« タイ国鉄 | トップページ | アジアの三輪タクシー »

2008年6月28日 (土)

ロバ

Im0848

<シャウエンの路地>GR1s/28mm/Neopan Acros

ロバは使役動物。いつだって人間にこき使われる。

モロッコを旅すると、ロバを目にする機会が多い。都市化の進んだ東アジアやヨーロッパではあまりなじみのない動物である。だが、それ以外の地域では最も人間にとって都合のよい、使い勝手のよい動物なのではなかろうか。

トルファンではロバのタクシーを見かけたし、ペトラではエド・ディルまでの足としてやはりタクシー代わりに利用されていた。

Im0829

<ちょっと一休み>MZ-3/35mm/RVP F

モロッコのメディナでは、道が狭く、クルマがほとんど入り込む余地がなく、もっぱらロバが利用される。メディナの奥にも生活に必要なものを売る商店もあるので、ロバはひっきりなしに往復しているのである。

シャウエンではロバが落としていった糞なども乾燥させて燃料にでもするのか、住民が拾っていってしまう。結構清潔に見える。また、使役動物だとはわかっていても、哀愁を帯びたロバは、格好の被写体。

あのエキゾチックなモロッコに、今度はいつ訪れることができるだろうか。ロバの写真を振り返りながら、そんなことを思った。

| |

« タイ国鉄 | トップページ | アジアの三輪タクシー »

05a Morocco」カテゴリの記事

コメント

ロバはたくましいですよね。
人間にこき使われながら、人間よりもずっと強い動物のように思えます。
荷物を背負わされて後ろ姿に漂う哀愁がたまらない(笑)。
見逃せない旅の一コマですよね。

投稿: HARU | 2008年6月29日 (日) 21時35分

HARUさん、こんにちは。
ロバは滅多に弱音を吐かないと思いますが、鳴くときには何とも哀愁に満ちた声なんですよね。
今度の旅は、モロッコとはまったく違った世界です。
雨季の東南アジア。メコンに沿った旅をします。
ロバはいないと思います。

投稿: ヒョウちゃん | 2008年6月29日 (日) 22時08分

 そういえば、この回も貨物輸送という交通の話題ですね(笑)。
 ロバは見ていませんが、農家の荷馬車は日本で現役時代を見ています。

投稿: 伊 謄 | 2008年7月 4日 (金) 23時38分

伊 謄さん、こんにちは。
言い切ってしまうと、交通手段かもしれません。
でも、格好の被写体なんですよね。

投稿: ヒョウちゃん | 2008年7月 5日 (土) 14時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロバ:

« タイ国鉄 | トップページ | アジアの三輪タクシー »