« カイラン水上マーケット | トップページ | チュニジアへ »

2009年6月 4日 (木)

ベトナムコーヒーの甘い誘惑

コーヒー党である。毎日の生活にコーヒーが欠かせない。だからといって、旅先ではなかなか美味しいコーヒーには巡り会わないものなのである。それがたとえ、コーヒーの生産地であるとしてもだ。

これまでで一番がっかりしたのは、メキシコのコーヒーであった。メキシコはさほど有名なコーヒーの種類がないようだが、かなりの生産地である。また、町中には数多くのコーヒー専門店があるのだがその味はとなるとがっかりなのであった。メキシコのコーヒーの一級品はどうやら大量消費されるアメリカなどに流れていってしまうようであった。

その逆に南ヨーロッパではコーヒー生産地ではないにも関わらず、旧植民地などから品質のよいコーヒーが入ってくる。ふくよかな香りのエスプレッソも上質のコーヒーがあってこそのもの。スペイン在住の日本人観光ガイドの話では、南米から一級品が入ってくるので、日本のコーヒーはとても飲めないとのことである。確かに、現地のスーパーで売られているコーヒーを持ち帰ってコーヒーをいれるとなかなかの味になる。もちろん、IllyやKIMBO、LAVAZZAなどのイタリアのメーカーのコーヒーも日本で求められるのだが、ちょっと高い。

アジアも熱帯を中心としてコーヒーを生産する。雲南やラオスもコーヒーを産するのだが、残念ながら美味いと感じることはなかった。ではベトナムではどうだったのか。答えは美味しいのである。

Md0341

<アルミフィルターとベトナムコーヒー>GR DIGITAL

ご存じ、ベトナムコーヒーは独特のアルミフィルターを使う。これは、元々旧宗主国のフランスで作られたものらしい。フランスではすでに見られなくなったものが、こうして生き残っている。アルミフィルターには小さな穴が開いているが、中のフィルターを浮かすようにして二重にコーヒーを濾過するのだが、それでもコーヒーの澱はカップにたまってしまう。

また、ベトナムで生産されるコーヒーはアラビカ種ではなくインスタント用に使われるというロブスター種が多い。それでも、挽いたコーヒーにはいくつかのフレーバーをつけて味に工夫を凝らしている。ヴィクトリア・カントー・リゾートの部屋にはベトナム式コーヒーを自分で作れるようになっていた。初めていれてみたのだが、これが美味かった。

Md0651

<アイスコーヒー>GR DIGITAL

カントーにもコーヒー専門店がいくつかあった。たたずまいは日本の喫茶店によく似ている。そして、適度ににぎわっている。ベトナム人にはかなりコーヒーが定着している模様で、アジアでこうした国は珍しい方なのである。

オーダーは暑いこともあってアイスコーヒーにした。適度な甘みがあり香りも高らかである。もちろん美味しい。なお、ベトナムでは中国茶も水代わりで運ばれる。こちらも口直しにはぴったりである。値段は23,000ドンと日本円にして100円ちょっと。現地の価格に照らしてみるとやや高い飲み物かもしれない。

Md0071

<ベンタイン市場のコーヒー店>MZ-3/35mm/E100VS

そんなわけで、ホーチミンに戻るとベンタイン市場の専門店に出かけ、コーヒーを仕入れてきた。8割は土産用だが、ロブスター種100gとアラビカ種100gは自分用である。アルミフィルターはどうしようかと思っていたら、1つおまけでつけてくれた。これを自分の家で飲む。このところの密かな楽しみなのだが、すでにアラビカ種はなくなり、残りはロブスター種100gのみ。ベトナムコーヒーを仕入れにまた行ってもいいかな。そそ、練乳も手に入れできるだけ現地風にして飲んでます。美味いよ。

ちなみに、ロブスター種100gで20,000ドン。アラビカ種100gで50,000ドン。適度なお土産にもなりますね。

| |

« カイラン水上マーケット | トップページ | チュニジアへ »

Drink」カテゴリの記事

907t Mekong Delta」カテゴリの記事

コメント

「ベトナムコーヒー」って美味しいのですか。今まで10ヶ国くらいでコーヒーは美味しいと感じたことがないので、何時も紅茶が主になります。たまにコーヒー頼んでやっぱり、がっかりでした。

投稿: 04mat | 2009年6月 5日 (金) 00時25分

ベトナムコーヒー一度会社のお土産として
銀フィルターと一緒にたくさん買って帰りましたが超不人気でした
自分は好きなんですけどね。
最近はここで飲みました。最高です。

http://r.tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14011047/

投稿: ヤブ | 2009年6月 5日 (金) 06時24分

04matさん、こんにちは。
記事にも書いたように、南ヨーロッパを除く地域ではコーヒーはいまいちと感じていましたが、ベトナムではあたりでした。
ま、わたしもお茶は同じく買い込んできたりしますが、ほとんど消費しなかったりします。
トルコじゃ二重になった専用のやかんまで買いましたが、今は物置にあります。
コーヒーの美味しそうなところとしては、エチオピアやブラジルに期待したいですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2009年6月 5日 (金) 21時31分

ヤブさん、こんにちは。
お土産不評だったのですね。それは残念です。
美味しいのになあ。
おそらく、使用後のフィルターの掃除がめんどくさいんでしょうね。自分の場合はフィルターはつけませんでした。
アルミフィルターを使った場合は、コーヒーをたくさんいれるのが美味しく作るこつかもしれませんね。ケチったらいけません。
不評の場合ワタクシに譲ってくださいませ。<皆様。

投稿: ヒョウちゃん | 2009年6月 5日 (金) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムコーヒーの甘い誘惑:

« カイラン水上マーケット | トップページ | チュニジアへ »