« タナカ | トップページ | マカオへ »

2007年4月 7日 (土)

佐敦の朝はお粥で

お待たせしました。香港・マカオレポ行きます。

実質香港の初日。深夜の到着だったが、寝過ごすこともなくなんとかそれなりに起きることができた。宿では朝食が出ない(というか、予約してきた宿すべてがそう)ので、外に食べに行くことになる。あいにくと外はどんよりした天気。

Hm023

<彌敦道>MZ3/35mm/RVP100

佐敦はやや下町の雰囲気を残した地域。この彌敦道を渡ると、有名な廟街もある。天気は悪いものの、RVP100は、かなり派手な発色をしてますね。

さて、朝食と行きますか。麺にするかお粥にするか。宿の近くにはガイドブックにも載っている彌敦粥麺家がある。しかし、行ってみると見事に満席で諦める。仕方ないので、近くの食堂でお粥を頼む。

Hm024

<皮蛋痩肉粥>GRD

朝食セットで20HKD。右の揚げパンみたいなものは、油條(ヤウティウ)。香港のお粥にはなくてはならないもの。ここでは、サイドメニューとして頼んだのではなく、ついてきた。ところで、皮蛋痩肉粥とは、ピータンと塩漬けの豚肉が入ったもの。

残念ながら、この店のものは抜群に美味いとは言い難かったのだが、前に香港に来た時にも、頼んだ一品である。

Hm026

<ピータンがごろり>GRD

たぶん、香港のお粥はどれを頼んでも、ただの白粥のように見える。だが、具はお粥の下の方に沈んでいるのである。といって、むやみにかき回してしまうのは水分と煮込まれた米粒が分離してしまう原因となり、あとで食べにくくなるのでやめた方がいいらしい。

ひたすら、お粥を減らしてレンゲですくってピータンを取り出した。ほどよい塩味。油條も入れてみましたが、味にバリエーションが出ます。やはり頼んだ方がいいと思う。この店の油條は割と少なめでしたが、その後別の粥麺専科で観察したところ、給食などで出てくる揚げパンサイズのものもあったので、これで満腹間違いなしでしょう。

ところで、この店では料金は伝票を置いていくので、レジで直接払うシステムでした。

さて、腹もたまったことだし、宿をチェックアウトしてマカオに向かうことにしましょうか。

|

« タナカ | トップページ | マカオへ »

Food」カテゴリの記事

902t Hong Kong & Macau」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

香港お粥、美味しいですよね!
初めて行った時に、なんて旨いんだろう!とちょっと感激しました。

意外とガイドブックに載ってないようなところでも、美味しいものに出会えることありますね。
ピータン、結構好きです。

ここのお店のも美味しそうですね!

投稿: 旅ランナー | 2007年4月 8日 (日) 02時34分

旅ランナーさん、こんにちは&はじめまして。
いつか、そちらにもご挨拶に伺おうと思っていましたが、先を越されてしまいましたね。
香港のお粥は、ネパールの帰りにストップオーバーして、味わいましたが、そりゃもう感激ものでした。
とはいえ、味のしっかりしたものは、粥麺専科または粥専門店で食べるのが、一番かと思います。
お粥はあと2回味わっています。
これからもよろしくお願いします。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年4月 8日 (日) 09時40分

お粥もいいものですね。先日、香港行ったときは、朝は飲茶レストランに行って、お粥は昼に一度食べただけでした。香港は食べたいものがいろいろとあるので、いろいろな種類の食べ物を短期間で試してみるのは難しいです。

投稿: とんび | 2007年4月 8日 (日) 12時05分

とんびさん、こんにちは。
香港・マカオでは本当に食べたいものばかりで、困ってしまいますね。
お粥と麺はよく食べたのですが、今回飲茶をできなかったのが残念です。
やはり時間が足りませんね。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年4月 8日 (日) 13時16分

私は米より麺なタチなので、香港に行った時は麺ばかり食べていました。最終日の帰る直前の食事でお粥を食べて、とてもおいしかったので「しまった!」と思った記憶があります。
ピータンは食わず嫌いで食べたことないなぁ。

投稿: やまきち | 2007年4月 8日 (日) 23時09分

やまきちさん、こんにちは。
暑いマカオから戻ってきました。やあ、ほんとに暑かったっす。
ワタクシも、麺好きなんです。
とはいえ、この1年以上訪れる国が長粒種の米を食べるところばかりで、ジャポニカ以外のご飯もかなり慣れてきました。
香港のお粥は中国本土のお粥とは違って、スープで炊きあげますね。
そして、美味しい具が入っていて、日本人の好みに合うと思います。
ただ、香菜(シャンツァイ、いわゆるコリアンダー)が入っている場合もあるので、これが嫌だという人もいるかも。
ピータンは、まあいってみれば、卵を漬け込んだものですね。
独特の味わいがありますが、ほとんど前菜で出るものなので、せいぜい食べても、数つまみくらいですよね。
一度お試しあれ。お粥とは相性合います。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年4月 9日 (月) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐敦の朝はお粥で:

« タナカ | トップページ | マカオへ »