« ベンタイン市場 | トップページ | アッシジの思い出 »

2009年4月 6日 (月)

フォー・ガー

実質初日の夕食にはフォーを食べに行った。ベトナムを代表する麺料理である。実は、昼に食べるつもりでいたのだが、たまたま入ったところでは、「今はできない」とのことで他のものを食べた。

夕食にはもっとボリュームのあるものを食べたかったのだが、あいにくと乾季のはずなのに、とんでもないスコールが夕方から降り始め、宿からなかなか出られなくなり、ようやく上がったのを見越したものの、宿に近いところにあったPho 24という、ちょっとこぎれいな店で済ますしかなかったのである。

ともかくフォーである。まずは鶏肉のフォー・ガーを頼むことにする。

Md0113

<フォー・ガー>GR DIGITAL

フォーの麺は米から作られているが、タイ・カンボジア・ラオスなどにある米の麺料理とはまた違っている。スープは澄んでいて、あっさり味である。あらかじめのっているのは、鶏肉とワケギくらいか。

Md0115

<別皿>GR DIGITAL

だが、それだけではもちろんなく、別皿にモヤシ、ネギ、唐辛子、ライムなどがつく。緑の葉は、なんだろうか。ドクダミを用いるともきく。

これらを適宜投入し、ライムを一絞りする。あとは、適当に混ぜて、食するのみである。これは飽きない味で、毎日でも食べることができるな。これだけでは足りないけれど。

ちなみに、フォー24は、チェーン店でどこも均一料金。24なんていうので、終日営業かというとそうではない。由来不明であるが、ベトナムではかなり店名に数字を用いる。料金は38,000ドンと比較的高め。その他、おしぼり代として2,000ドン必要であった。あるんですよ。おしぼり代。

街角の店じゃなくても、フォーはホテルの朝食などでも用意されていることが多い。このあとも何度となく食べました。

| |

« ベンタイン市場 | トップページ | アッシジの思い出 »

Food」カテゴリの記事

907t Mekong Delta」カテゴリの記事

コメント

ハノイでフォー24に行きました。日本で言うと「立ち喰いそば」みたいな感じですね。2杯でUS$5位だったと思います。野菜、パクチが別の皿なので、苦手の人は調節できていいですね。

投稿: 04mat | 2009年4月 7日 (火) 01時36分

 ベトナムの麺、フォーはあっさりとしていて美味しいですねー。
 ベトナム料理は、日本人の味覚にも合っていると思います。

投稿: マサエ。 | 2009年4月 7日 (火) 10時17分

04matさん、こんにちは。
行きましたか。
この時は円高だったので1杯200円くらいの計算となります。
わたしゃ、苦手なものがなかったので、最終的には全部投入してました。
ただし、唐辛子だけは入れるものの、旨味を出すのみで、口にはしていません。
屋台のフォーだとこの半分から1/4くらいの価格なのではないかと思います。

投稿: ヒョウちゃん | 2009年4月 7日 (火) 21時02分

マサエ。さん、こんにちは。
フォーはホントにあっさりしていますね。
だからこそ、何回でも食べられるのでしょうね。
ホテルの朝食のフォーはこのあと何度か食べましたが、敢えて店ではこのあとは食べませんでした。
その代わり、別の麺を食べています。
そちらはかなり後日。

投稿: ヒョウちゃん | 2009年4月 7日 (火) 21時03分

フォーはあのあっさり感がすきだったりします。
(別に激辛モードばかりじゃないッス)
といっても国内のベトナム料理店で何度か食べた位です。

ヒョウちゃんの写真見て、あの透き通ったスープや麺の細さを見て・・。
美味しそう!食べてみたい!
いいっすねぇ。

投稿: lastsmile | 2009年4月11日 (土) 12時31分

lastmsmileさん、こんにちは。
自分の場合も、初めてフォーを食べたのは、新宿のベトナム料理店でした。特に印象的な味ではなかったのですが。
ラオスでも、フォーの影響を受けたという、フーという麺料理を食べていましたが、これまた印象が薄い。
やはり現地で食べると印象は強く残ります。
フォーは、細めの平打ち麺。しかも、米からできています。そして、澄んだスープがいいですよね。
飽きがこない味ですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2009年4月11日 (土) 14時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォー・ガー:

« ベンタイン市場 | トップページ | アッシジの思い出 »