« 大澳商店街 | トップページ | 大澳を歩く »

2007年5月20日 (日)

大澳の古い廟

大澳の商店街を抜けると、ちょっとした広場があり、そこには廟があった。關帝古廟と天后古廟が並んでいる。

Hm444

<關帝古廟>MZ3/35mm/RVP100

關帝とは、三国志で有名な関羽のこと。関羽が神格化され、古くは武神、現在では商業の神として信仰されている。横浜中華街にも関帝廟はありますね。それでは中に入ってみます。

Hm446

<關帝>GRD 3:2mode

いかにも作り物っぽいが、これが関羽。ここは、観光客が多く訪れるためか、カメラを向けても何もいわれません。關帝古廟と隣り合うように建てられているのが、天后古廟。実は中で繋がっていました。

Hm447

<天后古廟>MZ3/35mm/RVP100

間口は狭いが、奥は広がっている。ここ、大澳も海に関連した仕事がメインなため、媽祖信仰が盛ん。

Hm450

<天后像>GRD 3:2mode

媽祖は千里眼と順風耳という鬼を従えています。もともとは悪い存在だったそうだが、媽祖により改心させられ、以後媽祖につきそう存在になったとか。

Hm451

<赤鬼>GRD 3:2mode

Hm452_1

<青鬼>GRD 3:2mode

さて、千里眼と順風耳はどちらなんでしょうねえ。このあたりはよくわかりません。

ちなみに、この二つの廟と並んでカトリック教会がありましたが、そちらは観光地でないので訪れる人もいなかったようです。このあと、大澳の街を歩き、奥へと進みます。

|

« 大澳商店街 | トップページ | 大澳を歩く »

Temple/Church」カテゴリの記事

902t Hong Kong & Macau」カテゴリの記事

コメント

中まで入ったのですね。自分は入口を見ただけでした。
町を抜けた廟のところまでいきました。

投稿: とんび | 2007年5月20日 (日) 16時53分

◇とんびさん、こんにちは。
HP拝見しました。
もちろん、こういうものは素通りできない性分です。
とはいえ、マカオのナーチャ廟は人が多すぎて入れませんでしたが。
わたしゃ、大澳はぐるっと一周してきました。
なので、まだ続きがあります。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年5月20日 (日) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大澳の古い廟:

« 大澳商店街 | トップページ | 大澳を歩く »