« メキシコ:コロニアル様式の宿 | トップページ | メキシコ:トルティージャ »

2006年11月12日 (日)

メキシコ:ゲラゲッツァ

オアハカは、メキシコ初の先住民族出身大統領、ベニート・フアレスが幼少期を過ごした地である。彼は、先住民サポテカ人であり、オアハカに出てくるまではスペイン語を話せなかったという。そのオアハカでは、現在教職員組合のストライキをきっかけに州政府との対立からついには死者を出す騒動に発展し、現在も係争中であるらしい。こうした事態をベニート・フアレスが知ったらなんて思うだろうか。(ちなみに、ペニート・ファレスではなく、ベニート・フアレスBenito Juarezである。)

Mx0610

<ベニート・フアレスが暮らした家>by MZ-3/FA28-105mm F3.2-4.5(SRM)

自分が訪れた時にはそんなこともなく、のどかなところであった。街中では音楽が流れ、広場ではマリアッチが曲を演奏する。

Mx0494

<ソカロのマリアッチ>by GR1s

マリアッチは数名から時には10数名に上る楽団で、客のリクエストに応じて曲を演奏する。必ずしも観光名物ではなく、ちょっとしたレストランなどにも現れ、地元の人なども楽しんでリクエストするほどである。

ところで、この騒動のお陰で、夏に2回あるゲラゲッツァという、先住民の踊りを元にした祭りも中止になってしまったそうである。残念なことだ。

本当のゲラゲッツァは見ることはできなかったものの、オアハカのホテルやレストランではゲラゲッツァのショーを見せるところがある。自分も宿泊したHotel Monte Albanも、その一つで、宿泊者は料金がいらない(当たり前だ)。

Mx0510

<Hotel Monte Albanのゲラゲッツァショー>by MZ-3/FA28-105mm F3.2-4.5(SRM)

ある日、夕食から戻ると、ゲラゲッツァのショーをやっていた。慌てて部屋に戻り、メインカメラにストロボをセットして階上から狙う。こういう時に、パティオのあるところは便利だ。画像でおわかりと思うが、このショーはホテルのパティオを利用して毎晩開催されている。宿泊客以外は、70ペソの入場料と、1ドリンクのチャージが必要。

ご覧の通りのきらびやかさ。自分も階上から狙っていたものの、気づくといつの間にか、階段を下りて、踊り手に迫っていた。

Mx0505

<フロアより>by MZ-3/FA28-105mm F3.2-4.5(SRM)

ショーは20:30~22:00までの1時間半の上演。他に数ヶ所、ゲラゲッツァのショーを上演するところもあるようだが、モンテ・アルバンは街の中心にあり格安なので、お勧め。

それにしても、来年は平和にゲラゲッツァが開催されるよう願ってならない。

| |

« メキシコ:コロニアル様式の宿 | トップページ | メキシコ:トルティージャ »

Revue」カテゴリの記事

06a Mexico」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
偶然こちらのページにたどり着きました。
メキシコ大好きな私ですが、実は私もこの年(2006年)にメキシコへ行っており、なおかつゲラゲッツァを楽しみにオアハカへも訪れました。しかし、教職員によるスト激化で街は混乱に陥り、確かにイベントは中止と騒がれていました。しかし、納得いかずもしかしたら…という思いもあり色々聞いてまわると、例年とは違う別の会場で密かに行われるらしいという情報を手に入れました。確かな情報かもわかりませんでしたが、その場所に着くと…なんと開催されたのです!何事もなかったかの様に朝から日が暮れるまで踊りは続けられました。純粋にオアハカの民の魂の舞といいますか…ただただ感激しました。
異例の事態ということもあり鑑賞料もいりませんでした。オアハカに住む人々も、私達の様な世界各国から訪れる観光客も、人種の差別なく、貧富の差なく、そこにたどり着いた誰もが平等にゲラゲッツァを体感できるようにという意味でしょうか。観光目的、商業的なイベントとなった今、それも大事なことではありますが、高額なチケット代故、元来オアハカに住む人々にとってのものでありながら、彼らの手の届かないものに変わりつつありますし、オアハカから世界に意味のあるメッセージを発信したと思えたゲラゲッツァでした。

投稿: えり | 2011年8月21日 (日) 04時18分

えりさん、こんにちは&はじめまして。
ワタクシが訪れたのは、その2年前ですでに7年も過ぎ去ってしまいました。
えりさんは、本物のゲラゲッツァを見ることができたなんて、はるばる訪れた甲斐があったじゃありませんか。
いいなあ。
自分の場合、こんなに間が空いてしまったので、そろそろまたメキシコに行きたいなという気持ちもあります。

来ていたただきありがとうございます。
インド・ネパールから戻ったばかりなので、しばらくはそちらのレポートが続きますが、興味がおありならば、また来てみてください。

投稿: ヒョウちゃん | 2011年8月21日 (日) 13時20分

そうだったんですか…すいません日記の日付が2006年だったのでてっきり。インド魅力的ですよね。
私の行きたい国の一つです。
ただ、私は時間・お金に余裕ができると、どうしても中南米(特にメキシコ)へ行ってしまいます。実は来月にもまたメキシコへ。今回は短期間の滞在ですがオアハカにも行きます。

時間経つと行きたくなりますよね。是非またメキシコ行けるといいですね!!
では☆

投稿: えり | 2011年8月21日 (日) 18時27分

えりさん、わざわざまたどうもです。
まあ自分の場合は、「ここ」だけに行くという、ことはなくて、その時の情勢にあわせてフレキシブルに対応しています。
たとえば、中東などのイスラム圏に行っても良かったのですが、今年の夏はまだラマダンが入ってくるし、ジャスミン革命の関係であまり治安が安定していないし、などの理由でインド・ネパールにしました。
それでも、インドに行くちょっと前に、テロと思われる鉄道事故などもあったんですけどね。

投稿: ヒョウちゃん | 2011年8月21日 (日) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メキシコ:ゲラゲッツァ:

« メキシコ:コロニアル様式の宿 | トップページ | メキシコ:トルティージャ »