« イベリア&モロッコ、旅の終わり | トップページ | ニョニャ料理 »

2008年2月21日 (木)

マラッカのチャイナタウン

さあ、今日からシンガポール&マレーシアを再開します。

Sm0069

<ジョンカー・ストリート>MZ3/35mm/EBX

スタダイスからマラッカ川に架かる橋を渡ると、中華街となる。中心となるのはジョンカー・ストリート。様々な店舗が並び、そのほとんどはショップハウス形式。階下が店で店の奥や上階が住居となる作りである。とはいえ、ほとんどのショップハウスは、撮影禁止の札を掲げていたりする。

ジョンカー・ストリートはガイドブックなどで紹介されているところだが、日中はクルマの抜け道だったりする。だが、横道を入ると、こんなところも。

Sm0070

<チャイナタウンの店舗>MZ3/35mm/EBX

アンティークの店だろうか。切り絵風の模様が何となく気に入った。

また、ジョンカー・ストリートは週末には夜市がたつ。たまたま、シンガポールからマラッカに来た日が金曜日だった。夕食を食べに行くと、たくさんの露店が出現していた。そういえば、夕刻、骨組みを組み立てていた。

Sm0107

<週末のナイトバザール>MZ3/50mm/EBX

とにかく、人が多くて、撮影も思うままにならない感じではあった。こんな時は、GRDでさっと撮った方が雰囲気はよく出るだろうが、なぜかそうはしなかったのが残念。また、Kodak EBXは、日中かなり鮮やかな色合いとなるものの、夜間の撮影はちょっと苦しいかな。あるいは、もっと黄昏時を狙った方がよかったかも。

Sm0175

<チャイナタウンの建築>MZ3/35mm/EBX

マラッカでは、チャイナタウンといえども、本家中国にないような色遣いの建物が多い。

チャイナタウンは特にこれという観光地はないものの、歩いてみて気になるような建物に遭遇すると思う。自分の好みの建築物を探すのもまた一興です。

| |

« イベリア&モロッコ、旅の終わり | トップページ | ニョニャ料理 »

905t Singapore & Malaysia」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マラッカのチャイナタウン:

« イベリア&モロッコ、旅の終わり | トップページ | ニョニャ料理 »