« ウダイヤのカスバと大西洋 | トップページ | サレの稜堡と石つぶて »

2007年12月 1日 (土)

大衆食堂で行こう

ラバトの楽しみ。それは、日本料理を食べることなのであった。ラバトにはモロッコ唯一の日本食レストラン、富士があり初めてモロッコを訪れた時(ツアーでしたけど)にも利用して、幕の内弁当と日本茶、フラッグではない日本のビールを堪能し帰国にそなえたのであった。

ここは、アグダルという離れたところにあるので、プチタクシーで訪れたのだが、店のあとは形跡もなく、迷ってしまった。地球の歩き方にもロンリー・プラネットにも記載のあるところなのだが、困ってきいてみたら、半年ほど前に店をたたみ、なんとタイ料理レストランとなっていたのであった。しょうがないので、そこでいささか高いトムヤムクンとパッタイを食べてきたが。

前置きが長くなりました。ラバトでの夕食は宿に近いメディナにある大衆食堂に2晩通う。最初は、Cafe de la Jeunesse。入口に大きなメニューを掲げ、これがまた安い。至って入りやすそうな作り。プラスチックの椅子とテーブルだが、きちんとテーブルクロスがかかる。

Im1363

<Sidi Harazem>GRD

水を注文。ウエイターは外に買い物に行く。持ってこられたのはいつものシディ・アリではなく、シディ・ハラゼムの小瓶。種類は少ないものの、ミネラルウォーターも数種類キオスクなどには置いてある。シディ・ハラゼムはフェズではよく見かけた。

Im1364

<今宵の晩餐>GRD

頼んだものはブロシェットとメルゲズというソーセージを焼いたもの、モロカンサラダ。普段よりは少ない感じもする。画像にはないものの、サラダはすでに作ってあった。珍しく、ドレッシングがかかり、小ぶり。焼き物には手前の皿のようにつけ合わせのサフランライスとフライドポテトが付く。奥にある皿はハリサ。ややピリ辛のソースです。

サラダ5DH、メルゲズ18DH、ブロシェット23DHと格安。

翌日は店を変えて、やや奥に入ったRestaurant de la Liberationへ。ここも、同様に入口にメニューと料金が書かれている。入りやすいのも同様だが、こちらは若いパックパッカーが目に付く。

Im1459

<モロカンサラダ>GRD

まずは、やはりサラダ。ここも作り置き。すぐに出てきた。飲み物は、スプライトとCielというミネラルウォーター。宿でも飲むので大瓶を頼んだ。前の店は外に買いに行ったが、ここには冷蔵庫があり、そこから取り出してくれる。アルコール類はない。

Im1460

<ビーフステーキ>GRD

こんなものがあったので頼んでみました。つけ合わせは、フライドポテトとやはりサフランライス。それにニンジンの煮込み。ステーキはやや固いものの、美味しくいただけました。この組み合わせって、フランスのステーキ・フリットと同じですね。

ステーキ・フリットというのはフランス人が大衆食堂で食べているビーフステーキと山盛りポテトの定食のようなもの。玉村豊夫氏の「パリ・旅の雑学ノート」で知りました。

ちなみに、料金はサラダ5DH、ビーフステーキ28DH、水6DH、スプライト9DH。

どちらの店も、メディナにあって、ロンリー・プラネットには詳しく紹介があります。地球の歩き方には地図が載っています。

| |

« ウダイヤのカスバと大西洋 | トップページ | サレの稜堡と石つぶて »

Drink」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

904t Iberia & Morocco」カテゴリの記事

Restaurant」カテゴリの記事

コメント

 うーん、モロッコでは日本食は流行らなかったのでしょうか。残念でしたね。
 付け合せのサフランライスとフライドポテト、私たちも魚料理を食べた時に出ました。モロッコでは付け合せに米がよく出てくるので、ご飯党の私はうれしかったです。

投稿: マサエ。 | 2007年12月 1日 (土) 20時45分

◇マサエ。さん、こんにちは。
比較的日本食レストランはよく利用する方です。
何もストイックに現地の味を求めなくても、たまに食べると元気が出るし。
なので、閉店は残念でした。
ここがなくても、実は日本人経営の中華レストランが宿の近くにあったのですが、行っていません。

ところで、つけ合わせの米って個人的にはそれほど嬉しくないです。まあ、インディカ米ですが、白米でない分食べやすくはなっています。
レストラン富士の米はスペイン米だそうで、そりゃ美味しかったですよ。行きたかったなあ。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年12月 2日 (日) 00時04分

何故かつけ合わせのジャンクな食べ物の方にばかり目がいってしまうやまきちです(^_^;)
私はそんなに海外では日本食にこだわらない方です・・・といっても、もうかなり長いこと海外には行ってないので、年齢的に嗜好が変わっているかもしれませんが。
中華とかうどんみたいな麺類があれば大丈夫かな?

投稿: やまきち | 2007年12月 7日 (金) 18時25分

◇やまきちさん、こんにちは。
んー、中華は割とあると思います。
でも、他の国と比べると中国人の絶対数が少ないですね。シャウエンやティトアンでは無理でしょう。
ちなみに、ラバトでは日本人経営の中華レストランがあります。<日本人情報ノートがあるそうで。

麺類となるとかなり厳しいです。
本家イタリアとは似ても似つかないパスタならありますが。
あ、クスクスも世界最小のパスタだそうですが、いくらなんでも、麺類にはカテゴリーされないような。

ま、ワタクシもあれば日本料理レストランに行くのですが、なくても大丈夫です。
モロッコだったら現地料理で大いに大丈夫だし。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年12月 7日 (金) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大衆食堂で行こう:

» ウォーターサーバーがレンタル無料 [ウォーターサーバーの公式ホームページ,大衆食堂で行こう]
ウォーターサーバーがレンタル無料です。VISAギフト券をもれなくプレゼント中。 [続きを読む]

受信: 2007年12月 8日 (土) 13時06分

» ロンリープラネットに関するサイト。 [ロンリープラネットで世界旅行]
ロンリープラネットに関するサイトを集めました。 [続きを読む]

受信: 2008年5月 3日 (土) 15時15分

« ウダイヤのカスバと大西洋 | トップページ | サレの稜堡と石つぶて »