« シンガポール名物、フィッシュ・ヘッド・カレー | トップページ | リトル・インディアでヒンドゥ寺院 »

2008年4月27日 (日)

千燈寺院

リトルインディアからしばらく歩いたところには、仏教寺院、ヒンドゥ寺院、その他新興宗教の建物や事務所などが集まった通りがある。旅の最終日はエスニックな気分に浸りたくて、そこまで足を伸ばす。

Sm0816

<千燈寺院>MZ3/20mm/RVP F

この向かいには中国寺院と廟。画像右の建物が千燈寺院。ここは、タイの仏教とシンガポールの中国仏教が調和してできた寺院らしい。

Sm0817

<大仏>MZ3/20mm/RVP F

このような仏像はタイやミャンマーあたりの寺院でよく見かける。いわゆる、上座部仏教の特徴である。この寺院の内部は、この大仏だけといってよいが、かなりインパクトがある。ちなみに、大仏の胎内巡りもできます。

ただし、カメラを持って裸足で建物内に入ったが、なぜか関係者らしいおばさんがあとを追うようにひっついてきて、思うように写真が撮れなかった。

Sm0818

<虎>MZ3/20mm/RVP F

入り口では虎が出迎え。いかにも作り物っぽいデキだが、こういうの好きです。

場所はリトルインディアからひとつ先のMRTファラー・パーク駅からすぐ。通りを1つ横切るとヒンドゥ寺院もいくつかある。

| |

« シンガポール名物、フィッシュ・ヘッド・カレー | トップページ | リトル・インディアでヒンドゥ寺院 »

Temple/Church」カテゴリの記事

905t Singapore & Malaysia」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千燈寺院:

« シンガポール名物、フィッシュ・ヘッド・カレー | トップページ | リトル・インディアでヒンドゥ寺院 »