« 往年の名残-柱の文字 | トップページ | ポルトガル人の末裔 »

2008年2月27日 (水)

宗教混在の通り

マラッカ、ジョンカー・ストリートにひとつ平行する通りには、モスクとヒンドゥ寺院と中国の廟が並ぶ。それも、ひとつのブロックにだ。ここもいわゆる、チャイナタウンに入るのだろうが、宗教は混在状態。

Sm0076

<カンポン・クリン・モスク>MZ3/35mm/EBX

マレーシアのいわばデフォルトの宗教ともいえるイスラム教。もちろん、マレー人のほとんどが信仰している。だが、マラッカのモスクはいわゆるアラブ様式ではなく、瓦屋根を持つ東洋的なものである。モスクの痕跡を残すのはミナレットくらいか。これまた、マレーナイズされているが。

礼拝時間とは関係なくやってきたため、モスク内は閑散としていて、子供の遊び場にもなっていた。

Sm0085

<スリ・ポヤタ・ヴィナヤガ・ムーティ寺院>MZ3/35mm/EBX

カンポン・クリン・モスクの隣にあるのがこのヒンドゥ寺院。ここだけ思いっきりインド人の世界。中ではにぎやかに太鼓をたたいていて裸足になれば見学可能。

Sm0083

<ご神体>MZ3/35mm/EBX

中では、僧衣をまとった男女が灯明をあちこちにともしていく。香油のにおいにはかすかにバター臭が混じる。

Sm0088

<廟と巨大線香>MZ3/35mm/EBX

ヒンドゥ寺院の隣がまた、中国の廟でした。残念ながら扉は閉ざされていた。また、カンポン・クリン・モスクの方向にずっと進めば、青雲亭(チェン・フン・テン)寺院もある。こちらは、また後日のエントリーで触れる。

| |

« 往年の名残-柱の文字 | トップページ | ポルトガル人の末裔 »

Temple/Church」カテゴリの記事

905t Singapore & Malaysia」カテゴリの記事

コメント

香油の匂いってどんな匂いでしょうか。
いわいるインドのジャスミンのお香の匂いでしょうか
バター臭がしたっていうことは、ベースの油は牛乳の脂肪から作るギーなんでしょうね。
私も行って嗅いでみたいです。
私は匂いが好きで匂いを想像すると色々な場所を思い出します。

スクムビット

投稿: スクムビット | 2008年2月27日 (水) 22時23分

スクムビットさん、こんにちは。
お香はたいていたと思いますが、そちらよりもバター臭が勝っていたと思います。
ま、香油ではなくて、おっしゃる通りのギーのにおいなんでしょうね。
バター臭さでは、チベット仏教の寺院の方が、より強烈ですね。
そそ、遅くなりましたか、リンクリストに加えさせていただきました。

投稿: ヒョウちゃん | 2008年2月27日 (水) 23時09分

 ヒョウちゃん、こんにちは。
 私が行ったときにはバターはあまり感じなかったような(笑)。実は廟の方が賑やかな時に歩いていたので、そちらの匂いが勝っていたのでしょうね。
 マスクは、市内に似たようなものもありますね。

投稿: 伊 謄 | 2008年2月28日 (木) 21時56分

伊 謄さん、こんにちは。
あ、行かれたのですね。
ま、匂いは外には漂ってきませんね。
モスクは、もう一つあって、カンポン・フル・モスクですね。こちらも、あとで触れるかもしれません。

投稿: ヒョウちゃん | 2008年2月29日 (金) 20時18分

ごぶさたしてます。
マレーシアは東南アジアでもイスラム国だという意味で、
実は面白い国ですよね。(行ったことはありませんが(笑))
東洋的なイメージにイスラム教というのは、やっぱり違和感がある。
イランとかシリアとかヨルダンとか、もろにイスラム教国を旅してきたのでなおさらです。

投稿: HARU | 2008年2月29日 (金) 22時39分

HARUさん、こんにちは。
マレーシアはイスラム国なんですけど、ヒンドゥのインド人もいるし、中国人もいるし、キリスト教徒もいるという、国自体も宗教・民族とも混在状態で、面白いですよ。
イスラム一辺倒ではないから、豚肉料理もあるし、アルコールも飲めますし。
ま、東洋的なモスクはちょっと変だなあと思います。
本格的なモスクもここではありませんが、あとで出てきます。

投稿: ヒョウちゃん | 2008年2月29日 (金) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宗教混在の通り:

» 砂時計 [砂時計]
次の記事も楽しみにしています。 [続きを読む]

受信: 2008年3月18日 (火) 05時26分

« 往年の名残-柱の文字 | トップページ | ポルトガル人の末裔 »