページ | バリ舞踊を見る »

2006年9月14日 (木)

ウブド王宮

バリ島は東京都の2.5倍ほどの面積だが、いくつもの王朝があった。それがいくつもの王宮や離宮を持ち、現存するものも数多い。ウブドの王宮は、ウブドの中心にあり、入場は無料である。

Bl0345

<ウブド王宮の割れ門>by MZ-3/FA35mm F2.0(E100VS)

入口からはいると迎えてくれるのがこの割れ門。割れ門には歓迎の意味があるという。

Bl0346

<ガムランに使用する楽器>by MZ-3/FA35mm F2.0(E100VS)

このあたりには、このような楽器が置いてある。ウブド王宮では、夜になるとバリ・ダンスの公演があり、この時に使うもののようである。そのたびに持ってくるというのも重そうだし。

Bl0363

<聖獣バロン>by MZ-3/FA50mm F1.7(E100VS)

こんなものも見つけた。やはり夜の公演で使うものであろう。

割れ門を抜けると、王族たちが使っていた部屋などがある。だが、奥の方は立ち入り禁止になっていて、まだまだ奥が深そうだ。

Bl0354

<王族たちの部屋>by MZ-3/FA35mm F2.0(E100VS)

ここを訪れていた、日本人のツアーのガイドの話が聞こえてきた。「今でも王族の人たちがここに住んでいます」そういえば、一般に公開されている部屋で、くつろいで過ごしている人の姿があった。

Bl0365

<元王族たち?>by MZ-3/FA77mm F1.8(E100VS)

手前の子供たちは何か習い事をやっているらしい。奥で籐椅子に座りくつろぐ、婆さんは何かを指導しているようでもある。

Bl0372

<さらに奥の部屋>by MZ-3/FA35mm F2.0(E100VS)

別のスペースに行くと、生活臭が強くなった。鳥かごがぶら下がり、もちろん中には小鳥が飼われていた。

ウブド王宮には、なんとゲストハウスもあり、泊まることもできるそうだ。このように、王宮が人々に解放されているなんて、ステキだと思いませんか。

| |

« インドネシア独立記念日 | トップページ | バリ舞踊を見る »

901t Bali & Lombok」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウブド王宮:

« インドネシア独立記念日 | トップページ | バリ舞踊を見る »