« カモメ舞う町 | トップページ | エッサウィラの光と影 »

2008年1月30日 (水)

魚のタジン

エッサウィラの初日は以前来たことのあるイタリアンレストランということにしたが、2日目は雰囲気のよさそうな店を探して入ってみた。それはメディナ北のスカラ近くにあった。

Im1831

<メニュー>GRD 3:2mode

Cafe Restaurant Blue Noteという店。入り口にはその日のメニューをさりげなく掲げているだけ。英語名だが、メニューはフランス語。店内はこんな雰囲気。

Im1821

<店内>GRD 3:2mode

上の画像には写っていないが、入っていくと、中年の男女がカウンターで何か飲んで談笑していた。もちろん、アルコールあり。そういう二人はなかなか絵になる。そして、注文をとりにやってきたのは、フランス人の若い男性。聞いたわけではないが、エッサウィラが好きでここに住んで店をやっていると見た。メニューは冊子のようなものがなく、入り口にあった看板と同じものを「さあどうぞ」と目の前に置かれた。

店内にはブルーノートならぬ、アメリカンロック&ポップスが流れ、自分の好み。いろいろ検討して、100DHのセットメニューにすることにした(飲み物は別料金)。セットメニューとはいえ、前菜、メイン、デザートから数種類の選択が可能。よく考えて、魚のスープ、メロのタジン、オレンジのクレープという組み合わせにする。

Im1820

<前菜>GRD

ピリ辛のニンジンとオリーブの実をベースにした前菜。お通しといったほうがよさそうだが、これはノーチャージである。そういう点で良心的。このときはノーアルコールで通してしまったが、ワインとか飲んでもよかったかも。

では料理に行ってみよう。

Im1822

<魚のスープ>GRD

見事なくらいに大きな器。ラーメン丼くらいあります。中に入った液体は…ん、どこにも魚が入っていないと思うのは、早とちりで、答えは次の画像を。

Im1824

<魚のクルトン>GRD

これぞ、魚のエキスを凝縮してパンに塗りこんで焼いたクルトン。これをスープに投入して味わうと海の香りが広がる。このクルトン、イタリアのブルスケッタのような感じで、そのまま食べてもいけます。

Im1825

<メロのタジン>GRD

続いてメインディッシュ。メロのタジンです。メロとはフランス語で日本語でいうとハタのことであることを調べ上げました。とはいえ、日本ではあまりなじみがない食材かも。魚のタジンというと、イワシのつみれのタジンがありますが、もちろんテイストは異なります。白身魚で淡白な味。その分、タジンにチーズやトマトなどいろいろな具を加えて、味を出すようにしています。タジンを頼みましたが、サラダもつく。これまた良心的。

Im1828

<タジン拡大図>GRD

Im1829

<オレンジのクレープ>GRD

こちらデザートとはいえ、なかなかのボリューム。味もしっかりしていて、フランスっぽいなと思った。

ではどんな料理人がこれを作っているのか。最初に応対に出た青年は、注文を取るのと料理を運ぶのが仕事か。バーテンダーも兼務のようである。厨房から声がしたが、まだ若そうな女性なのであった。

料金は正真正銘の100DHプラスドリンク代。絶対お勧め…なんだけど、食べ終わって、お金を払ってそろそろ帰ろうかというころ、この二人が大喧嘩してしまった。青年は頭を冷やすためかどこかに出て行った。

ま、そうそう毎晩大喧嘩するわけでもないだろうから、行ってみる価値ありです。美味しいし、雰囲気もいい。たまにライヴもあるようです。

場所 Rue Laalouj 44100 Essaouira

Tel 024-78-53-92

メディナ北のスカラを目指す通り、博物館と郵便局の斜め向かいあたり。地上階にあり。

| |

« カモメ舞う町 | トップページ | エッサウィラの光と影 »

Food」カテゴリの記事

904t Iberia & Morocco」カテゴリの記事

Restaurant」カテゴリの記事

コメント

魚のタジンは美味しかったので2度食べたけれども、ここのタジンはもっとおいしそうだなぁ。それにボリュームのあるセットだ。いいお店をみつけることができてよかったですね。

投稿: とんび | 2008年2月 2日 (土) 05時47分

◇とんびさん、こんにちは。
ねえ、なかなかでしょう。
エッサウィラはいい感じの店やレストランが多いので、また来ようという気になるんですよね。
淡泊なメロでしたが、これは満足しました。

投稿: ヒョウちゃん | 2008年2月 2日 (土) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魚のタジン:

« カモメ舞う町 | トップページ | エッサウィラの光と影 »