« 懐かしの日本車 | トップページ | エキメッキ »

2007年6月12日 (火)

最悪ディレイ

ディレイは最低である。旅を続けていると、たまには飛行機の遅れを経験することがある。最近では、日本からバリに行くのに、キャセイのコンピュータがダウンしていて、手作業でのチェックインとなり、搭乗券の発行だけで2時間近くかかったことがある。香港からバリへは1時間待ち程度だったため、もしかすると乗り継げなくなるのではと思ったが、バリ便もまってくれたおかげで乗り継ぐことができた。ただし、到着は深夜となった。また、つい最近雷警報でノースウエストの出発が1時間半ほど遅れたこともあった。

今まで一番のディレイは、エア・インディアの成田-デリー便。通常午前中に日本を飛び立つはずだが、この時はインドから機材が到着せず、結局3日遅れとなったらしい。この時、仲間たちによるインドのツアーに参加するところであった。インド滞在6日というものだが、遅れれば遅れるほど日程は短くなっていく。エア・インディアに交渉の結果、ようやく翌日のシンガポール航空でインドに向かうことができた。ただし、現地滞在は1日短くなり、非常に慌ただしい予定をこなすこととなったのである。

ただし、この時は非常に怒りを覚えたものだが、成田のホテルを用意してくれ、いつでも出発はOKの態勢にあったのだ。これよりひどいのは、ネパールに向かった時の、ロイヤル・ネパール航空である。

この時は、友人とネパールの個人旅行に旅立つところであった。チケットは、成田-香港-カトマンズというちょっと変則のもの。香港まではキャセイで、香港からはロイヤル・ネパール航空を利用という変則さ。

もちろん、香港までは快適に飛ぶ。問題はここから。こちらも、機材が香港に到着せず、詳しい説明がないまま、ついに新装なったばかりの、チェク・ラブ・コブで一夜を過ごすことになったのである。

アナウンスがあり、ディレイが告げられる。搭乗客が集められ、「お詫び」のクーポン券50HKD分が配布された。これで食事をしてくれということか。空港内のビュフェでちょっとしたものを食べる。さらにアナウンスがあり、今度はクーポン券90HKD分の追加。さらに、毛布が配布された。詰め寄る乗客だが、この航空会社には乗客分の宿を用意する余裕はないようであった。

Np0029

<空港ベンチで眠る>Nikon AF600/Fujicolor Super400

この空港ベンチ、意外にもぐっすり眠れてしまったのだが、二度とこんな経験はしたくない。ロイヤル・ネパール航空は香港、デリー、関空などに路線を持っているが、なんと機材は3機しかないようだ。徹底的な使い回し。おそらく、カトマンズに戻ってきた便はとって返して、次のルートに回されるんだろう。

翌朝目を覚ますと、機材が到着していた。12時間以上のディレイでなんとかカトマンズに飛び立つ。カトマンズでは宿を予約していたが、予約は無効にならず、無事泊まることができた。さて、帰りだが、何故か数少ないビジネス席にグレードアップ。ディレイのお詫びでしょうか。それほどありがたみはなかったけど。

|

« 懐かしの日本車 | トップページ | エキメッキ »

Airport」カテゴリの記事

コメント

 ヒョウちゃん、こんにちは。
 ディレイ、よくありますねー。私もエア・インディアでは、4時間ほどディレイのあげく、飛び立ったと思ったら故障があったとかでデリーに引き返したことがありました。しばらくしてまた飛び立ったけど、無事日本に着くのかと、ほんとうに心配だった。2度目にインドへ行った時は、全日空にしました。
 ロイヤル・ネパールもポカラからカトマンズへ行く飛行機がちっとも来なくて、半日ホテルに缶詰でした。なぜか関空へ帰る時は香港を経由せず(行きは経由したし、予定では経由することになっていた)、予定より2時間も早く関空に着いた。おわびか?、まさかね。ビジネスクラスの方がいいなー。

