« ルアンパバーンのナイトマーケット | トップページ | ソン川の中州にて »

2009年1月31日 (土)

充実のコンチネンタルブレックファスト

ミニバスに揺られて7時間。バンビエンにやってきた。雄大な大自然が人気で欧米人たちの嗜好に合わせたようなところである。はっきり言ってしまうと、大自然しかなく、かなり小さな一角に、突如開けたミニカオサンみたいなところなのだが。

町ですれ違う旅行者たちは、半分くらいはルアンパバーンで見かけた気がする。バンビエンに至るルートはヴィエンチャンからとルアンパバーンから。従って、ルアンパバーンにいた連中が数日たつとここに来るというのは理解できよう。

大自然というと、ルアンパバーンの前に滞在したノーンキャウが同じような他条件を満たす。当然、ノーンキャウもバンビエンもどちらも訪れるのだが、どっちを2泊にするかちょっと悩み、結局バンビエンで2泊とすることにした。バンビエンの方が、タイに近く、日程がぎりぎりになっても何とかなると思ったからだ。

Mk1866

<ご自由に>GR DIGITAL

泊まった宿は、お茶とバナナがフリーだった。7時間の移動中、食べ物は口にしなかった。国道13号線がかなり安全になり、VIPバスよりも速いというミニバスを選び、ちょっと我慢すればバンビエンに着くと思ったからだ。結局到着は夕方近くとなってしまい、フリーのバナナで夕食まで我慢する。

宿はラオスに来て最も安かった。だが、まあまあ快適である。いい夢を見ながら明けて翌日。ひどいスコールであった。もちろん、宿には朝食が付いていない。さあ、どうするか。スコールの中あまり歩きたくない。傘を差し、走り込むようにして、宿の真向かいの店に行く。選択の余地なし。

メニューを眺めると、最も安いのが25,000キープのコンチネンタルブレックファストである。内容は、飲み物とパンのみ。ルアンパバーンでは12,000キープ程度で暖かい麺を食べることができた。なんて高いんだと思ったが、それにする。店の選択を誤ったのかもしれない。だが、パンの焼けるいい匂いがしている。

Mk1864

<巨大バゲット>GR DIGITAL

飲み物はコーヒーを頼んだ。やがて運ばれてきたのは、長いフランスパンを半分に切ったもの。それが二つということは、バゲット丸ごと1本ということだ。バターとジャムも2つずつ。ヨーロッパの朝食はほとんどがこれだ。だが、そこにはジュースが付いていたり、ラテンな国ではオリーブの実が付くこともある。それに比べると実に貧弱な内容に見えてしまう。 しかも、ここはアジアなのだ。

と、半ば憤慨しながらも、バゲットを切り取り、バターとジャムをつけて口に運ぶ。バゲットは焼いたばかりのようで暖かい。皮はパリパリ、中身はもっちりという、フランス仕込みの正真正銘のバゲットであった。せっせとパンを食べ、合間にコーヒーを。全部食べきると満足していた。バゲット1本の量は半端じゃない。

実は、ここはルアンプラバン・ベーカリーというパン屋なのであった。もちろん本店はルアンパバーンにある。ラオスでもバゲットタイプのパンを食べてきたものの、ここまで満足したものはなかった。食べやすくカットされたバゲットであっても、炭火であぶり少し焦げ目の付いたトーストのようにして出されたものもある。そういうバゲットでは本当の味はわからない。このベーカリーのパンは、いずれも焼きたてで、美味かった。

パンだけでなくもっと食べたい人向けには、フルーツや卵料理付きのセットもあった。値段はかなり高くなりますが。場所は、Dokkhoun Guest House1号館の向かい。狭い町なので、すぐにわかるかと思う。お勧めです。

| |

« ルアンパバーンのナイトマーケット | トップページ | ソン川の中州にて »

Food」カテゴリの記事

Restaurant」カテゴリの記事

906t Mekong」カテゴリの記事

コメント

 なるほど、想定外の旨さだったんですね。
 こういう、外れだよなぁと思っていたところで、口へ運んだとたん「ヤバイ、美味い」となる店は、より印象に残りますねぇ。

投稿: 伊 謄 | 2009年1月31日 (土) 22時10分

伊 謄さん、こんにちは。
想定外でした。
朝食はいつも通り、麺でも食べるかと思っていたのですが、とてもじゃありませんが、とんでもないスコールで、この店しか選択肢がありませんでしたからね。
でも、美味しいパンでよかったです。
ラオスのパンは美味しいはずなんですが、一定の水準に達しているところは、少ないですね。
ここはそうしたパンを出す数少ないところでしょう。

投稿: ヒョウちゃん | 2009年1月31日 (土) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 充実のコンチネンタルブレックファスト:

« ルアンパバーンのナイトマーケット | トップページ | ソン川の中州にて »