« 中国の憂鬱 | トップページ | ナンプに水が出た! »

2009年7月13日 (月)

偶然ながらも…ラオスとベトナム

何気なく撮った写真に偶然一致したものがあった。

Mk1725

<サトウキビジュースのマシーン>GR1s/T-MAX100

何気なく撮ったサトウキビジュースを作る機械。描いてあるイラストがチープな感じがしたので、GR1sをさっと取り出し、ぱっと撮ったもの。単に面白そうなものをモノクロームでランダムに撮っていったもののひとつである。場所はルアンパバーン。

Md0295

<メコンの中州にて>MZ-3/35mm/E100VS

今度はベトナムにて。メコンの中州にある店の片隅にあったサトウキビジュースを作る機械。イラストが若干異なるものの、書いてある文字は同じだ。ルアンパバーンのマシーンはタイヤがついているものの、移動販売ができそうにない。こちらのものは移動販売に対応している感じ。

とはいえ、こういう屋台をひいている人は見たことがないが。

Md0553

<ソクチャンにて>MZ-3/35mm/E100VS

こちらは全体が写っていないが、サトウキビジュース制作中。こちらはソクチャンの市場。やはり書いてある文字は同じようだ。

文字はアルファベットが基本となったベトナムの文字だと思う。タイ語やラオス語の読めない文字とは異なる。と、いうことはこのサトウキビジュースを作る機械は、ベトナム製なのではないか。ルアンパバーンにあったものは、かつてのホーチミンルートを通って輸出されたのではないか。ルアンパバーンのはラオス人好みにイラストは変更されたと。

と、どうでもいいことを想像してみました。

先週から今週にかけて、忙しく、結局はスキャンができませんでした。またしばらくつなぎの記事が続くと思います。今回は強引にベトナム旅行と結びつけてみましたが。

| |

« 中国の憂鬱 | トップページ | ナンプに水が出た! »

02c Laos」カテゴリの記事

907t Mekong Delta」カテゴリの記事

コメント

ワゴン台車による販売ってのも個性ありますね。
ワゴンデザインの類似性は偶然?
それとも当時は、一種の流行だったなのでしょうか?
このレトロ感こそ、アジアンテイストにマッチですね。
ステキな写真です♪

投稿: lastsmile | 2009年7月14日 (火) 09時49分

 以前、八重山諸島の旅で池間島へ行った時、やはりこの機械でサトウキビを搾ってジュースにしていました。サトウキビを中に入れると、ローラーに挟まれて、ペタンとなって、汁が横から出てくる。
 搾りたて、美味しかったです。

投稿: マサエ。 | 2009年7月14日 (火) 15時26分

lastsmileさん、こんにちは。
わかりにくかったかもしれませんが、すべてベトナムで生産された同一機種の、ジュースメーカーだろうと思います。
ま、サトウキビを搾る形は、どれも似たような形になるんでしょう。
とはいえ、レトロな物体だと思いますが。

投稿: ヒョウちゃん | 2009年7月14日 (火) 21時02分

マサエ。さん、こんにちは。
八重山にもあったのですか。
これは、立派な輸出ですね。
サトウキビジュースはバンコクの王宮で飲んだと思いますが、搾る形はこんなんだったか、記憶がありません。
たぶん、違うと思いますが。

投稿: ヒョウちゃん | 2009年7月14日 (火) 21時03分

2枚目の絵の女性はルパン三世のフジ子に似ているような気がします。
一枚目の女性は昔のアメリカアニメの絵のような。

こういう比較写真にはつい反応してしまいます。

ヒョウちゃん、いつかこの機械メーカーを尋ねる旅をしていただけないでしょうかね。

投稿: スクムビット | 2009年7月16日 (木) 23時01分

スクムビットさん、こんにちは。
モンキー・パンチの描くキャラクターを含めて、これらの絵は日本的ではないようですね。

んー、この機械メーカー、ベトナムと想像しているんですが、どうでしょうね。
ともあれ、次に行くチュニジアとフランスでは見つかりそうもありません。
ベトナムの旧宗主国がフランスなので、そちらからの流れだったりすると、俄然興味がわくのですが。

投稿: ヒョウちゃん | 2009年7月16日 (木) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偶然ながらも…ラオスとベトナム:

« 中国の憂鬱 | トップページ | ナンプに水が出た! »