投稿: マサエ。 | 2007年6月13日 (水) 10時00分

アラック、遅れは悲しいですよね。
私の経験。
①NWのサイパン夜便、キャンセル、幸いJLに振り替え。
②GAのバリからの帰国便、当時、ジャカルタからの便が遅延。
 結局6時間ほどの遅れ。
③GAの帰国便がキャンセル、ホテル宿泊、行く日、臨時便の直行便
 で帰国。
たまたま休みに余裕があったので良かったですが、仕事が入っていたら
厳しかったです。
そう、BAGUS!のブログですが、エキサイトさんの不具合で厳しい状況です、これまた、悲しいです。

投稿: アラック | 2007年6月13日 (水) 16時37分

ディレイは、私も何度か経験ありますよー。
実は、去年のベトナムでもニャチャンからの国内線が飛ばず、一日足止め喰らいました。よくあることらしく、見事な手際のよさでちゃんとホテルは用意してくれましたけど(笑)。
翌朝ホーチミンに着いたものの、成田行きは深夜発だったので、空いた時間で美味しいものを食べまくりましたよ(^ ^;)
インドでは、飛行機じゃなくて列車でした。
バナラシ→アグラ行きの寝台特急が、豪雨のため翌日の早朝に出発が遅れ、のろのろ運転の末に着いたのはその日の夕方。スケージュールの関係で、なんとタージマハールに行けませんでした(ToT)
なので、いつの日かリベンジする予定です。

投稿: mayu | 2007年6月13日 (水) 19時00分

◇マサエ。さん、こんにちは。
をを、エア・インディアを使われたことがあるんですね。
やはり鬼門ですね。ディレイがつきものかも。
自分も、こんな経験があるので、次にインドに行くことがあっても、エア・インディアはもう使わないと思います。
ネパール国内線のカトマンズ-ポカラは天候が悪いと飛びません。
関空-カトマンズ線は経由地が上海では?
これは、上海は単に給油のために立ち寄るようで、乗客の入れ替えはないはずです。また、確か、日本へ向かう便は上海をスルーするんじゃなかったかな。
ビジネス(らしい)席は、機内食の選択ができるのと、ややシートが広いくらいですよ。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年6月13日 (水) 21時31分

◇アラックさん、こんにちは。
けっこう出くわしているのですね。
バリによく行かれているようですが、ガルーダはディレイ以上に安全上問題があるようですよ。
インドネシアの格安航空会社が(ライオン・エアなど)日本への路線を計画しているようです。こちらの方がしっかりしている可能性は高いです。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年6月13日 (水) 21時35分

◇mayuさん、こんにちは。
やはり皆さん、いろいろ経験してますね。
インドの鉄道に乗ると、線路ののっているところが、弱そうだというのがよくわかりますね。これじゃスピードでないなと。
逆ルートですが、ヴァラナシー-アグラの夜行に乗ったことがあります。やはり1時間くらい遅れて到着して、のっている間にさらに遅れました。まあ、この程度では、遅れでもないような感じですけどね。
インド国内航空線もけっこう遅れます。遅れると、必ずレストランで何かが無料になります。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年6月13日 (水) 21時54分

おはようございます。
ディレイはホーチミンで遭いました。
ベトナム航空、出発は定刻より3時間遅れで、
香港での乗り継ぎ便に乗れず1晩香港に足止めでした。
搭乗待合室で機内食を提供されたりとご飯だけは
困りませんでした。
パンダホテルで1泊して帰ってきました。


投稿: のぶくん | 2007年6月23日 (土) 11時31分

◇のぶくん、こんにちは。
ベトナム航空ですか。
ホテルを用意してくれるのは良心的ですね。
香港での乗り継ぎの時に、ロイヤル・ネパールはその他のカウンターだったのですが、ベトナム航空も一緒でしたが。
ともかく、ディレイはもう経験したくありませんね。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年6月23日 (土) 13時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最悪ディレイ:

« 懐かしの日本車 | トップページ | エキメッキ »