« アズレージョと教会 | トップページ | 夜のセナド広場 »

2007年4月15日 (日)

夜はポルトガル料理なのだ

夕方5時頃に観光を終えて、宿に引き返す。着ていたTシャツはぐちゃぐちゃ。しばしエアコンで涼むとともに、夕食はどこにしようかと考える。マカオはポルトガル領だったので、ポルトガル料理を食べることができる。とはいえ、若干の中華のアレンジもされていて、マカオ料理とも呼ばれている。おそらくは、イエズス会の東洋進出ルートとも関係があり、インドのゴアやマレーシアのマラッカのテイストも加味されていると思う。

宿の近くには思ったようなレストランを見つけられなかったので、心当たりのある店に行ってみることにした。7年前のマカオ訪問時に夕食を食べたレストランである。その時の様子は、本サイト→旅行記INDEX→初心者連れ香港にわか添乗員紀行と進んでください。

ホテル・リスボア(葡京酒店)からフェリーターミナル方面へ。そのあたりは、ホリデイ・インなどのホテル街となっているが、そこを越えると新口岸と呼ばれるあたり。庶民的なレストランがあり、この中の、新口岸葡國餐廰(Est. de Comidas Portuguesa "Port Exterior")のテラス席へ。

Hm129

<ハウスワインとミネラルウォーター>GRD

メニューを読む。嬉しいことに、中国語に加えポルトガル語も併記されている。ポルトガルは何度か訪れたことがあるので、メニューの解読には自信あり。だが、従業員にポルトガル語で注文してもたぶん無理だろう。まずは、ハウスワイン500mlとミネラルウォーターを注文。ワインはキャラフに入れられて登場。かなり軽めのテイストだが、味は悪くない。たぶん、まともなワインをアジアで飲もうとすると、かなり高めのボトルを頼むことになりそうだが、マカオではヨーロッパのように気軽に飲むことができる。ワイン博物館もあることだし、マカオではワイン文化が根付いていると考える。ちなみに、ミネラルウォーターは、ワトソンズ(屈臣氏)のもの。香港系のドラッグストアが出しているブランドです。

さて、メインディッシュを何にしようか。メニューには、写真入りで料金もきちんと表記されている。先ほどの自慢はなんだったのか。そのまま指させばいいじゃん(^^;)。いろいろ考えたあげくに、定番スープと豚のレバー炒めを選ぶ。そうしているうちにパンが運ばれてきた。

Hm130

<パン>GRD

このパンは割と美味しい。たぶん自家製ではないと思うが、近くのベーカリーで焼いているものだろう。旧宗主国のポルトガルだと、こうしたパンがごっそり籠に入れられてくるのだが、この店では1個のみでした。ほとんどの客が中国人なので、別にご飯を注文するからでしょう。

Hm131

<Sopa de Legumes>GRD

Sopa de Legumesというのは、ジャガイモをベースにした野菜スープ。ポルトガルのスープの定番のひとつ。これとは別に、Caldo Verdeという、ジャガイモベースのちりめんキャベツを加えたものがあるのだが、このスープはその中間的な感じでもある。だが、隠し味は次の画像を見ていただきたい。

Hm133

<隠し味の桜エビ>GRD

ほのかに、海産物の味がするなあと思ったら、小さなエビが具に入っていました。また、スープの表面には赤いものが浮いていて、少しばかりチリを使っているようで、ちょっぴりスパイシーでした。さて、次はメインディッシュ。

Hm135

<豚のレバー炒め>GRD

ポルトガルの内臓料理というと、ポルトのTripas a Moda do Portが有名。臓物と白インゲンの煮込みです。もっとも食べる機会がありませんでしたが。これは、それとはちょっと違い、タマネギとニンニクを加えてシンプルに炒めたもの。臭みは全くなく、美味しかったです。コリコリ具合がたまらないです。

お勘定はテーブルで済ませます。税込みで142パタカ。もっとも香港ドルで支払いましたが。ここは、クレジットカードも使えます。満足。

|

« アズレージョと教会 | トップページ | 夜のセナド広場 »

Drink」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

902t Hong Kong & Macau」カテゴリの記事

コメント

これはかなり純粋ポルトガル料理に近いですね。ポ料理、ポ的なマカオ料理、中華的なマカオ料理、中華料理ってわけたとき。
外で食べるのもよさそうだし、今度マカオいったときには、ここも候補に入れておくことにしよう。

投稿: とんび | 2007年4月15日 (日) 15時40分

 やっぱり出てきましたね、ポルトガル料理。豚のレバー炒めですか。レバーはあまり好きじゃないけど、臭みが無ければいいかな。
 スープも美味しそう。

投稿: マサエ。 | 2007年4月15日 (日) 16時12分

☆とんびさん、こんにちは。
ポルトガル料理は手の込んだものもありますが、どちらかというとシンプルな料理が多いと思います。
ポークのステーキとかバカリャウの料理ですね。
シンプルだけどこれがまた美味しいです。
この店、気に入りましたか?
安いワインがあるってことで、翌日も通いました。
でも、チェックしていたプラタオには、時間がなくて行けなかったです。
テラスで食べるのはけっこう好きですね。
ただ、リスボンなどではリベルターデ大通りに面したところなどで、排気ガスと道行く物乞いに遭遇することになりますけどね。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年4月15日 (日) 16時51分

◇マサエ。さん、こんにちは。
ポルトガル料理というか、葡式レストランには3回通ったかな。
またアップしますので、よろしくです。
比較的、臓物料理は敬遠しがちですが、フィレンツェやヴェネツィアも臓物料理があるんですよ。
臭みはないことになっていますけど、ここのレバー炒めが最も、違和感なく美味しかったですね。
スープは定番ですね。朝食などに、これとオリーブがあれば、パンをいくらでも食べることができます。
スープとパンの美味しい国は、ポルトガル、トルコ、モロッコです。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年4月15日 (日) 16時55分

マカオは、アジアで普通に美味しいワインが安く飲めそうなのでワイン好きにはいい国ですね。タイでシーフードを食べると決まってワインが欲しくなるのですが、私が行くような安い料理屋ではなかなかありません。
マカオ、いいですね。今度行ってみようかな。

投稿: ito-ani | 2007年4月15日 (日) 21時11分

Sopa de Legumes、これ旨そうですねぇ~!
ジャガイモベースってところが個人的にはいいなぁ~♪

私も1年半前にポルトガルに行った際に、なんてポルトガルの料理は旨いんだ!とちょっと感動したのを覚えています。
その時は何度か食べたんですが、米を煮込んだスープをオーダーしていましたね。

これを見るとマカオ行きたくなりますね、と食べ物につられそうです(笑)

投稿: 旅ランナー | 2007年4月15日 (日) 21時14分

△ito-aniさん、こんにちは。
確かに、タイではワインは難しそうですね。
バリ島などでは、オーストラリア産のワインがあるんですけど。
でも、ハウスワインがあるとなると、やはりマカオに限定されそうです。
また行きたいですよ。ワイン飲みに。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年4月15日 (日) 22時39分

◎旅ランナーさん、こんにちは。
たくさんコメントありがとうございます。
ポルトガル料理はいいですよね。
料理の美味いところは、その土地も好きになりますよね。
ポルトガルは好きな国のひとつなんです。
米の入ったスープは、Canjaというやつですね。
これもまた定番のスープです。
圧倒的に日本人の少ないマカオですが、香港ほどせかせかしていないし、いいところですよ。
是非行かれてください。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年4月15日 (日) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜はポルトガル料理なのだ:

« アズレージョと教会 | トップページ | 夜のセナド広場 »