« シンガポール&マレーシアより戻りました | トップページ | Supr@toursでエッサウィラへ »

2008年1月 6日 (日)

馬場俊英@紅白歌合戦

かすてら音楽夜話Vol.8

馬場俊英をご存知でしょうか。紅白歌合戦に出演したので、その生き様や経歴などはかなり知れてきたと思いますが、ここでちょっと紹介してみたいと思います。

1996年28歳でメジャーデビュー。それまでは佐藤聖子の曲提供などを行っていた人です。フォーライフから『もうすぐゴング』、『Down The River』、『Over The Mountain』の3枚のアルバムと、7枚のシングルをリリースするものの、契約を打ち切られ、その後はインディーズで活動。すでに、32歳になっていました。

インディーズ活動中も、自主レーベルからアルバムをリリースし続け、多数の人たちに曲を提供し、徐々に注目を再び集め始め、2005年8月に「Boys On The Run」のシングルから再びフォーライフと契約、2006年『人生という名の列車』をリリース。昨年も『青春映画が好きだった』をリリースし、「リストラされても40歳でまたがんばる」ことが注目されてか、紅白出場までにこぎつけた人です。

馬場俊英を知ったきっかけは、今はなきパソコン通信NiftyserveのFBEATというフォーラムで知り合った人が送ってくれたコンピレーションMDの中に入っていた、「愛する」という曲からでした。その後、CDショップをめぐり、アルバム3枚をゲット。聴くたびに心をわしづかみにされるような感覚を覚えたものです。しばらく音沙汰がないなと思っていたら、契約打ち切り…。

その後の活動はたまに、馬場俊英自身が作るホームページを確認する程度でしたが、2006年の春、CDショップの店頭に『人生という名の列車』が山積みになっているのを見て、即購入しました。このときは、「まさか」と思ったものです。

タイトルソングの「人生という名の列車」では、彼の生い立ちからそれまでの人生を歌い、このときに彼がすでに39歳、早生まれなのでそろそろ40に手が届こうかということを知りました。

その後の活動は紅白などでも紹介されている通りです。

馬場俊英は昨年12月放送のNHK「Songs」という番組で「スタートライン~新しい風」を披露していて、その後紅白出場というニュースを知りました。普段ならば、紅白など見ないのですが(もとよりその時期は海外にいるので見られない)、見たいなと思いつつも、心を残しつつ、旅へ。

そして、迎えた大晦日の朝、マラッカのホテルでテレビをつけると、ここはNHK-BSが映り、チャンネルを合わせると、馬場俊英が出ていました。ああ、紅白なんだなと思いましたが、この日は観光も早めに切り上げて、紅白の時間に合わせてテレビを注目していました。

20080106a

<司会の鶴瓶と内藤大助>GRD 3:2mode

WBCフライ級チャンピオンの内藤が出てきて、笑福亭鶴瓶と会話している。この次が馬場俊英の出番。

20080106b

<馬場俊英登場>GRD 3:2mode

んー、やはりいいよなあ。曲のカバーも縁でコブクロの小渕もギターでバックを勤めていました。

それにしても、紅白というのは、客を入れてしかも生放送で40組以上の出演者が競演するのだからこの努力は計り知れない。普通ライヴで出演者の入れ替えがあると、そのたびに機材の搬入搬出とともに、音声チェックなどを入念に行うのですが、それにはどんなにがんばっても10分くらいのインターバルが必要です。まあ、リハーサルもかなり念入りに行われていると思うのですが、曲間を5分以下で済ませてしまうこの技術もすごいよなあと思った次第。

おそらく、馬場俊英は来年の紅白にはもう出ないと思う。話題性がなくなったからだし、彼自身もすでに地に足をつけて活動しているので、必要性もない。馬場俊英以外にも、余儀なくインディーズに身をやつしているかつて大手レコード会社と契約していた人たちがいるので、そちらにも注目して欲しい次第です。

馬場俊英の紅白出演は、そんな立場のミュージシャンにも何らかの希望を与えてくれるきっかけとなったのではないでしょうか。

*久しぶりの音楽話でした。たまには、こういう話もやって行きたいものですが。

| |

« シンガポール&マレーシアより戻りました | トップページ | Supr@toursでエッサウィラへ »

Music Talk」カテゴリの記事

905t Singapore & Malaysia」カテゴリの記事

コメント

マラッカでNHK。
きっとヒョウちゃんに見て欲しかったんでしょうね。(ってそれは言い過ぎか ^^;)
残念ながら日本にいた私は紅白をナナメにしか見てなかったので馬場さんの出番は見逃しました。
でも、確か何かのCMで彼の曲が流れていたような。
聞いていてホッとする曲調ですよね。

投稿: やまきち | 2008年1月13日 (日) 17時37分

◇やまきちさん、こんにちは。
このカテゴリーにレスがつくのはほんとに嬉しいです。

馬場俊英の楽曲ですが、
「ボーイズ・オン・ザ・ラン」が、サンデー・ジャポンのエンディングテーマ。
「スタートライン」が熱闘甲子園の挿入歌。
「ひとつだけ」がイオンのCM曲。
「スタートライン~新しい風」がダイドーブレンドコーヒーのCM曲となっているようです。

結構流れているものなんですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2008年1月13日 (日) 19時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬場俊英@紅白歌合戦:

» 【馬場俊英】についての検索結果をリンク集にして… [あらかじめサーチ!]
馬場俊英 に関する検索結果をマッシュアップして1ページにまとめておきます… [続きを読む]

受信: 2008年1月22日 (火) 19時13分

« シンガポール&マレーシアより戻りました | トップページ | Supr@toursでエッサウィラへ »