« Biah Biahの日替わりナシ・チャンプル | トップページ | アンコール遺跡群での注意事項 »

2006年10月 4日 (水)

ウブド本物のグルメ

物価の安いバリ島だが、時には値のはるものを食べたくなってしまう時もあったりして。個人的に好きなものは、イタリア料理とワイン。それがウブドにはあります。

◆Terazo◆

ウブド王宮近くにある、レストラン。ガイドブックにはエスニック料理とあるのだが、基本はイタリア料理なのではなかろうか。何たって、イタリア語の店名だし。ここにあるワインはオーストラリアからのもの。なので、比較的安いかも。わたしはグラスで頼みました。

Bl0422

<Crispy Duck>by GR-D

頼んだら出てきたのが、上の画像。食べてみるとこの味はまさしく、北京ダックでございます。こりゃ、中華だけど、皿にソースでデコレーションしているのがまさに、イタリア。

Bl0421

<フェトチーネ>by GR-D

味は本場には及ばない。なかなか雰囲気のいいところなんですが、惜しむらくは店員の数が多くなくて、なかなか呼んでも会計してくれなかったな。そういうところは、イタリア的でもあるが。このあと、エスプレッソなども頼んだが、飲食税が加算されて、インドネシアの最高紙幣2枚を必要とした。カードでの精算を望んだが、「マシンが不調」とのことで、泣く泣く現金払いしました。こんなところも、イタリアっぽいけど。

▲Green House▲

宿のAdi Cottageと対面する白い外観の建物。モンキー・フォレスト通り西側のお店。カフェ・ワヤンの隣です。

Bl0919

<オーストラリア・ワイン>by GR-D

テラッツォもここも、メニューに載っている料金が下3桁がカットされてます。このワイン、フルボトルで、宿に2泊できちゃう。でも美味かった。イタリアのリストランテなどでは決して行わない(ところが多い)テイスティングなどの儀式もあります。

Bl0923

<Monkfish Carpaccio>by GR-D

イタリアン・シーフードっぽいですねえ。これアンコウのことでしょ。適度なコリコリ感があって、美味かった。こちらは、30,000Rpとお安い。

Bl0922 Bl0924

<パンと食間のデザート>by GR-D

ウブドのパンはこんなに小さい。これはテラッツォでも同じタイプだったような。右は、セコンドの前に持ってきた頼んでもいないシャーベット状の一品。もちろん、料金には含まれていません。

Bl0926

<Deep Fried Crispy Duck>by GR-D

バリ料理ではアヒルの素揚げというのがありますが、これですね。それほどはしつこくなかったかな。でも、量が多い。65,000Rp。このあと、デザート、エスプレッソと進みましたが、そのあたりは割愛。結果的にテラッツォよりも高くつきましたけど(ワインが80%くらいの値を占めてる)、Green Houseの方が好感持てました。

番外日本料理

★漁師★

ジャラン・ラヤ・ウブドの西外れ、プリ・ルキサン美術館の手前あたりにあります。店の下に川が流れてます。ここは、英語のコミュニケーション疲れでツアーの帰りに立ち寄りました。あまりにも疲れたので、元気を出そうと思って。

Bl0558

<カツ丼>by GR-D

Bl1203

<ネギトロ丼>by GR-D

Bl1204

<刺身盛り合わせ>by GR-D

これ、説明いらんでしょ。どんぶりものが2つもあるのは、2回通ったから。カツ丼が34,000Rp。ネギトロ丼が38,000Rp。刺身は安い方のハイビスカスで35,000Rp。意外に手頃。

オーナーの姿はなかったものの、日本人のマネージャーが常駐してます。簡単な日本語で注文できます。もちろん、メニューも日本語表記。生ものでしたが、大丈夫でした。

ちなみに、ウブドでは、日本料理店は、「金太郎」というお店が、サッカー場の近く、「影武者」というお店が、プラマ社のターミナル近くにあります。日本料理に限らず、ウブドでは質の高い食事が楽しみですね。

| |

« Biah Biahの日替わりナシ・チャンプル | トップページ | アンコール遺跡群での注意事項 »

901t Bali & Lombok」カテゴリの記事

Drink」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

コメント

 おお、たまには豪華な食事もいいですねー。
 そういえば、私もバリで日本の丼飯、メニューで見たなー。食べなかったけど。長くいると、日本の食事も恋しくなりますねー。

投稿: マサエ。 | 2006年10月 5日 (木) 15時02分

マサエ。さん、どうもです。
日本食ですが、最近はどこの国に行っても、手頃な値段で食べられるまともなものが出てきました。
中でも、ネパールやタイでは違和感なく美味しいですよ。バリもけっこういい線行ってます。
昔は、かたくなに現地食にこだわっていたのですが、旅の中で何回かはお世話になります。

投稿: ヒョウちゃん | 2006年10月 5日 (木) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウブド本物のグルメ:

« Biah Biahの日替わりナシ・チャンプル | トップページ | アンコール遺跡群での注意事項 »