« ポッパ山のジェームス・ブラウン…もしくは根津甚八 | トップページ | 空港へ馬車で »

2007年2月14日 (水)

タウン・カラッとナッ神

今回は真面目にタウン・カラッを紹介します。

Mh0416

<裸足で階段を上がる>MZ3/50mm/RVP100

こんな階段が延々と。裸足で、途中には汚いものもある。ここはまだマシな方で、鉄製の階段もありました。足裏が痛くなる人もいます。わたしゃ、平気でした。また、ところどころに、掃除のボランティアがいて、通り過ぎるたびに「ドネーション」と、囁かれます。

Mh0453

<勢揃いしたナッ神>GRD

等身大よりも小さい感じ。どれもハデハデな衣装。ボー・ミン・ガウンの忘れられない表情と違い、どのナッもすがすがしい感じ。特徴がないというか。手前には、供えられた果物やお金が並ぶ。

Mh0430

<ポッパ山>MZ3/35mm/RVP100

頂上部に到着。さすがに眺めがいいです。名前のわからない、湖も見えました。こちらの山がポッパ山で、リゾート地みたいです。タウン・カラッには入域料は必要ありませんが、ポッパ山方面には入域料が必要。

Mh0432

<仏塔>MZ3/35mm/RVP100

ふもとから見えた仏塔がこれ。内部には仏像やボー・ミン・ガウンがあります。

Mh0438

<寄進額のプレート>GRD

ドネーションの額は様々。100ドルぽんと寄付する人もいれば、5,000チャットの人も。

Mh0458

<そしてふもとへ>MZ3/35mm/RVP100

青いバナナを売る人たち。おそらく、供え物としてだろう。ああ、面白かった。

| |

« ポッパ山のジェームス・ブラウン…もしくは根津甚八 | トップページ | 空港へ馬車で »

Temple/Church」カテゴリの記事

903t Myanmar」カテゴリの記事

コメント

あぁ、思い出した。
悪い猿がいたなぁ、物売りから品物とっていったし、、
あたりかまわず、大小便はするし、、
鉄の階段、足の裏、痛かった。突起があったから。

投稿: とんび | 2007年2月14日 (水) 06時55分

とんびさん、お帰りなさい。
ここでは、新聞に包んだ猿の餌を売っていますね。
投げられるとわんさか集まっていました。
悪さをする場面は目撃しませんでした。
ただ、階段を上がる途中で、フィルムが終わってしまって、交換する安全な場所を探すのに苦労しました。
鉄の階段は、わたしゃ大丈夫でした。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年2月14日 (水) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タウン・カラッとナッ神:

« ポッパ山のジェームス・ブラウン…もしくは根津甚八 | トップページ | 空港へ馬車で »