« バンコク点描 | トップページ | サイゴン大教会 »

2009年3月30日 (月)

暴走バイクに出迎えられ

ようやくですが、年末年始の旅レポ開始します。

ベトナムに行こうと思ったのは、夏の旅の続きがしたくなったからかもしれない。まあ、続きというよりは、メコンの河口部を見たくなったのだ。

さて、ベトナム航空の共同運航便(機材は日本航空)でホーチミンのタンソンニャット国際空港に何とか到着した。それでもほとんど深夜である。何事もなくイミグレと税関を通過。両替を済ませる。このところの日本円の高騰でかなり得した気分である。

Md0008

<空港のディスプレイ>GR DIGITAL

宿に向かうためにタクシーを探す。だが見つからず、ようやく見つけたドライバーは30ドルもぼったくろうとする。しょうがないので、もう一度空港の建物に入り、プリペイドタクシーを利用しようとした。だが、係は「外で探すように」との一点張りで、らちがあかない。

もう一度、タクシー乗り場付近に行ってみる。そこには日本人の夫婦がいて、彼らもタクシーが捕まらずに困っているようであった。また声をかけてきたドライバーがいて、相場(80,000ドンくらい)よりも高かったものの、200,000ドンで手を打った。ただし、これで3名分ではなく、それぞれから200,000ドン取るのである。

もちろん、ベトナムでもタクシーはメーター制である。こんなに強気になっている訳はなんなのだと思っていたら、この日ベトナムとタイのサッカーの試合があり、引き分けたのだという。引き分けなんだが、これは意味のあることらしく、空港までやってくるタクシーはほとんどないとのことらしい。

これは帰国日に空港で出会った日本人に聞いたところでは、東南アジアのカップ戦、スズキカップでベトナムはタイにアウェーで勝ち、ホームでこの日引き分け初の優勝を決めたらしい。その日本人は空港からタクシーに乗ったものの、市内の中心で車が渋滞により動かなくなり、2時間我慢したものの、歩いて宿に向かったのだとか。

空港近くはこれが首都だとは思えないほどの暗さではあったが、順調に進む。やがてバイクが増えてくる。これは想定済みである。だが、交差点で信号待ちをするたびにバイクの数は増えていき、バイクに取り込まれるようになってしまった。それになんだか様子がおかしい。バイクに乗った連中は勤め帰りといったわけでもなく、旗などを掲げているし、ペットボトルの空瓶を二つ併せ持ち、それを叩いて騒いでいる。もちろん二人乗り、三人乗りは当たり前である。

Md0035

<翌日の街角にて>MZ-3/35mm/E100VS

この連中はベトナムの優勝に触発されて、出てきたらしい。市街の中心部に進むに連れて、ますますバイクが増えてくる。いずれも、勝利に酔いしれている。

それでも何とか、宿まで到着した。しかし、部屋の窓を通しても通りの騒ぎはいつまでも聞こえてくる。この喧噪に迎えられ、ベトナムに到着したのだ。もちろん、翌朝も通りの騒音で目を覚ました。まあ、馬鹿騒ぎは終わっていたのであるが。

Postscript スキャンはまだまだあります。とりあえず初レポートはこれで。ちなみに、メインカメラのMZ-3にはE100VSを使用。サブのGR1sに2本ほどEBXを使用したあと、Neopan Acrosに切り替えました。フィルムが足りなくなり、MZ-3にも2本ほどEBXを使いました。そして、GR DIGITALは、食事や室内で活躍。といった具合でした。

|

« バンコク点描 | トップページ | サイゴン大教会 »

Airport」カテゴリの記事

Sports」カテゴリの記事

907t Mekong Delta」カテゴリの記事

コメント

 ベトナムのバイク、すごかったですねー。私は通りを渡るのも怖くって。道いっぱいにバイクが並んで走ってくるんだもの。

投稿: マサエ。 | 2009年3月30日 (月) 10時27分

マサエ。さん、こんにちは。
ベトナムのバイクは数が多いのは想定済みだったのですが、この夜は勤め帰りとかじゃなくて、走って騒ぐだけの暴走集団が出迎えてくれたんです。

ま、交差点や道路の横断もかなり大変でしたけどね。
そのうち慣れました。

投稿: ヒョウちゃん | 2009年3月30日 (月) 20時47分

始まりましたね!ベトナム紀行。
ベトナムは以前から行ってみたいところでした。
旅のお話楽しみにしていますね。

しかし。
タクシーの話、バイクの話、サッカーの話・・。
いきなり「へぇ~」の連続。
特にベトナム名物のバイクは迫力満点ですね。

投稿: lastsmile | 2009年3月31日 (火) 08時22分

lastsmileさん、こんにちは。
どうもです。
今回は、前回ほどインパクトないと思いますが、よろしくお願いします。

ま、いきなり困難な状況に追い込まれたわけですが、200,000ドンって、1,000円ちょっとなんですよね。
現地価格にしてみれば、高いんですが、まあいいかとなってしまいました。
サッカーの話は、タクシーの運ちゃんが話していたんですが、帰国日に空港の日本人から話を聞いて、改めて検索してみたんです。それでよくわかりました。

バイクはまあとんでもないと思っていましたが、のちに何回かバイクタクシーを使うことになりました。
ま、ホーチミンではないのですが。

投稿: ヒョウちゃん | 2009年3月31日 (火) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暴走バイクに出迎えられ:

« バンコク点描 | トップページ | サイゴン大教会 »