« マラッカ直通バス | トップページ | スパイシーな麺料理・ラクサ »

2008年1月20日 (日)

エッサウィラの海鮮屋台

エッサウィラは大西洋に面し、近くを流れるのは寒流のカナリア海流。そのため、良質の海産物が取れ、町のいたるところで海産物を扱う様子が見られる。メディナ入り口に面した駐車場の裏手には、海産物を扱う屋台群があり、何はともあれここに行くことにした。2日いて、昼食は2日ともここで食べる。

Im1631

<協定料金>GRD 3:2mode

この屋台では、きっちり料金が決まっていて、どこで食べても料金は同じことになっている。メニューを見ると、魚、エビ、シャコ、イカなどなど、なんでもあり。あとは、店頭に並ぶ魚の新鮮さと料理の腕をきっちり見極めることか。

Im1632

<ずらり並ぶ海産物>MZ3/35mm/E100VS

基本的に、シンプルに焼くだけなので、どれにするか悩むところですね。それでは、注文してみようか。

初日は、イワシ5尾とエビ250gをオーダー。パンはフリーで、プラス飲み物代。イワシは1尾10DH。エビは60DH。コーラが10DHであった。

Im1635

<イワシとエビ>GRD

えびは殻つきで、はずすのがやや面倒。そのまま食べてしまうが、かなり塩をふっている感じがした。イワシはシンプルだが、やはり美味い。このイワシをタジンにするという料理もあるものの、この食べ方がベストだと思う。タジンの場合は、イワシはつみれになりますが。

Im1792

<調理場>MZ3/50mm/E100VS

こんな感じでどんどん焼いていく。なかなか香りはいいものの、味付けは至ってシンプルなので、微妙な味わいはあまり期待できないか。…ということで、エビは失敗。翌日は、イカとカニに挑戦。

Im1796

<イカ>GRD

ちょっと油もかけて焼いているような。これで、2杯くらいか。焼いてかなり縮小されてるな。

Im1798

<カニ>GRD

こちらも殻ごと豪快に焼いてくれる。焼いたあとは、適当にばらされて、店員がコーラなどの空き瓶で殻を叩き潰してくれた。とはいえ、ケチって、小さなカニを選んだために、あまり身離れが、よくなかった。かなりの時間カニに格闘していて、イカが硬くなってしまう。

これを見ていた若い店員が、カニ用のスプーンを持ってくる。早くよこせばいいものを…。

料金は飲み物とサラダ込みで150DH。まあ安いですよね。イカとカニは重さを量って料金が決まる。カニだけは、かなりしっかりした大きさのものを選んだほうがいいと思う。極端にぼられるようなこともないだろうし。

Im1800

<屋台群>MZ3/35mm/E100VS

ずらりと並んだ屋台群は、この右側にも並んでいて、20軒くらいあるのではないだろうか。レストランで味わう海鮮料理もなかなか乙なものだが、この屋台で食べなきゃ、エッサウィラに来た意味がないのではなかろうか。ともかくお勧めです。

またしばらくは、イベリア&モロッコとシンガポール&マレーシアが混在状態となりますが、よろしくです。

| |

« マラッカ直通バス | トップページ | スパイシーな麺料理・ラクサ »

Food」カテゴリの記事

904t Iberia & Morocco」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エッサウィラの海鮮屋台:

« マラッカ直通バス | トップページ | スパイシーな麺料理・ラクサ »