« ミサかと思ったら… | トップページ | カオダイ教総本山 »

2009年6月19日 (金)

ブン・ボー・フエ

チョロンでの昼食にはフォー・サオというチェーン展開しているらしい麺料理の店に入る。見るからに清潔そうな店内はファミレス風でもある。最初のホーチミン到着直後に入ったフォー24よりもバリエーションが多い感じがする。

Md0799

<アイスコーヒーと中国茶>GR DIGITAL

オーダーしたのはアイスコーヒーとブン・ボー・フエである。ベトナム式コーヒーはもはやなくてはならないものになりつつある。とりわけ、アイスコーヒーは、ほのかな甘みがあり、ほろ苦さも隠されている。それを中和するのが、中国茶なのだ。このコンビが好きになった。

Md0801

<ブン・ボー・フエ>GR DIGITAL

ブン・ボー・フエというのは、ベトナム中部のフエの名物である。ブンというのはフォーよりも太めの米から作った麺である。ボーは牛肉。残念ながら、この写真では麺が見えていないが、もちもちした感触である。

Md0800

<付け合わせの野菜>GR DIGITAL

もちろん、ベトナムの麺なので、たくさんの野菜が付く。フォーの場合とも微妙に異なるコンビネーションである。

そして、ブン・ボー・フエは写真からも伺えると思うが、何かの香辛料を使っていて、スパイシーなのだ。どんぶりの中央にのっているのは、なんと骨付きの生の牛肉。フォー・ボーにも生の牛肉を使う場合があるらしいのだが、これは遠慮しておいた。まあ、ダシの一部なのかなとも思う。きちんと茹でた牛肉もかすかに見えていると思うけれど。

ブン・ボー・フエは39,000ドンとやや高めかもしれない。これも美味しく頂きましたよ。ベトナム麺料理はこれにて終了。

| |

« ミサかと思ったら… | トップページ | カオダイ教総本山 »

Drink」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

907t Mekong Delta」カテゴリの記事

コメント

一瞬、「生肉」に驚きました!
付け合わせの柑橘類はライム?唐辛子も見えますね。
スープの元の味も分からなくなっちゃいそうな・。

でも!
こういうの大好きです!美味しそうですね♪

投稿: lastsmile | 2009年6月21日 (日) 09時00分

lastsmileさん、こんにちは。
柑橘類はライムに近いものがあると思いますが、微妙に違うんじゃないかな。よくわかりませんが。
タイの同じようなものも、種類が違うそうです。
野菜を適当にいれて、柑橘類を搾りいれるんですが、味が損なわれることはないです。
美味しいですよ。
日本にもあると思います。ブン・ボー・フエ。

投稿: ヒョウちゃん | 2009年6月21日 (日) 11時57分

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 履歴書の見本 | 2014年6月27日 (金) 12時43分

上のコメント、日本語なんだけど、スパムですね。
アク禁処置します。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年6月27日 (金) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブン・ボー・フエ:

« ミサかと思ったら… | トップページ | カオダイ教総本山 »