« 宗教混在の通り | トップページ | マラッカ川と川にまつわる曲 »

2008年2月29日 (金)

ポルトガル人の末裔

16世紀にポルトガルがマラッカにやってきて、マラッカはポルトガルの東洋進出の拠点とされることになる。だが、そのポルトガルも国力の衰えとともに、マラッカを手放し、その後はオランダ東インド会社がマラッカを統治した。

さて、ポルトガルはマラッカから出て行ったものの、ポルトガル人もマラッカに定住し次第に現地化されていく。現在、マラッカの東に通称ポルトガル村というものがあり、彼らが暮らしているのである。

Sm0450

<ポルトガル村入口>MZ3/35mm/RVP F

宿からは徒歩で行ってみた。歩く距離はあまりたいしたことはないものの、歩道もないような交通量の激しい道を注意しつつ歩くので、大変時間がかかってしまった。まったく、ポルトガルという言葉には弱いので、引きつけられたようなものだ。この1年春はマカオへ、夏は本国ポルトガルから旅をしたくらいで。

Sm0477

<民家>MZ3/35mm/RVP F

なんか新興住宅地みたいな雰囲気ではあるが、明らかにマレー人や中国人の家屋とは違う趣。決定的なのは、どの家にも飾られたクリスマスの飾りである。上の画像ではサンタクロースがいます。

たまに、人とすれ違う。ほとんどは肌の色濃く、マレー人とさほど変わらないのだが、ごくたまに、ポルトガルでもよくいるタイプの顔立ちの人も。さらに道を進むと、海に出た。

Sm0456

<マラッカの海>MZ3/35mm/RVP F

マラッカは海に近いものの、実際にはなかなか海にお目にかかれないところである。波の穏やかなこの小さな湾では漁師が腰まで海につかり、網で何かを採っていた。声をかけてくる男性。その顔つきはかなりマレー化している。男が話したのは英語であった。「日本人かい?」ただ頷くのみ。

湾の手前には明らかに閑散としたようなリゾートホテルがあった。そこと向かい合うようにシーフード料理の店も多数ある。だが、この時間は仕込みの段階なのか、開いているのは、1軒のみ。Restoran de Lisbonというところのみ。

ビールと料理を数品頼む。そろそろ昼下がり。

Sm0461

<風が心地よい>GRD

冷えたカールスバーグに冷蔵庫に入れたグラス。ビールの美味しい飲ませ方をわかっている。テーブルはむき出しのコンクリート。夜ともなれば、テーブルクロスがかかるのだろうか。名前こそ、リスボンとあるが、料理はかなりマレー化されている。また、ここにはワインはない。しかし、ビールこそここで飲むのにふさわしいもののようである。

Sm0467

<イカのフリッター>GRD

ポルトガル人の末裔とはいえ、かなりポルトガル語は失われてしまったらしい。メニューもポルトガル語の痕跡はない。日本人で読めるものは英語となるか。料理の方も、ポルトガル料理とはかなりかけ離れてしまったもの。

このイカは衣が厚すぎた。まあいい。風に吹かれているだけでも。

その後、付近を散策。長い木の桟橋もあったが舟影は見えない。

Sm0476

<桟橋>MZ3/35mm/RVP F

ここのレストランはどうやら、夕方から営業するようである。ポルトガル村にはバスも来ているようなので、陽が落ちかけた頃がお薦めか。

Restoran de Lisbonは「地球の歩き方」に掲載されてる。村の海側にあり、その他の屋台風の店が建ち並ぶ中で、唯一壁に囲まれたところ。とはいえ、そう大差ないと思うが。

| |

« 宗教混在の通り | トップページ | マラッカ川と川にまつわる曲 »

Food」カテゴリの記事

Restaurant」カテゴリの記事

905t Singapore & Malaysia」カテゴリの記事

コメント

ポルトガル村の入口にきっちりした標識があったのか。気付きませんでした。自分がポルトガル村に行ったのも年末で、クリスマス前かすんでからか忘れましたが、クリスマスツリーが家々に置かれていたり、クリスマスムードあふれていたのは同じです。午前中だったので、レストランは完璧に閉まっていて、利用できませんでした。マラッカにまた行く機会があれば、ここはリベンジ対象です。

投稿: とんび | 2008年3月 1日 (土) 04時01分

私がマラッカに行った時にふらっと入ったバーで隣に座っていた人もポルトガル系でした。
英語、マレー語、ポルトガル語が話せて中国語も少し話せ、2年ほどポルトガルで働いた事もあると言っていました。

投稿: go-ichi | 2008年3月 1日 (土) 07時52分

とんびさん、こんにちは。
ここは、陽が落ちる頃から海辺でシーフードを味わうというのが、正しい過ごし方なんでしょうね。
他に何もないし。
自分が訪れたときには、同じ店で日本人も食事していました。
マラッカに詳しいサイトによると、ポルトガルスクエアではこの店でなくて、お薦めのところがあるようです。

投稿: ヒョウちゃん | 2008年3月 1日 (土) 12時07分

go-ichiさん、こんにちは。
ポルトガル系とお会いになったのですね。
マカオあたりに行くと、たまに中国人ぽくない、ローカルに出会ったりしますが、マラッカではここだけでしたね。
レストランの人もかなりマレー化されていました。

投稿: ヒョウちゃん | 2008年3月 1日 (土) 12時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポルトガル人の末裔:

« 宗教混在の通り | トップページ | マラッカ川と川にまつわる曲 »