« スパイシーな麺料理・ラクサ | トップページ | サン・フランシスコ・ザビエル教会 »

2008年1月24日 (木)

エッサウィラのスカラ

スカラとは海に突き出た城塞のことで、大砲を備えた見張り台である。エッサウィラのスカラは海の門の外側漁港の近くと、メディナ北側の2箇所にある。あの、オーソン・ウェルズが「オセロ」のロケをここで行ったという。

Im1751

<港のスカラ/Skala du port>MZ3/20mm/E100VS

こちらは入場料10DH。入口を上がっていくと、こんな感じ。正面の城砦のような建物には、登ることができ、メディナまでよく見えます。

Im1763

<メディナを展望>MZ3/50mm/E100VS

こんな感じ。風に吹かれるのがなかなか気持ちいいです。港のスカラは、港にも視界が開けていて作業する漁船の乗組員とか、漁師、青空の下で魚を商う人、船大工などを見下ろせます。有料ではあるものの、絶好の撮影スポットだったりして。

モロッコ人は、かなり写真好きではあるものの、決して撮られたくないタイプの人も、同じくらい存在する。このスカラから中望遠から望遠で人物を狙うのがお勧めです。

一方、メディナ北側のスカラ。こちらは、入場料がなく、誰でもいつでもOK。スカラの下は、店舗になっていて、雰囲気はいい。

Im1804

<北のスカラ下>MZ3/35mm/E100VS

あまり陽の当たらないところだが、感じがよく、観光客がいつでもいます。土産物屋からホテル、レストランなどいろいろあります。

Im1741

<北のスカラ>MZ3/35mm/E100VS

こちらは、大西洋の荒波が打ち寄せるところ。どーんという波の音が印象的。夕陽の時間になると、かなりの人が押し寄せる。

Im1693

<スカラの夕陽>MZ3/50mm/E100VS

これがモロッコで唯一眺めることのできた夕陽。本当は、この男女のように城壁に上って、夕陽を狙ってみたかったのだけど、どこも占領されていた。仕方なく、人物越しに夕陽をワンショット。人物がいいシルエットとなって、いい写真が撮れました。翌日も来てみましたが、あいにくと曇り。

まだまだ、エッサウィラに関する記事は続きます。

| |

« スパイシーな麺料理・ラクサ | トップページ | サン・フランシスコ・ザビエル教会 »

Sunrise/Sunset」カテゴリの記事

904t Iberia & Morocco」カテゴリの記事

コメント

港のほうは閉まっていて入れませんでした。北のほうは入りました。こちらは無料でしたね。港のほうが位置が高くて景色もいいですね。海側だけではなく、漁港の側もよく見渡せそう。かもめがたくさん飛んでいたことを思い出します。

投稿: とんび | 2008年1月27日 (日) 08時04分

◇とんびさん、こんにちは。
たった2日間の滞在で何度スカラに足を運んだことか。
あ、もちろん、無料の北のスカラのことです。
港のスカラはどちらかというと、沖合いにある海鳥のコロニーのある島をウォッチするのにいいかな。
カモメはスカラに限らず、エッサウィラではたくさん舞っていますね。

投稿: ヒョウちゃん | 2008年1月27日 (日) 13時13分

2枚目の画像、最近TV見た記憶があり探しました。
1/13のTV番組で女優がデジカメを持って、プロカメラマンとモロッコを旅していました。
その中の1枚が、カモメの2枚目とそっくり(多分)。
用事が出来て最後まで見られなくて残念でした。

投稿: 04mat | 2008年1月30日 (水) 22時18分

☆04matさん、こんにちは。
ここで出している写真は特に狙って撮っているわけではないので、まあ、誰でも撮れる可能性があるものです。
それにしても、そんな番組があったんですね。
まあ、世界遺産なので、いつかは取り上げられるときが来ると思いますが。
ともかく、エッサウィラは日本ではあまり知られていないので、知られてしまうと急激に人気が出てくるかもしれませんね。
それもいいですが、このままそっとしておいて、このままの状態を保っていただきたい気もしますが。<勝手ですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2008年1月30日 (水) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エッサウィラのスカラ:

« スパイシーな麺料理・ラクサ | トップページ | サン・フランシスコ・ザビエル教会 »