« 大澳へ | トップページ | 大澳の古い廟 »

2007年5月19日 (土)

大澳商店街

大澳に着いて海を眺める。大澳にはかつて水上居民がたくさんいた。水上家屋もたくさんあったが、火事によってかなりを失ったと聞いている。

Hm434

<大澳の港>MZ3/35mm/RVP100

この日はこの旅行中もっともよい天気となった。香港とはいえ、ここまで来ると海は澄んでいる。大澳はなんといっても海産物が特産品である。しばらく歩くと、干物などを売る商店街にたどり着く。

Hm436

<各種海産物>MZ3/35mm/RVP100

漂ってくる干物の匂い。我々日本人にとっては、それほどの刺激臭ではない。どこか懐かしさを感じる匂いのひとつ。この日は、別方面からもバスがやってきて、非常にたくさんの香港からの観光客が練り歩いていた。外国人観光客ではなく、すべて香港の地元観光客である。

Hm441

<天日干し>MZ3/35mm/RVP100

海産物を天日で干す。このおじさんは、商店主でしょうが、しばらく歩いて戻ってきても同じことを行っていました。

Hm438

<水上家屋>MZ3/35mm/RVP100

かなりの部分が消失したと聞いていたものの、びっしりと並ぶ水上家屋。もちろん生活の基盤は海や川なので、ボートが必需品。

Hm443

<サメの干物>MZ3/35mm/RVP100

商店街にて巨大な干物が吊してあった。サメである。こんなところでは、フカヒレなどを扱う。この干物も、単なる客寄せグッズではなく、数万元の値段が付いていた。

レポートはさらに続きます。

|

« 大澳へ | トップページ | 大澳の古い廟 »

902t Hong Kong & Macau」カテゴリの記事

コメント

アラックです。
私は香港には二度しか行っていませが、
何よりも好きなのが、お粥と雲呑麺です。
高級なお店の中華や飲茶より、この二つが大好きです。
1月には、新界のパンダホテルに泊まりましたが、半乾燥の
麺とを買って帰り、あの腰を日本でたのしみました。
日本で売っていたり、機内販売の免税の袋に入った乾燥麺は
まったく腰がないただのインスタント麺ですからね。
また、香港へ行ってみたいです。

投稿: アラック | 2007年5月19日 (土) 09時18分

◇アラックさん、こんにちは。
香港はいろいろ楽しめていいですよね。
わたしゃ、食べ物を持ち帰ったことはありません。
香港では、「出前一丁」が人気があるので、これなんかは、日本のものと違いもあるかも知れませんよ。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年5月19日 (土) 18時00分

 おお、サメ!。さすがにでかい。
 干物なんかを干しているのは、日本の漁村と一緒ねー。水上家屋は違うけど。
 サメの干物、どんな味なんだろう?。

投稿: マサエ。 | 2007年5月20日 (日) 13時40分

◇マサエ。さん、こんにちは。
ねえ、どうやって使うのかよくわかりませんね。
フカヒレは食べたことありますが。
大澳、まだ続きますので、また来てください。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年5月20日 (日) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大澳商店街:

« 大澳へ | トップページ | 大澳の古い廟 »