« あの味とカオ・パット・サパロット | トップページ | ナイトバザールの少数民族 »

2008年9月17日 (水)

チェンマイのナイトバザール

Mk0265

<売り物のろうそく>MZ-3/50mm/RVP100

チェンマイというと、ナイトバザールが有名。新市街のチャンクラン通りにある、ナイトバザールビルを中心に、展開する一大マーケットです。文字通り、夕方5時くらいから店が開き始めます。

チャンクラン通りにある、ナイトバザールビルでは昼間も営業していないわけではないですが、やはり夕方から店が始まる。ただし、ここはあまり面白くないです。昼下がりから、チャンクラン通りの歩道は準備が始まり、次々と屋台の骨組みが組み立てられていきます。屋根はありませんが、ビニールシートで覆われるため、雨でも大丈夫。夕方になるとほとんどの屋台が準備完了のため、歩道は狭く暗くなり、売り手と観光客でごった返す。

歩道にあるのはほとんどがお土産グッズなど。海賊版のCDや版権を取らない有名ブランドのコピー、Tシャツ、バッグ等いろいろあります。

一方、食べ物類はチャンクラン通りからピン川方面に入った通りにある、アヌサーン市場などで半分屋外の店が昼頃から開いています。こちらも、活気が出てくるのは、やはり夕方から。

Mk0267

<ランプシェード>MZ-3/50mm/RVP100

ナイトバザールに備えて、ストロボを持参。薄暗いといっても、ある程度の光が確保できれば、ストロボは必要ありません。ぶれないように気をつけながら、シャッターを切る。とりわけ引きつけられたのが、色とりどりのグッズ類。ここに掲載した写真は、いずれもノーフラッシュ撮影。

Mk0268

<カラフル>MZ-3/50mm/RVP100

Mk0274

<絵描き>GR DIGITAL

ハリー・ポッターを掲げている絵描き。こちらは路上ではなく、ナイトバザール・ビルの向かいにある、カレー・ナイト・バザールという建物にあった、ギャラリーの店頭。

カレー・ナイト・バザールには、このような店とフードコートが合わさった複合施設です。GRDの画像も、ノーフラッシュで。ISO感度400か800で撮ったと思います。

| |

« あの味とカオ・パット・サパロット | トップページ | ナイトバザールの少数民族 »

906t Mekong」カテゴリの記事

コメント

鮮やかな色彩が店先に並ぶマーケット。
闇を迎えるとともに、輝きが灯る。
チェンマイの代名詞とも言えるナイトマーケット。
是非一度行ってみたいと思っています。。。

投稿: lastsmile | 2008年9月19日 (金) 00時08分

lastsmileさん、こんにちは。
こんな写真を載せましたが、実際はもっと通俗的です。
チェンマイですが、2日もあれば十分に回れるようなところなので、チェンマイを基点にして、お茶の産地メーサロンとかラーンナー・タイ王国の古都であるチェンラーイ、はたまたゴールデン・トライアングルなどを巡ってみてはいかがでしょうか。
もっとも、自分も今度チェンラーイを訪れたのが初めてなのですが、少なくとも、バンコク周辺の猥雑さとは異なる、タイが見えてくると思います。

投稿: ヒョウちゃん | 2008年9月19日 (金) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チェンマイのナイトバザール:

« あの味とカオ・パット・サパロット | トップページ | ナイトバザールの少数民族 »