« 雨の砂利道を行く | トップページ | 路上の市 »

2009年2月 5日 (木)

再び中州へ

田舎道から中州へと戻ってきた。ようやく雨が止む。この中州はなぜかいろいろなものがうち捨てられているところだった。古いクルマは絵になると思った。思わずシャッターを切る。

Mk1886

<廃車>GR1s/T-MAX100

シンプルな被写体ほど、モノクロームが似合う。ラオスの風景はモノクロームが合う。それにしても、基幹産業が発達してないラオスで、このような放置されたままのクルマがあるとは思ってもいなかった。スクラップにして素材として使うこともでき、部品を取り外して再利用もできると思うのだが。

Mk1880

<七面鳥>MZ-3/35mm/RVP100

こちらは放し飼い。鳥インフルエンザが気になるところだが、近寄ってきた。

Mk1917

<ガソリンスタンド>MZ-3/35mm/RVP100

ラオスの地方に行くと、手動ポンプによるガソリンスタンドもある。手回しでくみ上げ電気がいらない。ノーンキャウから乗ったソンテウも、このようなスタンドで給油してルアンパバーンに向かった。中州にあるガソリンスタンドは、船やトラクターが必要としているのかもしれない。

Mk1914

<川海苔採り>MZ-3/50mm/RVP100

集落近くでは、女性が川に入り、川海苔を採っていた。今回味わうことはなかったが、ラオスでは川海苔も名物料理の一つである。川海苔って、もっと流れの激しいところで採れるのかと思ったが、そうでもないようだ。

Mk1923

<薪運び>MZ-3/35mm/RVP100

流木を集めたものだろうか。ラオスはまだ人口が少なく、山林を切り開いて薪を採り、丸裸にされたようなところはほとんどなかったと思う。流木の利用はエコに通じる。

今回のエントリーは今ひとつテーマがありませんが、戻ってきた中州で見かけたものをランダムに取り上げてみました。バンビエンのエントリーはまだいくつか続きます。

| |

« 雨の砂利道を行く | トップページ | 路上の市 »

906t Mekong」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再び中州へ:

« 雨の砂利道を行く | トップページ | 路上の市 »