« メディナの奥へ | トップページ | 貴金属スーク »

2009年10月12日 (月)

ミナレットと首相官邸

Tf0322

<ミナレット>MZ-3/20mm/RVP100

チュニスのメディナ探検はさらに続く。メディナのところどころにはスークがあり、それぞれが同じカテゴリーのものを販売している。トルコ帽のスーク付近からもと来た道をふりかえると、モスクのミナレットが見えた。

グラン・モスクからまっすぐ歩いてきたつもりだったが、やや方向がずれているらしい。グラン・モスクのミナレットはモロッコのミナレットと同様、四角柱型である。だが、これは八角形。どうやら別のモスクらしい。

モスクのミナレットは地域によって形も様々。トルコではロケットを思わせる尖塔となるし、モロッコでは四角柱型が当たり前。唯一円柱型のミナレットは、ムーレイ・イドリスにあるものだけだという。

Tf0325

<首相官邸とカスバ広場>MZ-3/20mm/RVP100

結局メディナを突っ切る形でカスバ広場まで出てきてしまった。このあたりは、メディナのはずれで、交通量も多い。ここには、首相官邸がある。白い瀟洒な建物がそれで、比較的警備は緩いものの、しっかりと門は閉ざされていた。

Tf0326

<カスバ・モスク>MZ-3/20mm/RVP100

カスバ広場には四角柱型のミナレットがあった。砂岩作りだと思うが、チュニジアではミナレットに彩色されているものが多いようだ。

Tf0330

<シディ・ユセフ・モスク>MZ-3/35mm/RVP100

首相官邸の裏にはこんなモスクが。こちらは八角形のミナレットである。やはりメディナにはモスクが多い。

さらに、メディナ探検は続く。

| |

« メディナの奥へ | トップページ | 貴金属スーク »

Temple/Church」カテゴリの記事

908t Tunisia/France」カテゴリの記事

コメント

モスクは宗教でもあり文化でもあるだけに、その土地に馴染んで存在している(モスクを中心に街が形成されてる?)様子がうかがえますね。
首相官邸、一方向だけの写真の雰囲気だけでは何とも言えませんが、とっても閑静な雰囲気でいいですね。これもお国柄なんでしょうか。

投稿: lastsmile | 2009年10月15日 (木) 09時49分

lastsmileさん、こんにちは。
メディナは間違いなくモスクを中心にして作られていると思いますね。
新市街は決してそういうことはありませんが。
ここでは掲載しませんでしたが、首相官邸の向かいにあるこちらもモスクかもしれない宗教施設がまたいいんですよ。
首相官邸でありながら、風景にマッチしているところだと思います。
何となく、モロッコのラバト(首都)に雰囲気が似ているかなあと思いましたが、あちらの官庁街は新市街にあるんです。ちょっと違いますね。

投稿: ヒョウちゃん | 2009年10月15日 (木) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミナレットと首相官邸:

« メディナの奥へ | トップページ | 貴金属スーク »