« ヴィクトリア港の夜景 | トップページ | 大澳へ »

2007年5月14日 (月)

ピーナッツ粥

いよいよ最終日。この日の朝食何を食べようか。できたら、宿の目の前にある生記粥麺で食べられたらなと思っていたら、まだ開店していなかった。しょうがないので、油麻地駅方面へ向かう。そこにあったのが通達食店という粥麺専科。ただし、店が二手に分かれていて、麺と粥は同じ店内では食べることができない。よし、お粥にしよう。

店内は地元の食堂といった雰囲気。どれにしようかしばし考えるが、壁に貼ってあるメニューを指さしで注文。柴魚花生粥とサイドメニューは香滑腸粉に決まり。

Hm420

<本日の朝食>GRD

いや、それにしても朝食にしてはかなり色合いからしてシンプルすぎるような気も。

さて、頼んだお粥は落花生と干した小魚入り。見た目よりも栄養価は高そうです。

Hm417

<柴魚花生粥>GRD

「地球の歩き方」によれば、このお粥はあらかじめ具を入れて煮込んだものとある。確かに、落花生の色が溶け出しているようでもある。そして、通常は屋台で売られるものらしく、粥麺専科にはないメニューともある。あまりメニューをチェックしてこなかったが、もしかするとかなりバラエティに富んだお粥が楽しめる店なのかも知れない。味はまあまあ。生記の方が美味しいです。

Hm418

<香滑腸粉>GRD

サイドメニューの腸粉も比較的良く食べられるもののようです。原料は米で、普通は中にエビなどの具があります。頼んだものは中には何も入ってなく、胡麻とピーナッツソースがかかっていました。ソースがないとほとんど味がないです。

米ばかりの朝食となりましたが、お粥とちまきなんて組み合わせもあるので、香港の人はあまり気にしないのかも知れません。確かに、腹にはたまりましたが。

前日夕食の記事がないのは、ごく普通の店で簡単なものを食べたからです。紹介するほどのことはなし。

|

« ヴィクトリア港の夜景 | トップページ | 大澳へ »

Food」カテゴリの記事

902t Hong Kong & Macau」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピーナッツ粥:

« ヴィクトリア港の夜景 | トップページ | 大澳へ »