« アブ・バカール・モスク | トップページ | マレー鉄道でシンガポールへ »

2008年4月 1日 (火)

海峡の向こうはシンガポール

ジョホールバルとシンガポールの間に横たわるのが、ジョホール水道。だが、マレーシアとシンガポールは、ここにコーズウェイという道を作り、人々はバス、鉄道、あるいは徒歩で行き来できるようになっている。

Sm0540

<ジョホールバル側のイミグレーション>MZ3/35mm/RVP F

KTM(マレー鉄道)ジョホールバル駅脇にある、イミグレーション。見ていると、実にたくさんの人がここを通過していく。徒歩で渡る人もたくさんいるのだが、次々と到着するバスからも乗客が降りてきて、手続きをした後に、またバスに乗っていくのであった。

Sm0580

<向こうはシンガポール>MZ3/35mm/RVP F

ジョホールバルはあまり観光に適したところではなかった。向こうはシンガポール。いよいよ、翌日あちらに戻ることになる。本格的な観光をまったくしていないので、どこに行こうか。到着翌日にマレーシア入りしたのだが、その時はコーズウェイではなく、第2リンクを通ったのだ。明日は、コーズウェイでシンガポール入りしようとこのときに決めた。

| |

« アブ・バカール・モスク | トップページ | マレー鉄道でシンガポールへ »

905t Singapore & Malaysia」カテゴリの記事

コメント

2枚目のお写真素敵ですね。
向こう側に見えるのがシンガポールですか。
ハッキリとよく写っているのに 幻想的な感じがしました。

投稿: | 2008年4月 1日 (火) 23時10分

姫さん、こんにちは。
2枚目の写真は、まあ偶然ですよ。
天気が単に悪かったので、こんな風になりました。
決して、腕とかカメラでもありません。

いちお、向こう側はシンガポールなんですが、ビルは見えているものの、ほとんど何もないようなあたりです。
よく紹介されるのは、その遙か向こうとなります。

投稿: ヒョウちゃん | 2008年4月 2日 (水) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海峡の向こうはシンガポール:

« アブ・バカール・モスク | トップページ | マレー鉄道でシンガポールへ »