« 何もない国 | トップページ | ウブド本物のグルメ »

2006年10月 3日 (火)

Biah Biahの日替わりナシ・チャンプル

では、本命のナシ・チャンプルを紹介しましょう。まずは、お店の紹介から。Biah Biah(ビア・ビア)はウブド市場からジャラン・ラヤ・ウブドを下っていき、レストラン、ノマドの角の通りを南下します。このあたりは、安宿やクリーニング店などがありますが、至って普通の民家があるようなところ。

Bl1088

<店内>by GR-D

全体的に木で作られた感じ。素朴です。

Bl1086

<店内>by GR-D

このあたりのコーナーには、日本語の雑誌や本があります。また、ウブドのイラストマップしかも、日本語表記でフリーという嬉しいものも置いてありました。

まずは、飲み物を注文。

Bl1081

<バリ風アイスコーヒー>by GR-D

ウブドは内陸にあるといっても、日中は暑いですからね。これは、4,500Rp。

続いて、スープをば。

Bl1083

<Soto Ayam>by GR-D

溶き卵のスープ。鶏肉と春雨入り。これは食が進みますね。こちらは、7,000Rpです。

ふと、壁に目をやると。

Bl1082

<壁のプレート>by GR-D

おそらくお客さんだった人たちによる、記念のプレート。大多数が日本人のもの。ここは、メニューも日本語表記だし、店員さんたちもある程度日本語を理解するようです。さて、本日のメイン、Nasi Campur of the Dayが運ばれてきました。

Bl1084

<日替わりナシ・チャンプル>by GR-D

バナナの葉に盛られていますね。手前は、野菜と肉を甘辛くあえたもの。エビせんべいものっているし、肉と魚もあります。もちろん美味しい。料金は13,500Rp。まあこれだけならば、そこらのナシ・チャンプルと変わらないはずですが。違いはここにあります。

Bl1085_1

<巨大なお櫃>by GR-D

竹籠の中はすべてご飯。バナナの葉に盛られているご飯の4~5杯分はあるのではないでしょうか。せっかくなので、お代わりしましたとも。

食べていると、店員さんがチャナンを取り替えに来ました。

Bl1087

<供え物>by GR-D

店内には、あちこちにチャナンを供える場所があるようでした。すべてを供え終わるまで、15分程度はかかったようです。あまりよい写真は撮れませんでしたが、そんな場面を間近で見ることができて良かったです。

| |

« 何もない国 | トップページ | ウブド本物のグルメ »

901t Bali & Lombok」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Biah Biahの日替わりナシ・チャンプル:

« 何もない国 | トップページ | ウブド本物のグルメ »