« チョロンへ | トップページ | ミサかと思ったら… »

2009年6月13日 (土)

チョロン・ビンタイ市場

チョロンではまずビンタイ市場へ。ベンタイン市場がある程度観光的要素を含んだ市場であるのに対して、チョロンのど真ん中に位置するここは、生活に密接に結びついた市場である。

Md0685

<ビンタイ市場>MZ-3/35mm/E100VS

チョロンという意味は大きな市場ということだが、一般的にはビンタイ市場そのものとここを中心に広がる地区を意味するようである。このあたりはベトナム中部から移住した華僑が多く住むエリアである。

市場の周りも中も人だらけ。しかも、ここに近づくためには信号のない通りをいくつか渡らなければならない。

Md0689

<台車が行き交う>GR DIGITAL

市場そのものは2階建ての建物で、その中心部には創業者の像などがあり、一休みできるような空間となっている。ここで観察していると台車がとぎれなく行き交っている。このような作りのため、荷物の搬入は人力なのであった。

Md0696

<屋台メシ>GR DIGITAL

売り物はほとんどが衣服などであった。だが、料理を出すところもあり、チープなフードコート風でもあった。また、食料品は衣服などと重ならないように市場の外に面したエリアにある。

Md0698

<マスク>GR DIGITAL

新型インフルエンザなどでも不足となったマスク。ベトナムではなくてはならない実用品で、バイクに乗る人の必需品だし、街を歩く人はかなりの割合でマスクをしている。空気が悪いのだろうか。ともかく、マスクはかなり売れているといってよいだろう。

Md0707

<焼き芋屋台>MZ-3/35mm/E100VS

入り口近くでは焼き芋の屋台を見つけた。この時期もベトナムは暑いので何となくミスマッチである。冷え込むハノイあたりでは食べたくなってしまうかもしれないが。

| |

« チョロンへ | トップページ | ミサかと思ったら… »

907t Mekong Delta」カテゴリの記事

コメント

 カラフルなマスクですねー。日本も白ばかりじゃなくて、こういうカラフルなのが流行にならないのかなー?。

投稿: マサエ。 | 2009年6月13日 (土) 14時29分

マサエ。さん、こんにちは。
こんな感じのマスクはベトナムがオリジナルではありませんね。台湾でも、バイクに乗る人が必ずといってよいほどマスクをしていますが、凝ったデザインが多いです。
ただし、不織布やガーゼのマスクと違って、かなり息苦しくなりそうです。

投稿: ヒョウちゃん | 2009年6月13日 (土) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チョロン・ビンタイ市場:

« チョロンへ | トップページ | ミサかと思ったら… »