« ヤンゴンのカフェ | トップページ | ボータタウン・パヤー »

2007年3月18日 (日)

ヤンゴンのコロニアル様式の建物群

ヤンゴンの市庁舎のあるあたりは、コロニアル様式の建物が建ち並ぶ一角である。ミャンマーはイギリスの元植民地であったため、イギリス式の建物が数多く残っているのだ。ヤンゴン市庁舎のあるあたりが官庁街となっていて、他には最高裁判所、中央電話局、税関、中央郵便局、いくつかの国の大使館などがある。

Mh0820

<独立記念碑と最高裁判所>MZ3/35mm/RVP100

スーレー・パヤーの裏手あたり。右手に立つ独立記念碑は白くてすらっと高い。左手の煉瓦色の建物が最高裁判所。ところで、ミャンマーは首都機能をヤンゴンからピンマナに移転したため、この最高裁判所が実際に機能しているかは不明である。ただし、建物はそのままそっくり残っているし、2007年1月現在取り壊される様子はない。

Mh0823

<最高裁判所>MZ3/35mm/RVP100

この建物、ロンドンにあっても不思議ではない。煉瓦でできた重厚そうな造りで、右手の時計塔が印象的。

Mh0821

<ヤンゴン市庁舎>MZ3/35mm/RVP100

これは、ヤンゴン市庁舎だったと思うのですが、ちょっと記憶が定かではありません。とはいえ、こちらも重厚そうな造り。煉瓦ではなく石造りのようです。

Mh0822

<コロニアル様式>MZ3/35mm/RVP100

そのヤンゴン市庁舎の隣にある建物。なんだかよくわかりません。が、こちらは色の違う石を交互に積み重ねた建物。イタリアのルネッサンス期の建物にも、色違いの石を組み合わせて縞模様を見せるものがありますけど。

Mh0826

<ストランド・ホテル>MZ3/35mm/RVP100

ヤンゴン川沿いに立つ、コロニアルホテル。外見上あまり特徴が感じられないものの、中にひとたび入ると、そこはミャンマーではなくかつての植民地。こうしたアジアのコロニアルホテルでは、シンガポールのラッフルズ・ホテル、香港のペニンシュラなどと同格らしい。宿泊料金は一番安い部屋で、1泊450USドル。自分の9日間のミャンマー滞在費(移動・宿泊費用含む)とほとんど変わらないではありませんか。

| |

« ヤンゴンのカフェ | トップページ | ボータタウン・パヤー »

903t Myanmar」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤンゴンのコロニアル様式の建物群:

« ヤンゴンのカフェ | トップページ | ボータタウン・パヤー »