« ケーミンガ寺院 | トップページ | ずらり並んだミャンマー料理 »

2007年1月25日 (木)

ブーゲンビリアとアーナンダ寺院

バガンの初日午前中最後の訪問地は、アーナンダ寺院であった。入口がよくわからず、ちょっとした村落に紛れ込む。ここで道を聞いてなんとかたどり着いた。

ヤンゴンのシュエダゴォン・パヤーほどではないが、参道があり、土産物屋が軒を連ねる。ここから早くも裸足になる。ヤンゴンでは、サンダルを入れる袋を使っていたが、バガンではあまたの寺院とパヤーがあるため、入口でせいぜいサンダルを揃えておくくらいである。

Mh0151

<アーナンダの仏像>GRD

参道を進むと、かなり大きな仏像と対面する。どうやらこのあたりが寺院の中心であるらしい。仏像は、中心の四角い建物の内部に4体ある。ひとつの壁面につき1対ずつあることになる。

アーナンダ寺院は規模の大きい寺院で、自分が入った入口が北側。西側には仏足跡があり、そこからまた参道があった。

まだ、この寺院の全容を見ていない。途中から外に出る。中心にある塔の高さは、50m。寺院の壁の色は白っぽいが、塔は金色。なかなか、バランスのいい寺院である。

Mh0160

<ブーゲンビリアと寺院>MZ3/35mm/RVP100

中庭に出ると、寺院内と違い地元の子供が遊ぶのみ。そこにあったのは、原色の花。ブーゲンビリアらしい。

Mh0164_1

<塔のアップ>MZ3/77mm/RVP100

きらめく塔。

Mh0165

<瓶の水>MZ3/35mm/RVP100

誰でも飲んでいい水飲み場があった。もちろん、井戸から汲んできたものだろう。ツーリストの立場ではちょっと手が出ないが、ミャンマーでは寺院や村落にはこのようなものが必ず設置されている。優しいミャンマーの人々の心意気がわかるかも。

| |

« ケーミンガ寺院 | トップページ | ずらり並んだミャンマー料理 »

Temple/Church」カテゴリの記事

903t Myanmar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブーゲンビリアとアーナンダ寺院:

« ケーミンガ寺院 | トップページ | ずらり並んだミャンマー料理 »