« エッサウィラとオーソン・ウェルズ | トップページ | 出発はアップグレード »

2008年1月12日 (土)

エッサウィラで本格イタリアン

エッサウィラでは、海鮮料理の屋台もあるのですが、これはまた後日に。到着日の夕食は、darbabaという、イタリア料理のレストランに行きました。2年前冬のエッサウィラでやはり、この店を訪れていて、味の方は個人的な見解ではありますが、保証付きです。

Im1703

<パン、ワインとオリーブの前菜>GRD

さりげなく敷かれている木綿の真っ白なテーブルクロス。ミネラルウォーターはモロッコ製だったものの、ワインはフランス産。ついでにいうと、店の人たちはフランス人らしく、こちらが、ボナセーラと挨拶したところ、ボンソワールで返ってきました。料理はイタリア風アンティパスト、レモン味のスカロッピーネをオーダー。それまでしばし待ちます。

Im1706

<店内の装飾>GRD 3:2mode

ナストロ・アズーロというのは、イタリアのビール。店の人がなぜフランス語を使うのかよくわかりませんが、文句なく店にはイタリアンテイストが溢れています。さあ、料理がやってきました。

Im1705

<イタリア風アンティパスト>GRD

アンティパストとは前菜のことです。イタリア風とあるのでなんだろうなあと思っていたら、夏野菜を使った料理でした。夏のローマでは、この夏野菜を使った前菜がよく出ます。ナスやズッキーニを実に上手に仕上げてある上品な味。バジルやトマト、にんじんなどのペーストを散らしてあるところがなんともイタリアンで、野菜だけとは思えない美味しさです。これを一口食べて、ワインを飲んだら、ああイタリアだなあという感覚に浸ることができました。

Im1710

<スカロッピーネ>GRD

続いてセコンド。スカロッピーネとは肉の薄切りを味付けしたもの。牛肉を蒸し焼きにしてレモン汁で味付けしたものですね。ここでは、レモン風味のほか、いくつかの味付けが選択できました。なんてことのない料理なのに、美味い。イタリアの家庭料理のような感じです。

Im1711

<店の内装その2>GRD 3:2mode

こういうのも、またイタリアン。

Im1714

<エスプレッソ>GRD

最後はやはりエスプレッソで締め。ただし、ここではエスプレッソマシンではなく、ナポレターナというコンロにじかにのせて使う、ポットで出していました。そのためか、泡立ちは少ないです。もっとも、マシンが発明されるまでは、どこでもこのポットを使ってエスプレッソを楽しんでいたらしいです。

Ristorante darbaba 2 rue Marrakech Tel 044-47-68-09

場所はムーレイ・エル・ハッサン広場からメディナ寄りの路地を進み、3つ目の路地を右に曲がったあたり。建物の2階がここ。路地に入るあたりに、レストランの案内があります。ロンリー・プラネットには記述がなかったものの、地球の歩き方には地図に載っています。レストラン紹介には記述なしです。

静かな環境だし、それほど混雑していないので、落ち着いて味わえます。ちなみに、料金、シディ・アリ10DH。赤ワインハーフボトル60DH。アンティパスト45DH。スカロッピーネ60DH。エスプレッソ8DHでした。

| |

« エッサウィラとオーソン・ウェルズ | トップページ | 出発はアップグレード »

Drink」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

904t Iberia & Morocco」カテゴリの記事

Restaurant」カテゴリの記事

コメント

ヒョウちゃん、こんにちは。

オーソン・ウェルズゆかりの宿といい、このイタリアン・レストランといい、エッサウィラという町はマラケシュとはずいぶん趣が違いますね。モロッコは地域によって雰囲気が大きく違うところが魅力のように思います。

僕が旅をした時はたった10日間しかなかったので、マラケシュからアトラス山脈を越えてシェビの大砂丘に行き、フェズに抜けてカサブランカに帰って来るというオーソドックスなルートになってしまいました。もう少し余裕があれば、エッサウィラや、地中海沿岸の町も観ることができたかな、という気もします。

投稿: HARU | 2008年1月13日 (日) 11時50分

◇HARUさん、こんにちは。
モロッコ=砂漠、乾燥というイメージからすると、エッサウィラはかなり違いますよね。
エッサウィラは空港があるみたいですが、その他のアクセス手段は、マラケシュかアガディール、カサブランカからとなるので、ちょっとルートを作るのが難しいかもしれません。

もし次回行かれることがあるならば、エッサウィラを入れてみてください。
カサブランカ以南の大西洋岸の都市には、世界遺産のアル・ジャディーダ、サフィもあるので、また違ったモロッコの一面が見えてくるかもしれません。

そそ、「旅のすきま」リンクさせていただきました。

投稿: ヒョウちゃん | 2008年1月13日 (日) 13時50分

モロッコは本当にいろんな顔を持っていると思います。
多彩な魅力のある国ですよね。
こちらからもリンクさせていただきました。
これからもよろしく。

投稿: HARU | 2008年1月14日 (月) 16時32分

☆HARUさん、こんにちは。
まだ、モロッコのレポは続きますので、よろしくです。
とはいえ、すでに旅の最終盤に差し掛かりました。
こちらこそ、よろしくお願いします。

投稿: ヒョウちゃん | 2008年1月14日 (月) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エッサウィラで本格イタリアン:

« エッサウィラとオーソン・ウェルズ | トップページ | 出発はアップグレード »