« アルファマ地区 | トップページ | ジェロニモス修道院 »

2007年9月15日 (土)

Casa do Alentejana

たまには料理も紹介しなくては。

リスボン滞在2日目、アレンテージョ会館の中にある、Casa do Alentejanaというレストランに出かけました。名前の通り、アレンテージョ地方の料理です。今回のルートを設定するにあたり、アレンテージョに出てから、スペインに向かう案もありましたが、どうしても時間的なロスが出てしまうため、諦めました。そのかわり、アレンテージョ料理を楽しもうという考えがあって、ここを狙っていたのですね。

まずは、水とワインをオーダー。ミネラルウォーターはともかく、ワインリストにはアレンテージョのワインがずらりと並びます。

Im0191

<ミネラルウォーターと赤ワイン>GRD

水はVitalis(ヴァイタリスという整髪料と同じスペル)。ワインはルドンドのVisconde de Borbaというもの。なかなか美味しいです。前菜で運ばれたのは、オリーブの実とたくあんのように見えるチーズ。アレンテージョのパンもいい感じです。ちなみに、ほとんどのポルトガルのレストランでは、パンと前菜はチャージされますが、ここはチャージされないのでお勧め。ちなみに、このワインはハーフボトルで4.0ユーロ。安心の価格設定です。

料理はまことに定番ながら、Açorda à Alentejana(アレンテージョ風スープ)とCarne de porco à Alentejana(豚肉とアサリ炒め)をオーダー。

Im0195

<アレンテージョ風スープ>GRD

Açordaとは、パン粥ということです。スペインにもパンとポーチドエッグを入れたスープがありますが、そのアレンテージョ版でしょうか。散らされている緑のものはコリアンダー。好みが別れるところでしょうが、わたしは大丈夫です。

Im0199

<豚肉とアサリ炒め>GRD

ほとんどポテトフライで隠れていますね。マクロで撮ると次のように。

Im0201

<豚肉とアサリ>GRD

さて、豚肉とアサリというミスマッチですが、食べてみると美味しいです。これにも、コリアンダーが入りますね。では、何故このような料理が出来たのかというと、次の通りだそうです。

アレンテージョは広大な農業地帯だが、漁港がなく、アルガルヴェの海産物を豚もエサとして食べたらしいです。しかし、豚肉の魚臭さを消すため、アサリを一緒に使ったことから起こったものだそうで。もともとはアルガルヴェの料理らしいですが、呼び名はアレンテジャーナとなりました。

このあとデザートを食べ、クレジットカード払い。20.2ユーロととてもリーズナブルです。さて、アレンテージョ会館ですが、外観はごく普通の石造りの建物。ですが、内部は一見の価値ありです。

Im0204

<レストランの内装>GRD 3:2mode

アズレージョに数々の絵画。落ち着いた雰囲気です。

Im0208

<パティオ>GRD 3:2mode

レストランは日本の3階、あちら風にいえば2階にあります。入口の階段を上がったところにあるのが、見事なパティオ。外観はさえない建物なのに、一体どこにこんなものが隠れていると思うでしょうか。レストランはいくつかの部屋に別れています。

場所:Rua das Portas de Santo Antao 58 (Tel)213-405-140

レスタウラスドーレス広場の東側を下っていくと、レストラン街となります。わたしゃ、ここをエビカニ横町と呼んでいますが、その中心あたりです。まったくレストランの表示はなく、ともかくCasa do Alentejanaの文字のある建物を探してください。入口は狭いです。

レストランのカテゴリーを起こしました。この旅の中でも、いくつかいい感じのレストランがありましたので、また紹介していきたいと思います。

| |

« アルファマ地区 | トップページ | ジェロニモス修道院 »

Drink」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

904t Iberia & Morocco」カテゴリの記事

Restaurant」カテゴリの記事

コメント

ヒョウちゃん、こんにちは。

私もこのレストランで食事をしましたよ。
雰囲気の良いレストランでしたね。

世界各地で行きあたりバッタリに食事をしましたが、
どこで食べてもハズレがなくて、美味しくて、安くて、
ワインも充実していて、食に関してはポルトガが
私のナンバーワンです。

投稿: TM | 2007年9月23日 (日) 10時32分

◇TMさん、こんにちは。
Casa do Alentejo行かれましたか。
雰囲気いいですよね。
またリスボンに行くことがあったら、ここはまた行きたいです。
外せませんね。

わたしゃ、ある程度ガイドブックを参考にしつつ、当たってみるのですが、対応がいまいちだったりすると、そこはもう外します。
ポルトガル料理はどこでも美味しいですよね。
充実しているといったら、食事の量、これは間違いなくナンバーワンでは。

また、レストラン情報は上げていきますので、よろしくお願いします。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年9月23日 (日) 13時34分

パンのお粥ははじめて見ました。どんなものなのか一度食べてみたいです。
ポルトガルには当分いけそうにないのですが、マカオならいけるので、マカオで探してみようかな。

投稿: とんび | 2007年9月23日 (日) 16時22分

☆とんびさん、こんにちは。
パンのスープはスペインにもあるし、フィレンツェにもあって名物料理ですね。
特に、スペインのものは熱々で絶品です。
そうですね。マカオで探してみるのもいいかも知れません。
見つけたらご一報下さい。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年9月23日 (日) 16時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Casa do Alentejana:

« アルファマ地区 | トップページ | ジェロニモス修道院 »