« 路上の市 | トップページ | バンビエンの夕陽…ただし失敗 »

2009年2月 8日 (日)

竹の橋

Mk1851

<中州へ>MZ-3/35mm/RVP100

路上の市のあたりは、ソン川に近く川に面したあたりはほとんどがゲストハウスやレストランで占められている。従って、通りからは見えないのだが、ちょっと歩くと階段があり、その先には竹で作られた橋が架かっていた。

Mk1843

<林立する看板>MZ-3/35mm/RVP100

竹の橋はひとつではない。いくつかに分かれ、人がひとり歩くのがやっとである。それでも冒頭の写真のようにバイクもたまにやってくるのだが。橋の入り口には英語の看板が林立する。ほとんどはレストランやバーのものだ。

Mk1947

<中州>MZ-3/35mm/RVP100

中州のバーは、あちこちに点在していて、ほとんど客はいない。たまにいたとしても、ハンモックや座敷に寝っ転がりほとんど動こうとしない沈没型のツーリストなどだろうか。

またちょっと歩くと、反対側の岸に出る。ちょうどタイヤチュービングを行う人たちが、下っていったところである。この中州はかなり大きく、雨季の今でも水没することがないので、このようなバーやレストランができたのだろう。夜も営業していると思うが、街灯がないので、行きたい方は懐中電灯持参でどうぞ。

Mk1950

<川遊び>MZ-3/50mm/RVP100

やはりここにも子供たちがいた。水着とも下着とも判別できないパンツをはき、水に飛び込んでは流されていくのを楽しんでいる。これを何度も繰り返す。わかりにくいと思うが、ソン川の流れはかなりの早さである。

Mk1951

<遊び疲れて…>MZ-3/50mm/RVP100

これまでの旅の中では、何度も水辺の風景を見てきたものの、泳ぐところは目撃してこなかった。ルアンパバーンより北は、やはり気温や水温が低いのだろうか。このバンビエンにやってきたようやく、泳ぐ条件が整ったということなのだろうか。

それでもまだ同じ頃の日本の方が暑いと感じるほどだが。

| |

« 路上の市 | トップページ | バンビエンの夕陽…ただし失敗 »

906t Mekong」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹の橋:

« 路上の市 | トップページ | バンビエンの夕陽…ただし失敗 »